KJC NEWS!エントリー

未来を創る当事者となれ!~変革の能動者育成セミナー~開催!   <2日目>

IMGP0019.JPG

 7月18日(日)変革の能動者セミナーの2日目が開催された。2日目のこの日は、「学ぶ」をテーマに実体験をもとにした講義が行われた。
約30名の参加者それぞれが希望した体験学習を行った。これは既に行動を起こしている方より、その志と目的や具体的活動を通してどのような活動を行っているかを実際に体験した。

 

 

 

 

画像1 002.jpg

 一つは「さとやま」にて、川探検や山林の自然観察を通しての講義が行われた。日差しの強い暑い日にもかかわらず、山の中はとても涼しく川の水はとても冷たい。そして非日常を感じながら参加者は、野山の自然を体いっぱいに感じながら様々な話に耳を傾けていた。

 

 

 

 

 

IMGP0049.JPG

 もう一つは東川隆太郎氏を講師に迎え「かごしま探検の会」と題し、慈願寺地区探訪と歩いて学ぶ史跡で鹿児島の文化歴史活動を行った。「まちづくり」という言葉には、物的・人工な地域形成を総合した意味が込めらています。このまちづくりを考える場合には、それぞれの土地固有の地理・歴史的特性に立脚した取り組み不可欠。「地理・歴史を学び、まちづくりを考えるNPO」をキーワードに、公益性の高い活動を行う事を目的としているとのことだった。

 

 

 

画像1 072.jpgのサムネール画像

 また、講演では、日頃から町内会の方々との親交を深めながらボランティアガイドの育成や子供ガイドの育成などを手掛けていることが述べられた。東川氏は「僕は、苦労していません。頑張らないというスタンスです。地域にとって大事なことや、出来る事から少しずつ始めていけばいい」と語った。

 

 

 

 

IMG_1744.JPG
 懇親会では今回、口蹄疫の関係で中止となった、有機農業体験の講師である大和田明江さんも参加しその必要性をご説明いただいた。
「今回は口蹄疫の関係で、このプログラムが中止となりましたが、私は有機農業の普及に努めております。農薬は様々な中毒もある。有機野菜の普及は本当に大事なことです。これは体と土は一体であるという考えが大前提です。農薬での生産者の農業中毒問題や地力低下現象は、今大問題で、これは人体実験にひとしい。有機野菜の生産は手がかかり本当に大変ですが、これからどんどん広まって行くべきです。」と語った。

 

 

IMG_1754.JPG
 その後、参加者の方々と講師の方々との懇親会が盛大に行われ、参加者の体験談や感想も発表された。
最後に土屋委員長は、「今年初めて取り組みました、変革の能動者育成セミナーですが、地域の為に活動されているそういう先駆者の方はたくさんいます。是非このセミナーを通して気づきや学びを得て”一歩踏み出す勇気”を持って下さい。「知る」「学ぶ」「行動する」という事で今回のプログラムを組み立てて、明日までありますがどうぞお付き合い頂き変革の能動者として行動人になって下さい。」と締めくくった。

 

 

 

 

 

(取材:有村正輝・迫裕一郎・下鶴隆央)

 

 

 

前の記事 :
未来を創る当事者となれ!~変革の能動者育成セミナー~開催!   <1日目>
次の記事 :
未来を創る当事者となれ!~変革の能動者育成セミナー~開催!   <3日目>