2009年5月アーカイブ

academy1.jpg
 

5月24日(日)に、国際アカデミーの第1回ホストファミリー事前説明会、通訳ボランティア事前説明会が、鹿児島市教育総合センターにて行われました。

 

 

 

 

 

 

 

academy11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

academy3.jpg

 
吉村理事長、下田実行委員長の今回、国際アカデミーin鹿児島に対する熱い思いのこもった挨拶に始まりました。続いて、渡邊室長から、青年会議所の説明と、国際アカデミーがなぜ毎年日本で行われるか、そして今年国際アカデミーが鹿児島で行われ、国際交流を肌で感じられる良いチャンスであることの趣旨説明がありました。

 

 

 

 

 

academy2.jpgのサムネール画像

 

その後、説明会参加の皆様に、これまで行われた国際アカデミーの様子をDVDでご覧いただきながら、岩田委員長より、実際のデリゲイツの受け入れ、通訳の概要説明がありました。また、通訳については、アイエス通訳システムズの山崎美智子先生より、ポイントの説明がありました。その後、質疑応答も行われ、参加された皆様もこれから徐々に当日に向けて、気持ちの盛り上がりを感じとることのできた説明会でした。

 

 

(記事:有馬明治)

(写真:有馬明治)

IMG_0096.jpgのサムネール画像

 5月23日から5月24日にかけて、霧島国際ホテルにて、新入会員研修が開催されました。

(社)鹿児島青年会議所は、毎年この時期に新入会員の入会手続きを行います。5月16日にはオリエンテーションが行われ、(社)鹿児島青年会議所についての説明などが行われました。この研修会は、鹿児島JCのみならず、地域のリーダーとして、また一社会人として、あるべき姿を考え、責任と使命を自覚してもらうべく、毎年行われているものです。

 

 

 

 

IMG_0116.jpgのサムネール画像

 

 

開講式のあとに行われた基調講演では、第53代理事長の山下大介先輩が講演を行い、自分の経験を踏まえながら、「感謝の心を持つこと」の重要性を話されました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0158.jpgのサムネール画像

 

その後行われた研修では、積極的な行動の大切さや、リーダーシップのあり方、コミュニケーションの大切さ、自分の見つめなおしなど、様々なテーマで合計10会議が行われました。参加した新入会員も、それぞれで行われるゲームを楽しみつつも、真剣にディスカッションや発表に臨んでいました。また、1日目終了後のフリータイムでは新入会員同士の交流が行われ、同期会の会長も決まり、より絆が深まったようです。

 

 

 

 

 

IMG_0271.jpgのサムネール画像

 

最後の閉講式では、それぞれが晴れやかな表情で修了証書を受け取りました。

新入会員の皆さんのこれからの活躍に期待します。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0294.jpgのサムネール画像

 

100km1.jpg

未来子供塾2009 かごしま100km徒歩の旅のボランティア研修会が毎週行われています。

100km徒歩の旅は、小学校4年生~6年生を対象に、4泊5日で子供たちが100km歩き集団で行動していく中で、生きる力を育んでもらおうという事業で、本年度は7回目を迎えます。この事業は、毎年学生を中心としたボランティアの人たちによって支えられていますが、今年も5月10日のボランティア説明会に始まり、その後ほぼ毎週、研修会が行われています。

 

 

IMG_0199.jpg
  

5月24日には現地調査が行われ、JCメンバーとともに、ボランティア105名が100km行程中最もハードな白銀坂に挑戦しました。

 

 

 

 

IMG_0312.jpg
 

 

 

長距離を歩くのは初めての人もいましたが、経験者を中心に声をかけあい、全員が無事県民交流センターまでゴールしました。

 

 

 

 

 

 

IMG_0323.jpg
 

 

 

IMG_0352.jpg

 

 

 

現地調査の後に宝山ホールの会議室にて行われた反省会では、声を出し、励ましあうことの大切さ、また自己管理の大切さなどが話されました。

 

 

 

 

 

 

IMG_0350.jpg

田口団長からは「今日はただ歩いて、ついていくだけで精一杯だったということでもかまいません。しかし当日はもっと暑い中、子供たちのペースにあわせて、周囲に気を配りながら歩かなくてはならなくなります。今日の体験をどうとらえ、これからあと2ヶ月でどうしていくべきか、一人ひとりが考えてください」と話し、ボランティアに奮起を促しました。

 
8月5日から9日にかけて行われる本番(第二講座)へむけて、合計9回の研修会が予定されています。

 

02 292.jpg

平成21年4月25日(土)城山観光ホテルにおいて、第22回国際アカデミーin鹿児島 プレアカデミーが開催されました。

 
本年、鹿児島JCは、国際アカデミーを誘致しました。国際アカデミーは全世界の青年会議所の代表メンバーと、日本全国の地域の代表メンバーを集めて、約1週間研修を行うもので、毎年日本の各地で開催されていますが、今年は歴史と文化と自然あふれる、この鹿児島で行われることとなりました。

 

 

 

 

02 400.jpg
例年、開催地LOMのメンバーは、国際アカデミー開催期間中、主催者側として、又、ホスト役として関わっていくため、国際アカデミーのプログラムを受講することは出来ません。そこで、日本青年会議所 国際アカデミー委員会の主催により、各開催地LOMに対するサービスとして行われるのが、このプレアカデミーです。

 

 

 

 

 

 


02 294.jpg

 

プレ(事前)アカデミーと言うだけあり、本番同様、コースリーダー(講師)のラース・ハシュラッド氏('06 JCI会頭・デンマーク)が来鹿され、国際アカデミーで行われるプログラムの一部を実際に経験することが出来ました。
『誇り』をテーマに自己分析や自己発見ができるようなプログラムが組まれ、逐時通訳にとまどいながらも、ラース氏の軽妙なペースで、楽しく、多くの気付きを与えてもらった5時間でした。
いよいよ、7月には、国際アカデミーが鹿児島で開催されます。実際にプレアカデミーに参加してみて、より、この鹿児島の地にて、デリゲイツ(参加者)の方々に多くのことを学んで戴き、十二分に楽しんで戴きたいと思った次第でした。
最後になりましたが、プレアカデミーをご準備戴いた皆さん、参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。


(記事:松浦宏治)

(写真:永井大之)

  • Infomation
  • メール
  • 電話:099-222-1342
  • FAX :099-222-1164
  • 鹿児島市新照院町41-1
  • 城山観光ホテル内