月別アーカイブ

2010年7月

CIMG0397.JPG

 7月31日(土)「第24回桜島・錦江湾横断遠泳大会」の監督会議が開催された。今年の遠泳大会は明日8月1日(日)。過去最大の165チームが参加する。この会議は大会上における万全の安全対策と大会成功に向けて最終確認をするため、チームの監督もしくは代表者が集まり、開催された。

 

 

 

 

CIMG0392.JPG
 まず大会会長である下田勝利会長より挨拶があり、「いよいよ、開催されます。準備もこの半年一生懸命やって参りまして、この日を迎えました。この遠泳大会も24回目です。今までも色んな事がありましたが、今年も本当に色んな事がありました。一番厳しかったのは口蹄疫の問題です。周りの目も厳しいものがありました。もちろん是非開催してほしいという声も多くありました。私たち実行員会は昼夜問わず会議を繰り返し、口蹄疫問題とも真正面からぶつかりました。そして、安心・安全の大会を責任を持って大会を開催しようと決断しました。今回は参加チーム数165チーム・220艘・ボランティア300名と多くの方がこの第24回桜島・錦江湾横断遠泳大会に携われます。明日、どんな大会がどんなドラマが待っているか分かりません。そして、今回口蹄疫の問題で、宮崎の方が出場を自粛されました。この宮崎の方の思いも噛みしめながら感動的な大会に導けるよう頑張って参りましょう。」と述べられた。

IMG_4984.JPG
その後、実行委員の中元賢治君より、明日の大会のルール説明、注意事項、スタート順番の連絡等を行なった。

■ 競技内容・ルールとして、9:30 第1ウェーブスタートで
①選手4名が7メートルの円内で泳ぎ完泳した選手が同時に手をつないでゴールテープを切った時間を競泳時間とします。
②選手4名のうち2名以上のリタイア者を出したチームは、競技記録としては失格となります。その他の方は完泳後タイムをお知らせ致します。しかし、リタイア者の再泳は認めません。

③1500メートル地点にチェックポイントを設けてあり、制限時間(60分)を超えたチームは競技中止とさ せていただきます。又、スタートから2時間30分を経 過した時点で、完泳が無理であると審判員が判断 した場合も競技中止となります。尚、審判員に失格を宣告された選手は直ちに泳ぎを中止してください。
④ウェットスーツ、ゴーグル、腕時計の使用は認めます。これ以上の器具類の着用は出来ません。また、選手は支給されたスイミングキャップを必ず着用してください。着用無き出場の場合は失格と致します。
⑤各チーム1隻の監督伴走船を準備し、各チームの監督と大会側よりアテンダントスタッフ1名が乗船します。選手は事故や身体の不調、泳ぐ事が困難になった場合、直ちに監督に手を上げ大声で「助けて」と意思表示を示して下さい。競技中、選手は規定のコースを大幅離脱してはなりません。コース指示や制限時間は審判員が判断し、アテンダントスタッフが指示致します。と様々なルール説明や注意点等を説明した。

 

IMG_2223.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

IMG_2229.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また次に、「海の楽しみ方」として、今大会実行委員長の村山成晃君より、海で泳ぐ際の様々なポイントや留意点等を説明した。

CIMG0465.JPG

CIMG0462.JPG

 

 

 

 

 

 

 

  

 その後、参加者との前夜祭として、ドルフィンポート内ポルトカーサにて、懇親会が開催された。
 また、今年は2008年北京オリンピック競泳男子 メドレーリレーで、日本チームを銅メダルに導いた、背泳ぎの宮下純一さんも参戦!「明日全員が無理することなく、無事に全員で完詠できるよう頑張りましょう!!」と意気込みを語った。参加者や運営スタッフ共々、錦江湾から見える桜島をバックに翌日の遠泳大会に向けて気持ちが高なっているようだった。

 

 

(取材:伊賀上健司)

 

 

 

 

 

 
IMG_2134.JPG
 7月27日(水)、城山観光ホテルロイヤルガーデンにて7月例会が行われた 。今回はNPO法人ロシナンテス代表 川原尚行氏をお招きして「意志あるところに道拓けるか?~スーダンでのNGO活動~」と題して講演が行われた。

 

 

 

 

IMG_1804.JPG

 

