月別アーカイブ

2010年8月

CIMG0515.JPG
 8月29日(日)熊本県営八代運動公園野球場において「九州地区野球大会」が開催され、鹿児島JC野球部が鹿児島ブロック代表として出場した。野球部ではこの大会へ向け数多くの練習を行い、また大会前日の28日に熊本入りするなど、準備万端、並々ならぬ気合で大会に臨んだ。

 

 

 

CIMG0506.JPG 初戦の対戦相手は、昨年度覇者・武雄JC(佐賀)。大変厳しい組み合わせとなったが、日ごろの練習そのままに、非常に高い士気で試合に挑んだ。

鹿児島JC先発メンバーは以下の通り。

 1番(左)辻、2番(中)脇田、3番(遊)伊賀上、4番(一)嶋、5番(捕)川畑直、6番(右)嶽釜、7番(二)福迫、8番(指)川畑真、9番(三)杉原 

 

 

CIMG0524.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 先発投手は久保副理事長。注目の立ち上がり、初回を無安打無失点と上々の滑り出しを見せる。2回は、不運な安打や失策もあり、武雄JCに先制点を許すも、コーナーを使い分け、打たせて取る熟練の投球術で、2イニングを投げ切り先発の役目を十分に果たした。

 

 

 

 

 

CIMG0555.JPG
 3回からマウンドに上がった伊賀上君は、多彩な変化球を駆使した、緩急あるピッチングで2イニングを投げ4奪三振の好投。リリーフとしての役目を果たして味方打線の反撃に期待を残した。

 

 

 

 

 

 

CIMG0550.JPG
 
 鹿児島JC自慢の強力打線は、3回まで相手投手の好投の前に沈黙していたが、投手が交代した4回、遂にその攻撃力が爆発する。 代打・上村君、伊賀上君の連打で一死一三塁のチャンスを作ると、打席には頼れる4番・嶋君。ショート深くへ痛烈な打球を放つと自慢の快足を飛ばし、反撃の狼煙となる打点を挙げる。川畑君も続き、一死満塁の大チャンス。ここで、ベンチは二塁走者・嶋君に代え、代走に丸山室長を起用。この一戦に懸ける執念を見せた。
画像 039.jpg

押せ押せのムードの中、大量得点が期待されたが、立ち直った相手投手の前に後続が倒れ、追加点にはならなかった。
 

 

 

 

CIMG0563.JPG
 残念ながら4回終了時点で、時間切れのため試合終了。惜しくも敗れ、全国大会出場はならなかった。
敗れはしたものの、昨年度覇者相手に堂々の熱戦を演じたことで、来年以降への大きな期待を残して、大会終了となった。

本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

(記事:下鶴隆央)

(写真:有村正輝 / 迫田章)

 

 

 

 

 

画像1 011.jpgのサムネール画像

 8月24日(火)城山観光ホテルにおいて、現役メンバー・シニアクラブのメンバーが参加する中 2010年度 社団法人鹿児島青年会議所 第2回通常総会が開催された。
 下田理事長の挨拶では、「2010年度も2/3が過ぎようとしております。私は本年「愛と変革」という、この2つをキーワードを胸に皆様方と共に走りつづけられる事を、本当にうれしく思っております。7月8月と言うのは、例年ならばJCの熱い夏と呼

総会2 010.jpgのサムネール画像のサムネール画像
ばれる時期です。今年は、3月頃から「口蹄疫」の問題で、いくつかの事業、又ブロック大会、地区大会が延期、中止となりました。理事長として事業、大会が延期、中止になる事は本当に残念でした。ですが、残された2010年度で出来るならば、いろんな形で、それぞれ思いでJC活動に取り組んでいただきたいと思っております。我々鹿児島JCとして、JCの暑い夏はまだ終わってないと言う事を是非、心に止めておいてほしい。ブロック大会、地区大会、鹿児島JCの事業も残っております。是非一つ一つを取りこぼしの無い様、委員会一丸・LOM一丸となって、「愛と変革」を武器に前向きに取り組んでほしい。」との挨拶があった。

 その後、2010年度の下記の案件についての決議が行われた。内容は下記のようだった。

第1号議案 2010年度(社)鹿児島青年会議所 議事録署名人に関する件
第2号議案 2010年度(社)鹿児島青年会議所 第1回通常総会議事録承認の件
第3号議案 2010年度(社)鹿児島青年会議所 一般会計補正予算(案)の件
第4号議案 2010年度(社)鹿児島青年会議所 登録料等分担金補正収支計画書(案)の件
第5号議案 2011年度(社)鹿児島青年会議所 理事長選任の件
第6号議案 2011年度(社)鹿児島青年会議所 理事選任の件
第7号議案 2011年度(社)鹿児島青年会議所 監事選任の件

そして、全ての案件について承認された。

 

 

総会2 013.jpgのサムネール画像

 また、2011年度(社)鹿児島青年会議所 理事長選任の件については、選挙管理委員長 迫田晃司君より、2011年度の理事長に末永考君の当選。2011年度(社)鹿児島青年会議所理事選任の件については、19名の立候補を受理。8月理事会において指名理事3名及び推薦理事3名、計25名が承認。又、下田勝利理事長より2011年度監事選任の件については、8月理事会において3名が承認された旨が報告された。
 

 

 

 

 

総会2 017.jpgのサムネール画像

 その後、2011年度(社)鹿児島青年会議所 理事長予定者の末永考君より「2010年度の事業にコミットし、2011年度の立上げをしっかりと出来る様に準備をして参ります。今後ともよろしくお願いします。」と挨拶があった。

