KJC NEWS!エントリー

九州地区協議会〝力ある九州発信委員会〟鹿児島で開催!

IMG_0858.JPGのサムネール画像

 3月20日(土)ジェイドガーデンパレスにて日本青年会議所 九州地区協議会〝力ある九州発信委員会"の委員会が鹿児島の地にて開催された。九州地区協議会の委員会では、九州圏内の各LOMから様々なメンバーがこの委員会に出向しており、委員会も各地にて開催されている。今回は鹿児島の地で開催された。
 鹿児島JCからは宮田孔委員長を輩出しており、またメンバーでは嶽博之総括幹事・下入佐裕司運営幹事・西蔭美和会計幹事・小牧正英君・宮之原綾子君・木瀬大史君・益満美登君・岩田和大君・渡康嘉君の以上10名が出向している。

 

 

 

IMG_0861.JPG

 鹿児島の地で開催ということもあり、鹿児島JCから久保副理事長も駆け付け冒頭挨拶をした。
「本日は、ようこそ鹿児島へおいで下さいました。皆様はビジネス部門の事業を多くかかえられ、4月は九州ビジネス部会、5月初旬のJC青経塾、地区大会。またローカルファースト部門では、地産地消への取り組み、学校給食九州産100%運動と、大変素晴らしい事業に取り組まれると聞いております。本日はこの鹿児島の地で活発な議論が行われ、委員会にとりまして実り多きものとなります事を、心よりご祈念申し上げます。」と述べエールを送った。

 

 

IMG_0859.JPG

 この委員会は、力ある九州を発信していくには、九州の地域経済産業を活性化し、中央に頼らない自立した地域主権型道州制の九州への導入を具体的に考え発信していく委員会である。
 経済的な自立という方向性を示し、九州構想の経済政策として謳われている「豊かな自立した九州経済の創出」を広く市民の皆様参加に浸透させ、また同時に財政面では、財政構造改革・道州制の九州に導入へ向けた研究、検証しつつ、九州の持つ魅力ある力を全国そして市民の皆様に向けて発信していくとのことだ。

 

 

 

IMG_0867.JPG
その中で、今年は5つの柱を立ている。
1.ローカルファースト確立に向けた地産地消の普及推進
2.九州経済産業活性化に関する調査・研究および発信
3.九州ビジネス部会との連携による地域経済活性化および中小零細企業復活の推進
4.他団体と連携による学校給食九州産使用率100%運動の推進
5.財政構造改革の検証および地域主権型道州制の九州導入へ向けた研究発信

を挙げており、その実現に向け真剣に取り組んでいる。


 

この委員会の大きな使命は、人間関係というつながりによって社会関係資本を増強させ、たくましく輝く未来を自分達自身の手で力強く描くことのできる自立した九州を具現化し、混沌とした今この時代から未知の可能性切り拓き明るい豊かな社会を実現する、力ある九州を発信・創造していくとのことだ。

鹿児島JCから多くの出向者を輩出している委員会なだけに、大いに期待したい。


 

前の記事 :
JCIアワード説明会開催される
次の記事 :
3月例会が開催される