 公開例会で行われたこの例会は、一般参加者を含む800名以上という多くの参加者が集まった。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1802.JPG
 始めに、下田理事長から開会の挨拶として、「我々鹿児島JCは今年は『愛のあるまち鹿児島 ~今こそ、変革の能動者として~』というスローガンのもと270名のメンバーでまちづくり、リーダーの育成を一生懸命がんばっております。教育・倫理・道徳・経済、いろんな意味で先の見えないこんな時代だからこそ、私たち若者が自分の中に確固たる信念を持って頑張らなければならない。そしてまた 自分だけではなく隣に座っている仲間や家族そして地域・社会色々な形で手と手を取り合わなければならなと考えております。今回は、この様な形での鹿児島JCを知って頂きまして光栄です。最後までお楽しみください」と語った。

 

 

IMG_1809.JPG
 次に、土屋委員長から本セミナーの主旨説明として、「いつの時代もまちや社会、そして未来は人が創ります。未来の子どもたちのために、未来を創って行く、行動を起こす当事者となって、無関心を装い、見てみぬ振りをせず、自分の目の前にある、街や社会に能動的に関わっていきましょう!」と述べた。

 

 

 

 

 

IMG_1815.JPG

 いよいよ講演がスタートした。川原氏のスーダンに行くきっかけから、現状のロシナンテスに至るまでの、エピソードを写真と織り交ぜながら話していった。

 アフリカのスーダンが現在テロ支援国家とされている状況、それとは裏腹に目の前に広がる、政治・経済・環境と様々な貧困の中で暮らす人々。混迷・混沌といった状況で「自分のできることは何か、自分はどうするべきなのか」と自問自答を繰り返してきた日々を熱い思いを込めて話した。
写真で砂漠の中の足跡を紹介した川原氏は、「常に前を向いて、一歩でも前を行く。それが足跡になって残っていく。でも一人で歩いていれば風が吹けば道は消えてしまいます。だけど皆で一緒に歩いて行けば道が出来る。だから、一生懸命やっていきたい」と語られた。
講演の最後にDVDが流れた。アフリカ スーダンにおいて、川原氏が出会った様々なまち・人・生活・自然。これらは、川原尚行というフィルターを通して感じてる、今現在のスーダン。不安定な国の状況、素晴らしい自然や文化の映像が「さだまさし 風に立つライオン」BGMと共に流れた。みんな食い入るようにスクリーンに目を向けた。子供たちの澄んだ瞳が印象的だった。そして、今日の講演は心に焼き付けるものとなった。

 

IMG_1867.JPG

IMG_2161.JPG
 

 

 

 

 

 

 

IMG_1884.JPG

IMG_1897.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 川原氏は最後に「ハチドリの一滴」という話をした。「森がある日大火事に見舞われて燃えているんです。そこに住むハチドリは一斉にその森を捨てて逃げて行くんですが、一羽のハチドリだけは、その火を消そうと、一滴の水を運ぶという話があります。私はたまたま医者で、自分に出来ることをしている。皆様方もそれぞれ自分の出来ることがある。一滴の大きい小さいは気にすることではない。それは、役割だから。本当にお互いを尊重すればいいと思うんですよね。ようは、ハチドリが大火事を消そうと飛んで行く意志ですね。自分が出来ることをしようとする意思。お互いの仕事を尊重して、自分の出来ることをやる、それを誇りに思ってやることで社会というものは良くなっていくものです。皆様の出来ることは、それぞれあると思います。私一人では何も出来ない。皆様と一緒になって自分に出来ることをすればいいと思います。それは鹿児島のことを一生懸命すればいいと思うし、それぞれが自分のできる事を一生懸命する。そしてそれが、日本のためになります。お互い頑張って行きましょう。」と語った。

 

 

 

IMG_1906.JPG

 

 

 盛大な拍手で講演を終了し、下田理事長から記念品として「屋久杉で作ったラグビーボール」が贈られ、会場を後にされた。

 

 

 

 

 

 


 

IMG_1953.JPG

 渡辺監事による監事講評では「スーダンの地から鹿児島に来て頂き、バイタリティーに溢れた意欲あるお話でした。800人を超す来場者をみると市民の方々がこういう話を聞きたいんだなと感じた日でした。私ごとですが、私の座右の銘は 『今より若いときはない』という言葉です。何かしようと思った時、その時点が一番若い。今、出来ることを、今やることが、変革への第一歩にも近づいて行きます。だから、何かやろうと思ったときには、是非チャレンジしていただきたい。」と述べられた。そして、7月公開例会は閉幕した。

 

 

 

 

(記事:山下善久)

(写真:島津忠裕 / 増田浩章)

 

 

 

 
 7月25日(日)鹿児島祇園祭おぎおんさぁが開催された。当日は晴天に恵まれ今年は、1000人を超す担ぎ手達が集結した。一番神輿の担ぎ手達は、朝7時から吹上荘に続々と集合し、9時から出発式が行われた。
 はじめに下田理事長から「神輿は八基出るが、御神体が入るのはこの一番神輿だけ。鹿児島中が盛り上がる夏のお祭りこのおぎおんさぁで無事、神輿を着幸祭まで運び届けて欲しい!」と気合の入った熱い言葉を語った。

