KJC NEWS!エントリー

錦江湾キッズ倶楽部!!

 

IMG_2767.JPG
 9月11日(土) 姶良市重富海水浴場にて錦江湾キッズ倶楽部が開催された。残暑の残る秋晴れの中、県内の小学校から元気な小学4・5年生が約30人が集まった。

 はじめに久保副理事長から「鹿児島のいい所である錦江湾を知ってもらいたいです。本日、体験してくれた子供達が錦江湾の良さや素晴らしさに気づいていただき、そして同時に本日の私達、鹿児島JCの活動を見て知ってもらう事で皆さんが大きくなったら、素晴らしいリーダーとなって欲しいです。本日は、怪我の無いよう無事一日楽しんで下さい」と述べた。

 

 

 

 

 
IMG_2627.JPG
 1部は、くすの木自然館理事長 立山芳輝氏により、海を学ぶ「体験型学習」が行われた。

 カワセミの模型・桜島の噴火の様子・あまり知られていない錦江湾の夜明けの美しさ・錦江湾は意外と深いこと、そして様々な生き物が生息している事を、子供たち目線で分かりやすく、模型・図・ホワイトボードを使いながら、自分たちで考えながら学習する姿が印象的だった。興味津々な

IMG_2629.JPGのサムネール画像のサムネール画像
子供たちは、立山理事長の話を熱心に聞き入っていた。

 

 

 
 

 
 

IMG_2681.JPG
 第2部は「海で遊ぶ ペットボトルでいかだを作ろう」をテーマにした体験学習プログラムだった。子どもたちは3班に分かれてペットボトルやベニヤ板など日常品を材料にした「いかだ作り」に挑戦した。

 ガムテープの巻き付けや、ロープの結わえ付けなどに悪戦苦闘する一面もあったが、インストラクターである「海を活かしたまちづくり委員会」メンバーの指導・アドバイスのもと、楽しみながら、互いに協力し合って製作に熱中していた。そして製作開始からおよそ40分後に完成。

 

 

 

IMG_2714.JPG
 子どもたち全員で、ライフジャケットを着装して、いかだを海にくり出した。「本当に浮かぶのかなぁ」「自分が乗っても大丈夫かなぁ」という不安もあったが、すべてのいかだが無事に「進水」。夏の面影を残す鋭い日差しの中、子どもたちは力作のいかだの上で、海にふれ合い歓声をあげた。

 秋晴れの下、穏やかな水面をたたえる錦江湾の向こうに、桜島を望む雄大な自然に包まれながら、普段は廃棄物とみていたペットボトルをいかだに活用して、自然にふれ合った子どもたち。日常生活ではなかなか体験できない、環境意識を啓発された貴重な学習プログラムとなった。

 

 


IMG_2737.JPG

 第3部は海を守るをテーマに「ビーチクリーン活動」が行われた。
 鹿児島大学水産学部の藤枝繁氏が講師を務められ、参加者はまず10分間海岸の清掃活動に汗を流した。その後、集めたゴミをペットボトル、ガラス、プラスチック等細かく分類、数量を記録し海岸にどのようなゴミが漂着しているか調査した。子供たちは「意外にゴミが多かった」「破片になったものが多かった」ときれいに見える海岸も意外に細かいゴミが多いことに気づいた様子だった。

 

 


IMG_2756.JPG

 また、講師の藤枝氏は紙芝居「DASA9(ダサナイン)&うみそうじん」を使い、漂流ゴミの野生動物への影響や、山口県でのビーチクリーン活動を紹介し「海のゴミの特徴は、日常使うものが破片になったものが多いということです。最初は1つだったゴミも海にでると数が増えてしまいます。みなさんもゴミを出さないようがんばってください」と子供たちに訴えた。
 子供たちの参加した当事業も、3部で以て全てのプログラムが終了した。最後に濱川委員長が「今後も今日勉強したことを思い出して、錦江湾キッズとして海を愛する人になってほしいと思います。」と締めくくった。

 


 

IMG_2775.JPG

 また、第3部終了後に、NPO法人くすの木自然館理事長 立山芳輝氏、鹿児島大学水産学部 藤枝繁氏、かごしま磯ライフセービングクラブ代表 山下丞氏とJCメンバーで「錦江湾に目を向けて、自分たちにできること!!」をテーマに座談会が行われた。
 現在の錦江湾での取り組みや、今後の活動展開についてという点で、前述の3氏を中心に、事例紹介や意見交換が行われた。その中で、立山氏が錦江湾の国立公園化について語られ、「国立公園になることで広く情報発信できると思います。皆さんのビジネスにからめて展開することで、海に対する意識も、変えていくことができると思いますので、そういう取り組みを今後期待します。」と述べた。また、ビーチクリーン活動についても語られ、今後JCでリーダー養成等できたらいいのではないかといった意見が出た。
 最後に、コーディネーターを務めた村山室長が「今日は子供たちも喜んでくれ、非常にいい1日だったと思います。彼らが今日のことを思い出し、錦江湾をもっと愛してくれればいいと思います。」と感想を述べ会を締めくくった。

 

 

 

 

 

(取材:島津忠裕 /奥 稔/山崎貴臣)

 

 

 

 

 


 

前の記事 :
第8回 愛のあるまちビジョン策定会議
次の記事 :
鹿児島祇園睦会 「おぎおんさぁ」反省会開催