環境啓発 の最近の記事

 

02 007.jpg
11月24日(火)、城山観光ホテルにて(社)鹿児島青年会議所11月例会が開催されました。

今回は、環境啓発委員会が進めてきたKids'ISO14000プログラムの事業報告を行うとともに、NPO法人地球環境フォーラムかごしま事務局長 塩川哲郎氏を講師にお招きして、環境問題についての講演をしていただきました。

 

 

 

 

 

02 012.jpg
前半は、環境啓発委員会の上之園誠委員長より、Kids'ISO14000プログラムの概要と、進めている事業、アンケート結果などの報告がありました。Kids'ISOは、子どもの環境意識を高めるための教育プログラムで、電気、ガス、水道の消費量を記録するなどして、CO2排出削減を目指し、子どもたちが環境問題に対して自発的に考え、行動できるよう目指すものです。今年度鹿児島JCでは入門編と初級編を進め、21名が国際認証を得られる予定であることが報告されました。

 

 

 

 

02 033.jpg

 

後半は、「共尊共生~絆~」というテーマで、塩川氏より講演が行われました。塩川氏は現在の深刻な環境問題について紹介し、単なる節電、節約だけではなく、各家庭でもアンペア数を下げるなどのシステム自体の改善をしていかなければ解決に向かわないことを述べられました。

 

 

 

 

 

02026.jpg
また、環境問題にとどまらず、普段の行動や考え方にも言及され、自分たち大人の背中を見て、子どもたちはそれを真似ていくこと、そして自分の感情を素直に感じることの大切さを話されました。

 

 

 

 

 

 

02085.jpg

 
講演の後の会務報告では、下田副理事長、渡邊室長、岩田委員長より、チュニジアでの世界会議の報告が行われました。今年行われた第22回国際アカデミーが、国際アカデミーとしては初めて、世界会議の場で表彰され、持ち帰った表彰状が吉村理事長へ渡されました。

今年度最後の例会となりましたが、例会の内容、会務報告ともに、今年度の成果を振り返ることができた例会となりました。

 

kidsiso1.jpg
 6月28日(日)、かごしま環境未来館において、Kids'ISO14000プログラム 初級編の説明会が開催されました。

Kids'ISO14000プログラムとは、小学校4年生以上を対象とし、環境問題について知り、日々の生活の中で自ら考え行動を起こしてもらうための教育プログラムのことです。今年度(社)鹿児島青年会議所の事業として鹿児島市の各小学校に協力と参加の呼びかけを行ったところ、多数の応募がありました。

この日は入門編を終えた子供たちとその保護者およそ40組が集まりました。冒頭で吉村理事長から挨拶があり、鹿児島という地域での環境問題への取り組みに対する重要性について話されました。

 

kidsiso2.jpg

 

続いて環境啓発委員会の上之園委員長より挨拶があり、生活の中で続けていくことの大切さを話された後、概要の説明が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

kidsiso3.jpg

 

次に、Kids'ISO14000プログラムの推進を行っている国際芸術技術協力機構(ArTech)の河邊隆也理事長より、Kids'ISOプログラムの趣旨説明があり、子供1人ひとりが自立して自ら考えて実行に移すことができるようになること、PDCAサイクルを使い問題解決が行えるようになることを、環境問題を通して身につけるという説明がありました。

 

 

 

 

 

kidsiso4.jpg

 

 

kidsiso5.jpg

 

その後、プログラム概要DVDを見た後、インストラクターの村田政弘氏より、Kids'ISOプログラムに取り組むための注意点についての説明がありました。

最後の質疑応答では、参加する子供たちが積極的に質問しており、Kids' ISOプログラムに関する関心の高さが伺われる、充実した説明会となりました。

(記事:興 敏朗)

(写真:興 敏朗)


  • Infomation
  • メール
  • 電話:099-222-1342
  • FAX :099-222-1164
  • 鹿児島市新照院町41-1
  • 城山観光ホテル内