KJC NEWS!エントリー

10月例会「子どもはすべて天才だ。子どもの秘めた可能性。」

 
画像 013.jpg
 10月26日(火)城山観光ホテルロイヤルガーデンにて、「ヨコミネ式教育法」で知られる、横峯吉史氏を講師に迎え、10月例会「子どもはすべて天才だ。子どもの秘めた可能性。」が開催された。

 

 

 

 

 

 

 

総会 105.jpg

 はじめに下田理事長が開会の挨拶として、「自分自身を見つめ直す良い機会であり楽しみにしております。」 続いて下田理事長は先日の奄美豪雨災害に触れ、「私も現地で救援活動に従事してきましたが、8・6水害に匹敵する状況で、非常に心が痛みました。奄美の方々は一生懸命復旧に向け取り組んでおられます。みなさんもぜひ、自分に何ができるか、考えてみて下さい。会場では奄美豪雨災害復旧支援募金も募っておりますので、ぜひご協力をお願いします。」と述べた。


 

続いて生きる力醸成委員会の渡委員長より主旨説明があり、「子ども達が大人として自立していく為には、自主的な学習によって、吸収力を十分に働かせ、自らの可能性を広げていく必要があると考えます。子ども達の自立は、ひいては未来の担い手を育成することに繋がり、明るい豊かな社会をつくる実践者となっていくと考えます。」と語った。

 

 総会 048.jpg

 横峯氏の講演では、まずプロゴルファーの横峯さくら選手を例にとり、「綺麗事、建前がなかった。だから子どもは育つ」 や「如何にモチベーションを上げるか = ムキになって練習をする気を起こすか、に腐心した」ことを説明した。
そして会場の母親の皆様に、「いい母にならなければならない、という社会のプレッシャーがあるが、子育てはムキにならずに『片手間』でやるもの」と呼びかけた。

続いて横峯氏が子どもの教育を行う上で実践しているポイントを3つ挙げて説明した。

 
総会 062.jpg

1.「人生経験、現場、そして先人の知恵に学ぶ」
⇒ 子どもは先が見えない。先が見える大人が、先を考えて導く。

2.「責任」
⇒ 現状、教育者は親に責任をかぶせて責任を取っていない。横峯氏の保育園では、全て自分の子・孫と同じく、卒園後も子どもの動向を気にかけているとのこと。

3.「目的」
⇒ 人間として自立できることを目指している。その上で、「知識を身につけるだけではなく、『考える力』を身につけることが必要」と述べ、その前提となる『学ぶ力』すなわち昔で言うところの『読み・書き・そろばん』であるとして、それらの重要性を述べた。

 

 

 

 

総会 071.jpg
 講演終了後は質疑応答が行われ、一般参加の市民の皆様から積極的な質疑が行われた。
子どもの教育に対する関心が非常に高いことが伺われる光景だった。

講演ならびに質疑応答が終了し、下田理事長より「毎日続けていくことが大事だと感じました。少しでも子どもと向き合う時間を作り、鹿児島の未来を担う子どもたちを育てていければと思います。」と謝辞が述べられ、記念品として掛時計が贈呈された。

 

 

 

 

総会 127.jpg

 渡邊監事による監事講評では、「一般市民の方々の教育に対する関心、意識が非常に高いことが伺われ、市民の皆様に興味を持って頂ける例会を開催できたことを、非常に嬉しく思います。さまざまな事業を開催している中で、これまで『教育』という問題は専門的ということもあり、なかなか触れることができていなかったが、今回貴重な機会となりました。」と述べた。

 

 

 

 

 

 

総会 001.jpg

会務報告では、地区出向者・ブロック出向者を代表して、宮田地区委員長、山元ブロック運営専務より、奄美豪雨災害への復旧支援ならびに募金への協力のお願いが行われた。

今回の10月例会での募金金額は、101,543円になりました。

皆様方のご協力誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

(記事:下鶴隆央/迫裕一郎)

(写真:奥 稔 /伊賀上健司)

 

 

 

 

 

 

 

前の記事 :
正会員研修 開催
次の記事 :
2010年度 世界会議 開催