KJC NEWS!エントリー

2010年度 鹿児島祗園睦会総決起集会

 

IMG_1517.JPG
 7月4日(日)ジェイドガーデンパレスにて2010年度鹿児島祗園睦会総決起集会が開かれた。場外から「ソイヤ!」の掛け声と共に、各神輿の”纏”が元気よく登場し、今回当番神輿である、八番神輿と六番神輿の司会により総決起集会が開会した。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0784.JPGのサムネール画像
 まず始めに物故者黙祷後、祇園睦会の大脇総代による挨拶が行われ「口蹄疫問題は予断を許さない状況にあるが、身体で感じて奮起を促し、次の世代へ継承できるのがおぎおんさぁであり、気合がこもり、腹の据わったおぎおんさぁを実施したい。」と述べられた。その後来賓による挨拶があり、鹿児島青年会議所シニアクラブの柴立鉄彦先輩の乾杯により、和やかな雰囲気の中、懇親会になり参加者同士の意見交換・歓談が行われた。

 

 

 

 

IMG_1554.JPGのサムネール画像

 また、最後には上町・下町の笠鉾の方々や捌き方からそれぞれ挨拶と、一番神輿から八番神輿までの決意表明があり、一番神輿である鹿児島青年会議所は下田勝利理事長は「一番神輿を必ずや八坂神社まで届けることを約束します。」と力強く決意表明し、続いて堀之内頭からは、「鹿児島青年会議所272名、心をひとつにして愛のある思いのしみこんだ神輿を担ぎ、熱い夏を盛り上げます。先人・先輩へ感謝の気持ちを忘れずに先輩達がやってきたとおりにやれば、必ず無形文化財になると信じています。」と意気込みを語った。

 

 

 


 

IMG_1575.JPGのサムネール画像
 最後に宮城先輩より「口蹄疫問題などありますが、みなさんの決意を聞いていますと、必ずや立派なおぎおんさぁができると思います。終了後うまい酒が飲めるようみんなでおぎおんさぁを成功させましょう」と締めくくり、全員で「おどま薩州」を大合唱し2010年度鹿児島祗園睦会総決起集会は閉会した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0924.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 

 

 

 

<写真:迫田 章>

<記事:増田浩章・伊賀上健司>

 

前の記事 :
第24回桜島・錦江湾横断遠泳大会 第6回実行委員会
次の記事 :
第7回 愛のあるまちビジョン策定会議が行われました。