P8070070.jpg

 
8月7日(金)、100km徒歩の旅は3日目を迎えました。中盤の山場である国分ハイテクセンターから縄文の森遺跡を通る、高低差の激しいコースに挑戦を前に、柔軟体操も入念に行われました。

 

 

 

 

 

 

P8070134.jpg

 

 

この日は晴天となり、鹿児島では最高気温35度という過酷な環境でしたが、子どもたちはハイテクセンターへの道を登りきりました。

 

 

 

 

 

P8070187.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台では、一昨年より恒例となった100km徒歩の旅綱領昭和が行われました。鹿児島市が一望できるこの展望台から、帰りを待つ家族に届けとばかりに「私には素晴らしい力があります。はてしない可能性があります。何事もくじけず、弱音を吐かず『出きる、出きる、 必ず出きる』の精神で、一歩一歩、前進すれば、必ずゴールに到達する事を知っています。」と声をはりあげました。

 

P8070341.jpg

 

P8070224.jpgまた、(社)霧島青年会議所からスイカの差し入れがあり、子どもたちは上り坂でほてった体を休めました。このほかにも、100km徒歩の旅は、内外から多くの支援・協力をいただいて運営されています。スイカ、アイス等の差し入れや、給水のための飲料、備品の一部、運搬用の輸送車などは、地元の企業や個人の方からの協力・協賛によるものです。また、教育委員会を通じて道中の各小学校の協力も得ており、休憩・宿泊等で施設利用させていただいています。

 

 

 

 

 

P8070241.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P8070153.jpg

 

 

さらに、3日目の宿泊地である自衛隊国分駐屯地からは深い理解を得ており、宿泊ばかりでなく、ブラスバンド隊による歓迎セレモニー、施設見学など、毎年貴重な体験をさせていただいています。

 

 

  

 P8070179.jpg

 

P8070005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしいと評判の自衛隊のカレーライスもごちそうになりました。

 

 

子どもたちも、多くの人に見守られながら成長していきます。

 

P8070353.jpg

 

 

  • Infomation
  • メール
  • 電話:099-222-1342
  • FAX :099-222-1164
  • 鹿児島市新照院町41-1
  • 城山観光ホテル内