KJC NEWS!エントリー

第6回 愛のあるまちビジョン策定会議開催

 

P1010454.JPG

6月11日(金) 第6回愛のあるまちビジョン策定会議がNCサンプラザ3階ホールで行われた。

一年間で11回をかけての行われるこの会議。より良いよりまちづくりを具現化するために、どのようなひとづくりを目指していくかを導くために会議を開催し、今回で6回目になる。

 

 

 

 

 

P1010453.JPG
はじめに下田理事長による挨拶で、「6月になり事業が行われ、ますます忙しくなってきました。口蹄疫など大変な時期だとは思いますが、本日も定時に集まり有難うございます。今日は、教育室と創造室の2室からのテーマで活発なディスカッションを行ってください」と述べた。

 

 

 

 

 

 

P1010460.JPG

前回に引き続き、2室からの提言によるビジョン討論を行った。

ルールとして、室長からの提言に対してA・Bの2グループに分かれ各グループから主張・尋問を繰り返し、最終プレゼンを行い、メンバー全員によるジャッジを行う。

まずはじめに教育室の六反室長から提言が述べられ、2グループに分かれディスカッションが行われた。

A:子供を対象とした「生きる力醸成」事業が有効か? 

B:親子を対象とした「親子で実践!地育に取り組もう!」的事業が有効か? 

約30分のテンポ良く、ディスカッションが行われた。
引き続き、鹿児島創造室の上之園室長の提言 

A:新幹線開業に伴う観光PR(JC版)が有効か? 

B:環境・農業・スローライフ田舎暮らし等、地域特性を生かす事業が有効か?
この提言の際、メンバーの中で実際に、様々なまちづくりの会に入っている数名からの経験談も交えて、実際の問題点や改善点などリアルな話に参加者全員、興味津々と聞き入っていた。

 

 

P1010471.JPG
最後に、福永憲章監事からの監事講評では「本日も良い会議を有難うございます。見ていてなんだか正会員研修を思い出します。本日のディスカッションを振り返って下さい。最終プレゼンで寝返る方がいた方が面白いです。寝返るという事は、それだけ色々な意見を取り入れて良いプレゼンになっていたという事です。JCの事業でも、会社でもいろいろな人の意見を取り入れた方が、事業としていい方向に進んでいくでしょう。皆さん一つの考えだけに固執せず、色々な意見を踏まえるといいと思います」と述べた。

 

 

 

 

 

 

(取材:山崎貴臣)

 

前の記事 :
7月公開例会と「未来を創る当事者となれ!~変革の能動者育成セミナー~」のご案内
次の記事 :
「口蹄疫被害に対する義援活動」による募金活動!