2009年9月アーカイブ

9月6日(日)、鹿児島県青少年会館にて、未来こども塾2009第7回鹿児島100km徒歩の旅の第3講座が開催されました。第3講座は、100km歩ききった子どもたちが再び一堂に会し、学んだこと、気づいたこと、徒歩の旅のあと変わったことなどを話し合い、確認するものです。みんなで歩いた100km徒歩の旅から、ちょうど一ヵ月となりましたが、みんな元気な姿で参加しました。


resize3794.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず始めに理事長挨拶があり、「この100kmを歩き切った事に自信を持ちなさい」と述べられ、今後の人生にも自信を持っていくよう、子どもたちを激励しました。

resize3803.jpg
    

次に、ボランティアの広報班が撮影・編集したDVDを約1時間鑑賞しました。途中、涙を流す保護者も居て、子供達の成長ぶりに、感動していました。

resize3795.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

鑑賞後子供達は、徒歩の旅で学んだ事などを作文にしました。

resize3796.jpg

 

 

その後、子供達は部屋を移動し、100kmのオレンジTシャツに、当日は書ききれなかった寄せ書きをしたり、1お互いに連絡先を聞いたりして絆を深めました。

resize3800.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

同時に保護者の方々は、子供達にと手紙を書いたほか、今回の徒歩の旅に関する意見交換が行われました。。意見交換の中では、徒歩の旅を通じて生きる力を醸成する中で、家族の役割なども併せて議論されました。

 

resize3799.jpg

子どもたちは寄せ書きが済むと再度会場に合流し、100km徒歩の旅の作文を読んでもらいました。

resize3801.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後には、恒例となった「チクサクコール」をして終了しました。子どもたち、ボランティアそれぞれが、100km徒歩の旅で学んだことを確認しあい、次の一歩を踏み出せた第3講座となりました。

resize3802.jpg

 

chiku1.jpg

 

8月28日(金)から30日(日)にかけて、福岡市において、(社)日本青年会議所九州地区協議会の地区大会が開催されました。今年は「All is One, One is All」をテーマに、九州地区の青年会議所とまちの活性化について、様々なフォーラムやセミナーが行われました。

鹿児島JCからも副会長の川畑博海君、大会支援特別委員会の野添勇作君をはじめ、24名のメンバーが出向しており、各所にて活躍していました。

 

 

chiku3.jpg

 

30日(日)に行われた特別講演では、ソフトバンクの孫正義社長による特別講演が行われ、自らの生い立ちや体験談を交え、JCメンバーに対して、今の年齢から人生について計画を立てておくことと、計画を立てるのなら志を高く、大きな目標を持つことの重要さを話されました。

 

 

 

 

 

chiku4.jpg

 その後行われた式典では、来年の地区大会の開催地が奄美大島JCであることが発表され、友情の鍵伝達式が行われました。奄美大島JCの理事長・理事長予定者・大会実行委員長予定者からそれぞれ挨拶があり、来年度の地区大会への意気込みを述べました。

 

 

 

 

 

 

 

chiku5.jpg

挨拶の際は、奄美大島JC以外の鹿児島ブロック協議会11LOMのメンバーも舞台前に立ち、鹿児島ブロック全体で地区大会を盛り上げていくことを誓いました。

 

 

 

 

 

 

鹿児島JCからは延べ70名以上が参加し、それぞれの地区大会での担いを果たしていました。

chiku6.jpg

 

  • Infomation
  • メール
  • 電話:099-222-1342
  • FAX :099-222-1164
  • 鹿児島市新照院町41-1
  • 城山観光ホテル内