KJC NEWS!エントリー

ハイチ地震募金 赤十字社へ寄付

ハイチ写真.jpgのサムネール画像

去る1月12日に発生した、ハイチ地震に対し私たち(社)鹿児島青年会議所は、災害支援募金活動を2月14日(日)実施しました。場所は山形屋1号館入り口付近とドルフィンポートのなぎさタワー付近の2ヶ所にて街頭募金を行い、市民の皆さまより170,136円の義捐金を募ることが出来ました。
 また、2月23日に開催された2月例会についてはブロック会長公式訪問例会であったこともあり、鹿児島JCメンバーのみならず、鹿児島ブロック協議会11LOMのメンバーの皆さま、對喜ブロック会長を始めとするブロック役員の皆さま、さらには謝恩会の御礼にお越しいただいた平成21年御卒会の「ヨンヨン会」の皆さまにもご協力いただき、22,913円の義捐金を募ることが出来ました。
 

IMGP0427.JPG

これら合計193,049円の義捐金について、事務職員や医療チームを派遣するなど直接的な支援活動を行っている日本赤十字社に3月8日(月)、義捐金を寄付いたしました。

日本赤十字社鹿児島県支部を訪問した際、同支部の奥園義則事務局長、組織振興課の大山大宏課長、春園浩和係長に応対いただきました。
 また鹿児島JCからは下田理事長を始め、吉丸副理事長、冨川専務、上之園室長と愛のあるまち鹿児島創造委員長の宮内が、訪問しました。

 

 

IMGP0431.JPGのサムネール画像
冒頭、下田理事長より「我々、青年会議所は明るい豊かな社会を目指す国際的な団体であり、特に本年度鹿児島JCは『愛のあるまち鹿児島』をスローガンに掲げ活動していることからも、今回のハイチ地震の災害支援に取り組むことが求められるものと考え、今回の募金活動を行なった」とお伝えすると、奥園事務局長より今回の募金活動に加え、日頃の日本赤十字社の活動への青年会議所としての協力についてもお礼をいただきました。

また、ハイチ地震の募金状況についても触れられ、そのなかで個人からの振込みを含めた募金額が、九州においては鹿児島が群を抜いて多いという情報を得ました。

IMGP0432.JPG
最後に義捐金と目録を贈呈。193,049円という貴重な義捐金に対し、日本赤十字社鹿児島県支部の皆様と共に、改めて、市民の皆さまへの感謝の念を強くした次第です。
同時に今回の募金活動を通じて体感し、前述の九州で群を抜いて多い募金額という情報に裏づけを得た、鹿児島市民の皆さまの温かさを、我々が目指す「愛のあるまち鹿児島」創造に繋げたいという思いを新たに致しました。

 

 

 

 

(記事/写真 愛のあるまち鹿児島委員長 宮内尚起)

 


 

前の記事 :
JCI KOREA-ICHEON公式訪問
次の記事 :
第24回桜島・錦江湾横断遠泳大会日程決まる!