55周年特別事業運営 の最近の記事

block01.jpg

 平成21年6月13日(土)、14日(日)の2日間、第35回鹿児島ブロック会員大会が、鹿児島市内の中央公民館を中心に行われました。

 ブロック大会は、鹿児島県内の12の青年会議所が一堂に会し、それぞれのLOM単独ではなく、協働で推し進めるべき運動について事業を執り行うほか、相互の懇親を深めるために毎年行っているものです。今年は鹿児島青年会議所が主管となり、会員間の分科会のほか、協働運動として、地産地消をテーマにした事業を展開しました。

 

 

 

 

block06.jpg

 結団式の後、午前中は2つの分科会が行われました。
県民交流センターで行われた「体験JC LIFE!~JCゲームセミナー」では、日本JCの研修プログラムの一つであるカードを使ったゲームで、「JC活動とJCライフの疑似体験を行い、JCでの経験を通して様々な気づきや学びを得ることにより、更なる多くの機会を得ることを楽しみながら実感する。」という研修の主旨に沿って各LOMから入会3年未満の会員を中心に行われました。

 

 

 

 

 

block05.jpg

 ボランティアセンターで行われたもう一つの分科会では、入会3年以上の鹿児島ブロック全メンバーを対象に第1回12LOMつよい組織創造会議が行われました。
こちらの分科会では、各LOMの会員拡大を中心とした会議となりましたが、各LOMが抱えている会員拡大における様々な悩みや成功事例を持ち寄ることにより、討論した内容を皆で共有化し、今後の会員拡大に繋げようという会員拡大の重要性を感じられる会議となりました。

 

 

 

 

block04.jpg

 午後からの中央公民館でのメインフォーラムでは、鹿児島各地の特産品を活かすために「地産地消からはじまるまちづくり」をメインテーマとして、今回のパネリストである雑誌「九州のムラへ行こう」の編集長の養父信夫氏、NPO法人の「霧島食育研究会」代表の千葉しのぶ氏、コーディネーターの中村朋美氏をお迎えしてディスカッションが行われました。フォーラムでは鹿児島県内の多くの特産品の紹介からはじまり、また地産地消の意義を雑誌編集長の視点、食育研究者の栄養指導者の視点より屈託のない意見が交わされました。

 

 

 

 

block02.jpg

その後、会場を同じくしてブロック会員大会式典が盛大に行われました。各LOM紹介から始まり、鹿児島ブロック協議会会長ならびに鹿児島ブロック12LOM理事長壇上入場による紹介が行われました。来賓祝辞では、鹿児島県知事の伊藤祐一郎氏、鹿児島市長の森博幸氏より、青年会議所メンバーへ地域のリーダーとして、明るく豊かな鹿児島の実現に向けて積極的な取り組みに対して、お祝いの言葉を頂戴しました。また、2008年度の鹿児島ブロック協議会会長の揚村恭弘君への感謝状贈呈、次回開催地発表(加世田JC)、友情の鍵伝達式が行われました。

式典後、ドルフィンポートにて大懇親会が開催され、鹿児島ブロック12LOMのメンバー、シニアメンバー、来訪JCメンバーがそれぞれ交流を深めていました。

 

 

block07.jpg

 14日には中央公園にて、地産地消をテーマにした即売会が開催されました。鹿児島県下の各地域で生産された食品や小物などが並べられ、JCメンバーのみならず、多くの市民が訪れていました。売り切れも続出し、盛況のうちに終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

公益性を重視していく中で、市民にも門戸を開いた事業を中心に展開するなど、例年にない試みを行ったブロック大会でしたが、メインテーマ「地産地消」をJCメンバーだけでなく、市民にも伝えることができた、意義深いものとなったのではないでしょうか。

(記事:松﨑和秀)

(写真:松﨑和秀)

 

 

 

 

55周年記念式典・祝賀会 (5).jpg

 