 また今年の頭である堀之内頭も、緊張と気合が滲みだしていた。

 

 

IMG_1165.JPGのサムネール画像

IMG_1170.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 八坂神社にて宮出しの儀が行われた。一番・弐番・参番・七番・八番の神輿の担ぎ手が一斉に集まり、お祓いを受けた。
 その中で諏訪会頭の挨拶で「今年は、特別な年です。口蹄疫が起こり、おぎおんさぁの開催自体が危ぶまれましたが、担ぎ手達の熱い思いにより本日を迎える事が出来ました。そもそもおぎおんさぁは、悪疫退散・商売繁盛・無病息災の願いを掛けて行われます。皆さんの気合いの入った祭りを期待します」と述べられた。

 

 


IMG_1205.JPG

IMG_1184.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ 出発です。

一番神輿(JC)は1トン神輿。重い神輿が腰を上げた!!!!!

 

 

IMG_1275.JPG

IMG_1242.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ソイヤッ!

 

 

IMG_1742.JPGのサムネール画像

IMG_1396.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1716.JPG

IMG_1469.JPG

 
 

 

 堀之内頭を筆頭に、下田理事長もメンバーに気合を入れます。

纏頭の村山君も気合を入れて纏を振ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年から発幸祭の場所がいづろ通り交差点に変更になり、午後2時30分から発幸祭がとり行なわれた。

 そしてここで、一番神輿に御神体が入られた。 御神体は目隠しをし一番神輿に入られ、おぎおんさぁを見守られます。

 

IMG_1635.JPG

IMG_1543.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1496.JPG

 

 

 

理事長の稚児上げ!!

元気に健やかに育ちますように!  

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、全ての神輿が鹿児島商工会議所ビル前に到着し、着幸祭が行われた。
 最後に「おどま薩洲」を、担ぎ手達全員で大合唱。今年の熱い夏のおぎおんさぁに終止符がうたれた。

 

IMG_1788.JPG

IMG_1797.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ黒に日焼けした素肌に、今年の猛暑ぶりが伺える。

そして、このおぎおんさぁを通して熱い夏を乗り越え

鹿児島のまちがより元気になったようだった。

 

 

 

 

 

 

画像1 074.jpgのサムネール画像
 7月24日(土)本祭を翌日に控え18:30から天文館にて、鹿児島祇園祭「おぎおんさぁ」前夜祭が行われた。総勢150人もの神輿連が、男神輿【参番神輿 天文館】、女神輿【五番神輿 山形屋】を担ぎ、天文館のピラモール、G3アーケード、などを練り歩いた。九州各県においては、未だ進行中の口蹄疫の問題で、軒並み「祭り」を中止しているが、この鹿児島祇園祭「おぎおんさぁ」は無病息災・悪疫退散・商売繁盛を祈願しての神事であるという事で、是非開催したいと皆が熱望し、今年も元気よく開催された。

 

画像1 079.jpg

  担ぎ手たちは、この「おぎおんさぁ」で鹿児島のまちを元気にするぞ!と皆気合が入っていた。

 

 

 

 
画像1 116.jpg

  アーケード内では多くの観客が、練り歩く神輿を携帯の写メールやデジカメやカメラ等でとっていたのが印象的だった。

 

 

 

 

 

画像1 180.jpg
画像1 178.jpg
IMG_1105.JPG
画像1 158.jpg
 ソイヤ!ソイヤ!と掛け声がアーケード中に響き渡り、一気に祭りムードに突入した。

 

 

 

 

画像1 186.jpg

 

 

 

 

画像1 196.jpgのサムネール画像
 最後に千石天神にて、明日本番を迎る鹿児島祇園祭「おぎおんさぁ」本祭の無事と商売繁盛、無病息災を祈願して前夜祭を終了した。

 

 

 

 

 

 

 

 

(取材:迫裕一郎/山崎貴臣/伊賀上健司) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1001.JPG
7月19日(月)鹿児島市社会福祉協議会 ボランティアセンター(かごしま市民福祉プラザ)にて、「未来を創る当事者となれ!~変革の能動者育成セミナー~」が行われた。7月11日から3日間のプログラムで行われてきた本セミナーも本日で最終日を迎えたが、約20名の一般参加者が「行動する」ということをテーマに学んだ。