 

 

 


 

総会2 019.jpgのサムネール画像

 監事講評では福永憲章監事より、「皆さんそれぞれの立場で、それぞれで役割を担って一つステップアップして下さい。是非皆さんも理事役員になれる様に思いをはせていただきたい。」との言葉を頂いた。

 

 

 

 

総会2 025.jpgのサムネール画像

 最後にシニアクラブ代表挨拶では、津曲貞利先輩より「リーダーとは、必ずしも成功者、有名人だけではありません。沈みかけた船にも、再起不能の会社にも、負け続けのチームにもリーダーという者は必要であります。リーダーは一人ではありません。皆様方一人一人が、リーダーとしてリーダーシップを発揮してください。リーダーは、リーダーとしての正しい心、正しいミッション、正しい目標を設定する力が必要となります。またリーダーは、スタッフからの信頼を得られる事が前提であります。皆様がリーダーとして、リーダーシップをとって豊かな社会を切り開けるよう祈っています。」との挨拶を頂き。2010年度の第2回通常総会は閉会となった。

 

総会2 032.jpgのサムネール画像
又、引き続き、新入会員の承認式が行われた。新入会員41名の仮会員が正会員として承認され、バッチ授与がなされた。
その後、新入会員代表として同期会会長下鶴隆央君から「新入会員同期が、仮会員として入会致しまして、3ヶ月がたとうとしております。この3ヶ月の中で各事業、各委員会でのJC活動を通じ我々一人一人の成長の機会を与えて頂いた事に心より感謝しております。新入会員一同、正会員として、ふさわしい責務、立ち振る舞いが出来る様に日々努力をして参ります。」との表明があった。
そして、懇親会へ移っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

(記事:迫裕一郎)

(写真:山之内隆夫/鵜木利成)

 

IMG_1954.JPG
  8月1日(日)「第24回桜島・錦江湾横断遠泳大会」が開催された。今年は165チームがエントリーし、うち半数は県外からの参加となり、北は関東から南は沖縄まで、日本中からスイマーが集まった。

 

 

 

 

 

IMG_1976.JPG

 当日は やや曇り気味の晴れという、遠泳には絶好のコンディションとなった。まず、毎年恒例の月読神社による安全祈願祭が執り行われた。選手はもちろん、スタッフ関係者一同、大会が無事成功するようしっかり願った。のちに開会式が行われ、名誉会長である森博幸市長からも激励の言葉があった。「素晴らしい天気に恵まれ 第24回錦江湾横断遠泳大会が開催されて嬉しく思います。昭和62年から始まり回を重ね

IMG_2000.JPG

る毎にどんどん大きくなり、今では海外からの参加もある素晴らしい大会になりました。ゴールの磯海水浴場に向かってチーム一丸となって頑張って下さい。また大会が終わりましたら、鹿児島の温泉など入り、魅力に触れて帰ってもらえれば幸いです。」と述べた。

 

 

IMG_2261.JPG
 今年はデモンストレーションとして、鹿児島を代表するスイミングチームとメダリストの宮下純一さんが参加し、「自分自身は14年振りの参加で緊張してます。皆さんゴール目指して頑張って下さい。」と参加者へエールを送った。
 まずデモンストレーションチームが錦江湾へ飛び込んだ。他の選手もメダリストが、どんな泳ぎをするのか興味深々といった様子で、その泳ぎを一目見ようと堤防から身を投げ出して錦江湾に目を向けていた。

 

 

 

 

IMG_2063.JPG
 いよいよスタートだ。桜島の小池海岸より、午前10時から5分おきに10チームずつが次々と錦江湾へと飛び込んで行った。この大会では、4名1チームで泳ぎ、手をつないでゴールしてタイムを競い合う。それぞれのチームには、伴走艇に乗った監督とアテンダントスタッフの指示のもと、互いに励ましあいながら、鹿児島市の磯海水浴場を目指す。伴走船から、監督が選手たちにエールを送りながら、ゴールへの方向を指
IMG_2095.JPG
示する。今年は、風がやや強いのと潮の流れが、湾内に流れていたため、選手たちが流された。それを、途中のチェックポイントを起点に、随時方向を修正しながら泳ぎきるのだ。

 

 

 

 

 

IMG_2209.JPG
IMG_2235.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2278.JPG

 

 午前10時35分、最初のチームが磯海水浴場に現れると、ゴール周辺からは大きな歓声があがり、拍手の中最初のチームがゴールした。選手達は、へとへとになりながらも完泳した達成感で喜びに沸いていた。その後も次々と参加者はゴールし、13時30分過ぎには全てのチームが完泳しました。また、ゴール地点での中継司会や表彰式では、MBCの吉俣豊重さんが総合司会を

IMG_5277.JPG

務めてくださった。

 

 完泳した選手は「本当に気持ち良かった。 また来年も参加したい」と歓喜の声と、笑顔と達成感があふれていた。

 

 

 

IMG_2403.JPG

  

 伴奏船・ボート・ジェットスキー・アテンダント等、延べ1,000名以上の協力を得て大会は無事終了した。
 今年のドラマスティック・エンエイは2010年のドラマを描きTHE END。

 

 

IMG_2558.JPGのサムネール画像
 

 

 

 

選手の皆様はもちろん!これまで、大会開催に向けて、多くの方が尽力してきた、この2010年の第24回度桜島・錦江湾横断遠泳大会。本当にご苦労様でした。

 

 

 

 

(取材:JC運動発信委員会)

 

 

 

 

 

 

  • 1