 5月26日(火)、城山観光ホテルにて、(社)鹿児島青年会議所55周年記念式典・祝賀会が開催されました。

 記念式典では第55代理事長 吉村優紀君が挨拶をし、鹿児島青年会議所の歴史と、今年度の方向性について述べました。今年度のスローガン「絆」になぞらえて、受け継いできたものを大切にしつつも、新たなステージへむかう意気込みを力強く語りました。

 

 

 

 

 

55sikiten1.jpg

 

 
 続いてシニアクラブ代表世話人の相良先輩より挨拶があり、これまで歴史をつむいできたシニアクラブメンバー、姉妹JCである利川JCのシニアクラブメンバーを紹介され、現役メンバーへ激励の言葉を述べられました。 

 

 

 

 

 

 

 

55周年記念式典・祝賀会 (9).jpg
 

 また、今回の式典・祝賀会は、鹿児島県の岡積常治副知事、鹿児島市の森博幸市長をはじめ、多数の来賓の方に御臨席を賜り、お二方からは祝辞をいただきました。さらに、(社)日本青年会議所より安里会頭をはじめとする理事役員、九州地区協議会、鹿児島ブロック協議会、宮崎JC(スポンサーJC)、山口JC(兄弟JC)、萩JC、高知JC、佐賀JC(薩長土肥の会)、そして韓国の利川JC(姉妹JC)の皆様といった、鹿児島JCとゆかりのある多くのJCメンバー、シニアメンバーが出席されました。安里会頭は祝辞の中で、御自身の出身である沖縄と鹿児島の関係にも触れ、「この記念すべき年に国際アカデミーを開催し、このような席にも呼んでいただける鹿児島との縁を喜ばしく思う」と述べられました。

 

  その後、歴代理事長表彰、叙勲者表彰、スポンサーJCである宮崎JCへの記念品贈呈があり、最後に55年間の歴史をつづったVTRが放映されました。出席したJCメンバーは、55年の重みをかみしめ、おごそかな雰囲気の中、式典は終了しました。

  

55周年記念式典・祝賀会 (21).jpg

 

 記念式典の後に行われた祝賀会では、理事長挨拶の後、姉妹JCである利川JCの蔡在玉会長より記念品の贈呈が行われ、31年間続けてきた交流による絆の深さを確かめ合いました。

 

 

 

 

 

 

55sikiten2.jpg
 

 

 鏡開き、乾杯のあとは歓談となり、この日を縁に集まった多くの方々が交流し、絆を深めました。 

 その後のアトラクションでは鹿児島出身のアーティスト城南海(きずきみなみ)さんのライブが行われ、55年の歴史と絆を想起させるしんみりとした歌に、会場の皆さんも聞き入っていました。

 

 

 

 

 55周年記念式典・祝賀会 (31).jpg

 
 最後は恒例となった「若い我ら」を全員で歌い、久保副理事長の感謝の言葉で盛会のうちに閉会となりました。

 

 全体でおよそ550名の参加となりました。鹿児島JCと、様々な縁を持ち、一堂に会した人々が交流を重ね、まさにテーマである「絆・紲・結(きずな・つなぎ・むすぶ)」が実現できた式典・祝賀会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

hokusatu1.jpgのサムネール画像

 

3月2日鹿児島県の出水市にて、北薩4LOM合同公式訪問例会が行われ、鹿児島ブロックのブロック会長公式訪問例会全ての日程を終えました。

 

ブロック会長公式訪問例会は、ブロック会長をはじめとするブロック役員が鹿児島県ブロック内のLOMの例会に参加し、今年度の方針を説明し、参加・協力を呼びかけていくものです。これまでに、下記の日程で行われてきました。

 

2月9日 南薩(指宿JC、枕崎JC、加世田JC)

2月17日 大隅(霧島JC、鹿屋JC、新大隈JC)

2月24日 鹿児島(鹿児島JC)

2月28日 奄美(奄美大島JC)

