KJC NEWS!エントリー

「ハイチ地震災害支援」募金活動

ハイチ写真.jpg

 

 去る1月12日に発生致した「ハイチ大地震」。現地では殆どの家が倒壊し、被災者は人口の約3分の1にのぼると言われ、未だ混乱状態が続いています。現在の死者数は22万人にも上るといわれております。ハイチ復興まで3年かかると推測されています。

 

 

 

IMG_0723.JPG
そこで、「愛のあるまち鹿児島~今こそ、変革の能動者として~」をスローガンに掲げる私たち(社)鹿児島青年会議所は、この災害支援に向けて『街頭募金活動』を行いました。

延べ40名のJCメンバーが集結し、天文館の山形屋1号館の入り口付近と、ドルフィンポートのなぎさタワー付近の2ヶ所に分かれ、街頭募金を行いました。

 

 

IMG_0704.JPG
道行く方も足を止め募金に協力していただき、小さい子供からお年寄りまで、地球上で助けを求めているハイチの方々への愛のパワーを下さりました。

 

我々が住む日本の裏側で起こっている大震災。鹿児島からのこの小さな一歩が、必ずやハイチの方にとって大きな希望の光となることを固く信じ願います。また、世界中からハイチ復興のため支援団体が動いています。

 

 

 

IMG_0724.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
日本からも自衛隊が派遣されました。世界中の力で一刻も 早くハイチが復旧する事を 心より願います。  

また、鹿児島JCからはこの設えを担当された、宮内委員長率いる”愛のあるまち創造委員会”のメンバーの皆様が、この愛のパワーをしっかりハイチへ届けてくださいます。

 

 

 

 

 

また、鹿児島JCは引き続き、2月23日(火)開催の2月例会の際にも「募金箱」を設置し、皆様からの義援金を募りたいと思います。尚、これらの義援金につきましては、日本赤十字社を通じて寄付致します。つきましては、皆様のご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 尚、本日の募金活動で170,136円の募金が集まりました。ご協力いただきました方々へ心より感謝申し上げますと共に、ハイチの方々の一刻も早い復興を願います。

 

 IMG_0729.JPG

 

 

 

 


前の記事 :
アイスブレーキングとは?
次の記事 :
2月例会・ブロック会長公式訪問例会開催される