KJC NEWS!エントリー

11月例会東国原英夫奮闘記~私が走り続ける理由~

CIMG0759.JPGのサムネール画像

 11月21日(日)17:00より城山観光ホテルのロイヤルガーデンにて11月例会「東国原英夫奮闘記~私が走り続ける理由~」が開催された。今回は、宮崎県知事である東国原英夫氏を招き、公開例会形式で行われた。

 

 

 

 

 

CIMG0721.JPGのサムネール画像
 開会にあたり、主催者を代表して社団法人鹿児島青年会議所の下田勝利理事長より「前回の例会の際にも、奄美豪雨災害の募金活動にもご協力頂きましてありがとうございます。本日は先日の口蹄疫被害の宮崎県のトップリーダーとして多大なるお力を発揮させれました、東国原知事をお招きしましてご講演頂きます。お笑い芸人から県知事まで数々の経験をお話して頂けると楽しみにしております。本日は楽しんでお過ごしください」と挨拶された。

 

 

 

IMG_3420.JPGのサムネール画像
 東国原知事の講演では、はじめに「先日見舞われました口蹄疫被害の際には、鹿児島県を初め、隣県の皆様にご迷惑・ご心配をお掛けしまして、申し訳ありませんでした。その間、多大なるご支援・ご尽力を頂きましてありがとうございました。宮崎県も再生復興に向け頑張っておりますので、これからも変わらぬご支援ご協力お願い申し上げます」とご挨拶された。その後は、知事・芸人時代の体験談を面白おかしく、わかりやすい言葉で笑いを交えながら語られた。小学校卒業の際、”その当時の先生に政治家とお笑い芸人になりたいと夢を語り、なぜかと問われると、”二つとも人を幸せにする仕事だから”と回答し、その夢を実現された。知事となり行政を取り仕切るにあたり、師匠でもあります、ビートたけし氏の人の動かし方が今も生きていることや、山本五十六氏の「やってみせ言って聞かせてさせてみて ほめてやらねば 人は動かじ」IMG_3456.JPGのサムネール画像「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」という言葉が今の自分に生かされていることが語られた。終始会場は笑いに包まれて、市民の方々も満足な表情だった。
 
 


 

 

 

 

 

 

IMG_3490.JPGのサムネール画像 最後に 主催者を代表して社団法人鹿児島青年会議所の下田勝利理事長より「本日は、御公務のお忙しい中、我々鹿児島県民の為に、お越し下さいまして本当にありがとうございます。東国原知事のバイタリティー溢れる、元気・やる気が知事が走り続けてる源なのかと感じました。我々も伊藤知事と協力の基、鹿児島県の為に頑張っていきたいと思います。」と、謝辞を述べた。

 

IMG_3495.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3496.JPGのサムネール画像
 講演後の例会では、久保副理事長が「本日の例会はいかがでしたでしょうか?私が走り続けるわけと題し、東国原知事のエネルギッシュなお話を頂戴し、我々JCももっと頑張らなければと感じました。」と挨拶を述べて締め括った。

 

 

 

 

 

 

 

<写真:迫田 晃司・奥 稔・迫 裕一郎> 

<記事:伊賀上 健司>

 

 

 

 

 

 

 

前の記事 :
JCI KOREA ICHEON公式訪問 ~愛、そして未来へ2010~
次の記事 :
クリスマス家族会&卒会式が開催!!