KJC NEWS!エントリー

「愛かごフェスタ2010~家族愛、再発見。~」開催

 
IMG_2886.JPGのサムネール画像
 9月19日(日)ウォーターフロントパークにて「愛かごフェスタ2010~家族
愛、再発見。~」が開催された。この事業は、「愛のあるまち鹿児島」の実現に向け、「家族愛」を再発見すると共に、様々な“愛”を感じてもらおうと開かれたもで、会場内には15のブースが出展。残暑の名残をのこす秋晴れのもと、多くの親子連れが参加した。

  

 

 

 

IMG_2791.JPG
 開会式では、社団法人鹿児島青年会議所の下田勝利理事長が、「鹿児島青年会議所として当事業を通して日常の生活ではつい見過ごされがちな「家族愛」「親子愛」を鹿児島県民の皆様へ発信して行きたいと思いますので、本日は皆様どうぞ“愛”を深められるよう楽しんで行って下さい」と開会の挨拶を述べた。

 

 

 

 各ブースでは、「IH親子料理教室やキッズ・フリーマーケット」など様々な催しが行われた。「IH親子料理教室」では、親子連れの参加者がIH調理器を使って、身近な材料を用いた郷土料理づくりにチャレンジした。

 調理後は、親子で実際に試食し、参加者からは「普段は、親子でいっしょに料理をすることが少ないので、親子がふれあういい機会になった」という声が寄せられた。

 

 

IMG_5289.JPGのサムネール画像

 

「キッズ・フリーマーケット」では、自分自身の使わなくなったおもちゃ・ぬいぐるみ・絵本・トレカなどを持ち寄った子どもたちが「いらっしゃいませ」等と声を掛け、それを見に来た、お客の子どもたちも立ちどまって商品に見入っていた。物の大切さ・お金の大切さを学ぶ貴重な体験となったようだ。

 

 

 

 

IMG_5301.JPG

IMG_2857.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2935.JPG

 メインフォーラムでは、若干12歳で「170万人に1人」と言われる悪性の脳腫瘍で短い人生を終えてしまった、本田紘輝君のお母さんであります、本田奈穂美氏による講演があった。講演では、作品展について「一点一点をじっくりと見て頂る設営になっていて、紘輝の思いが伝わる良い作品展になった」と感謝の言葉を述べられた。また作品については、『「思い」を込めた作品で見ていただく方にその思いを感じて頂きたいですし、残された家族としても、作品や見て頂いた皆様からも生きる力を頂いております。命の尊さや生きている喜び、残された家族の絆を大切にして生きて生きたいです』と締めくくられた。

 

 

 

IMG_2951.JPG

 最後に、社団法人鹿児島青年会議所の下田勝利理事長より、「本日はお忙し中貴重なお話をご講演下さいましてありがとうございました。改めて家族愛の大切さを考え直さされました。これからもどんどん“愛”を発信して行きたいと思います」とお礼の言葉を述べられた。

 

 

 

 

 

IMG_2971.JPGのサムネール画像 無事に大きな事故もおこる事も無くけが人等も出ず、多くの方々に、ご参加頂きましてありがとうございました。皆様最も“大切なひと”である「家族」への「愛」を再確認して頂けましたでしょうか。私たち社団法人鹿児島青年会議所はこれからも、鹿児島から日本全国・世界に“愛”を発信していきます。皆様もまずは身近な家族から“愛”を感じて下さい。

本日は本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

~取材班(写真・記事)~

(迫田 晃司/山之内 隆夫/有島 一寛/有村 正輝/奥 稔/迫田 章/下鶴 隆央/島津 忠裕/山下 善久/伊賀上 健司)

 

 

 

 

 

 

前の記事 :
愛かごフェスタ2010~家族愛、再発見。~
次の記事 :
第36回鹿児島ブロック会員大会開催