3月2日 北薩(川内JC、さつま出水JC、串木野JC、阿久根JC)

 

 

amami2.jpg

 

 

 

特に2月28日に行われた奄美では、奄美大島JCメンバーの心のこもった歓迎の中、規模としては最小ながら、非常に熱の入った例会となり、ブロック・LOM間の絆がより深まった例会となりました。

 

 

 

 

 

 

amami.jpg

 

 

hokusatu2.jpg
また、北薩の例会では、ブロック会長公式訪問の最後の地ということもあり、委員会方針のプレゼンにも慣れ、鹿児島JCから委員長として出向した岡部高之資君、渡康嘉君をはじめ、委員会の事業方針、説明もわかりやすく、参加したメンバー全員が話に聞き入ってました。

 

 

hokusatu4.jpg

 例会後の懇親会では、今年開催されるブロック大会、55周年記念式典、国際アカデミーのアピールタイムが設けられ、一致団結したアピールに会場は大いに盛り上がり、今年の事業の成功を誓い合いました。キャラバンも、これでブロック内全LOMをまわったこととなり、それぞれの熱いメッセージが伝えることができたのではないでしょうか。

(記事:松﨑和秀)

(写真:松﨑和秀)

 

 

 

 

 

 

2reikai3.jpg

 

 

 

 

2月24日、城山観光ホテルにて、ブロック会長公式訪問例会が開催されました。島津陽亮ブロック会長をはじめ、ブロック役員、鹿児島の12LOMの理事長が一堂に集まりました。

 

 

 

 

 

2reikai2.jpg

 

 
吉村理事長の鹿児島ブロックへの期待を込めた挨拶から始まり、続いて島津ブロック会長からブロックの方針と鹿児島LOMへの協力を含めたご挨拶をいただきました。

その後、各委員会の基本方針の発表が行われました。鹿児島JCからも多くのメンバーを輩出しており、また同じ鹿児島のために頑張ろうという方向が一致している分、LOMのメンバーにもその熱い思いが伝わったことと思います。

 

 

 

 

 

2reikai1.jpg

 

 

 

 

その後場所を変えて、懇親会が行われました。壇上では今年度の鹿児島に関するイベントのアピールタイムあり、それぞれのテーブルでは、焼酎を酌み交わし、色々な情報交換をし、各LOMの交流を深められるすばらしい例会であったと思います。

(記事:有馬明治)

(写真:五反敏行)

 

 

 

2reikai4.jpg

 

 

 

 

blocF1.jpg

 

 1月16日(金)城山観光ホテルにて、2009年度(社)日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会が主催するブロックフォーラムが、県内のブロック出向者と各LOMの理事長が一堂に会して開催されました。

 

 

 

blocF2.jpg

 

 ブロックフォーラムは、年度開始にあたり、ブロックの体制と方針を紹介するもので、新大隈JCより出向の島津陽亮会長より本年度の所信表明の発表、各理事の紹介、各委員会の基本方針が発表されました。鹿児島JCからは副会長の永井宏和君、委員長の渡康嘉君、岡部高之資君が出向役員として基本方針をプレゼンし、それぞれの使命を熱く語っていました。

 

 

blocF3.jpg

 

 また、今回は山口隆徳君が日本JCの国民主権確立推進委員会の委員長として出向していることから、そのスタッフメンバーが来訪しており、ブロックフォーラム後の懇親会では日本JCの運動についてPRされました。

 

 そして最後に、LOMメンバーより55周年記念式典、鹿児島が開催地となるブロック大会のPRと、国際アカデミー開催のPRが行われ、大いに盛り上がりました。2009年度のブロック事業へとつながる、充実したブロックフォーラムとなりました。

(記事:松﨑和秀)

(写真:永井大之)

blocF4.jpg

 

 

  • Infomation
  • メール
  • 電話:099-222-1342
  • FAX :099-222-1164
  • 鹿児島市新照院町41-1
  • 城山観光ホテル内