まず、行われた第5プログラム「鹿児島の課題発見 グループワーク」では、参加者は4,5人のグループに分かれ、それぞれのグループで「九州新幹線の全線開通 どのような人が鹿児島に来る?」をテーマにグループ討議を行った。
このグループ討議はKJ法を用いて行われた。まず参加者が「どのような人が鹿児島に来るか」を思いつくままに書き出し、その中から選んだ「どのような人に鹿児島に来てほしいか」を各グループの意見とし発表した。さらに、それらの人々に「鹿児島に来てもらうためにはどうすればよいか」解決策を出し、それらを難易度別に分け発表した。各グループともに、非常に多くのアイデアが出され、それらに対して活発な議論がなされた。


 

IMG_1006.JPG
参加者はこれらのグループワークを通じて、1人ではなく、より多くの仲間と話し合うことが重要であること、難易度の低い取り組みやすいものからまず行動してみること、さらには難易度の高いものに挑戦するためには自分自身のスキルアップが必要であることを学んだ。
最後に講師を務めた藤崎剛君が、「まずは鹿児島の身近な課題に気づき、考え、少しでも行動してみることが、鹿児島の担いを背負っていくこととなりますので是非明日からでも取り組んでいってほしいと思います。」と締めくくった。

 

 

 

IMG_10420.JPG
第6プログラムでは、ネイチャリング・プロジェクト 代表理事 松村一芳氏から「使命感ある行動は未来を創れるのか」をテーマに講演があった。
ソーシャルビジネスについて、「社会性」「事業性」「革新性」が必要であることの説明があり、具体的事例としてスポーツの観点からNPO法人を設立し、既存の施設(陸上競技場)を活用した事例等が紹介された。
また、事業においては、「夢」「社会性」「実現性」が重要となり、小さな事からでも一歩踏み出して能動的に動く事が必要であること、今後企業はソーシャルなプランを持っていないと事業継続できないこと等の意見を述べられた。

 

 

 

IMG_1048.JPG
第7プログラムでは、「変革の能動者たちの活動」としてガンジー・ケネディー・マザーテレサをはじめとした過去の変革の能動者の活動内容や発言について映像による紹介があった。

第8プログラムでは「身近な1歩を踏み出そう」と題し、「目標実現シート」の作成により自分を見つめ直すための講義がなされた。まず、個人の個性を9個のタイプに分類することで自分の傾向を知る指針として活用するために「エニアグラム」を使用した。受講者は「自分の感情や気持ちを表現することは苦手だ」や「物事の明るく楽しい面を見出そうとする」等の90個の質問に対し真剣な眼差しで回答していた。
各自自分のパーソナリティを再認識することで自分の行動を見つめ直すきっかけとなった。
「目標実現シート」の作成は、自分がどう貢献するのか意識することで積極的に行動しやすくすることが目的であり、「誰に対して何をしたいのか」「それによってどうなってほしいか!成果は?」等を具体的に記入し、その後「自分の考えを実現する為の行動」を一言で記入することで各自が今後の行動を明確にし、能動的に動く意識を強く持つことができた。

 

 

IMG_1053.JPG
第9プログラムでは、「鹿児島の未来を創る行動宣言」として参加者の皆様が「目標実現シート」に基づいて今後の自分の行動を宣言した。受講者4名、JCメンバー2人による宣言となったが、ボランティア、スポーツ、医療、介護の面からの各人それぞれの「アツい」宣言であった。

 

 

 

 

 

IMG_1075.JPG

そして、3日間全てのプログラムを終えて、閉校式が行われた。

はじめに、植物の種を植えるセレモニーを行った。この種は、『変革行動の種』と名付けられ、1日目は知る、2日目は学ぶ、3日目は行動するを通して、受講者全員が変革の一歩を踏み出すという内容であった。
この事を忘れないように『変革行動の種』を植えて頂きたいという願いを込めて種を植えていた。


 

 

 

IMG_1070.JPG
最後に末永副理事長から「3日間お疲れ様でした。鹿児島JCとして初めての試みだったのですがいかがだったでしょうか?鹿児島の為、身近な人の為に変革の行動を起こす事によって意味があります。私の子供も年頃になり、行動するメリットを考えるようになりました。親として複雑な心境ですが、現在の大人もメリット・デメリットを考えて行動します。でも、人の為に行動する事で他の勇気ある一歩が踏み出せる信念を持つきっかけになるきっかけになる事を願います」と述べた。

 

 

 

 

 

IMG_1079.JPG
3日間、長丁場の内容だったが、終わった時は、皆晴れやかな表情で話も尽きないようだった。

 

 

 

 

 

 

 

(取材:山崎貴臣/奥稔/有島一寛)