月別アーカイブ

2010年12月

 

IMG_5379.JPG
 平成22年12月14日(火)城山観光ホテルにて、現役メンバーならびにシニアクラブメンバーが参加し、2010年度社団法人鹿児島青年会議所第3回通常総会が開催された。
 はじめに理事長挨拶において、第56代理事長下田勝利理事長が、「まずは、2010年度が皆様方のおかげで無事に終了できます。本当にありがとうございました。」と感謝の言葉を述べた。また、「この1年間、社団法人鹿児島青年会議所は何を与えてくれましたか。また、皆様方は何を貢献してきましたか。それぞれの与えられた役職を自分の持っている力の120%をだしてチャレンジしてきたでしょうか。」と問いかけられ「同じ1年間であるならばチャレンジしてきた者がJCがその人のためになっているのだと思います。」と述べた。さらに、卒会するメンバーに対し「これからが本格的なまちづくり、地域づくりです。形は様々でしょうが、必ずや皆様方がご活躍されることを信じております。」と言葉を送り、また現役で残るメンバーには理事長として贈る最後のメッセージとして「2011年度は、今年以上のエネルギー、影響力そして説得力を持ったJC運動を行っていって、今年以上の活躍をしてほしいと思います。」と述べた。

 

 

IMG_5391.JPG

 

 

 

その後、議長の選出、定足数の確認に続き、以下の議案が審議された。

 

 

 

 

 

第1号議案 議事録署名人に関する件
第2号議案 2010年度 (社)鹿児島青年会議所 第2回通常総会議事録承認の件
第3号議案 2010年度 一般会計補正予算(案)の件
第4号議案 2010年度 登録料等分担金収支計画書補正(案)の件
第5号議案 2011年度 事業計画(案)の件
第6号議案 2011年度 一般会計及び特別会計収支予算(案)の件
第7号議案 2011年度 登録料等分担金収支計画書(案)の件

 
 2010年度補正予算については冨川正博専務より、2011年度予算については有川達也専務理事予定者より説明があり、満場一致で承認を得た。
 

 

 

IMG_5393.JPG
 また、2011年度事業計画については、末永考理事長予定者より説明があり、こちらも満場一致で承認を得た。その中で、末永考理事長予定者は「特定の個人のためでなく、みんなのためにやっていくのだという気持ちを改めてお伝えをしたいということで、来年度のスローガンは『みんなのために ~笑顔溢れる鹿児島・日本・世界に向けて~』とさせていただきました。是非、青年会議所を好きになり、参加し、深く知り、つらい時でも笑顔で1年間活動してほしいと思います。」と述べ、最後に「みんなのために活動するんだという気持ちを持って1年間活動しますので、皆様のご協力よろしくお願いします。」呼びかけた。

 また、全ての議案の後に報告事項として、冨川正博専務より公益社団法人鹿児島青年会議所 定款(案)をもとに公益社団法人格取得への取り組み状況が説明された。

 

 

IMG_5401.JPG
 引き続き、監事講評では福永純一郎監事が「皆さんJC楽しいですか。私の入会当時のJCは全員が私という人間を認めてくれる場であったと思います。是非JCを楽しんで来年以降がんばってください。」と述べ、入会当時のJC宣言を読み上げ、「是非今のJC宣言をもう一度読み、今後のJC活動に反映していってください。」と締めくくった。

 

 

 

 

IMG_5404.JPG

 最後に、シニアクラブ代表挨拶では、津曲貞利先輩が「今年は、口蹄疫等で年間スケジュールが歪んでしまった中、迅速かつ的確な判断をし、きちんとした実績を残した1年だったと思います。」と1年間を労われ、また末永考理事長予定者へ、「理事長になって一番大切なことは1年間スタッフ、会員、市民へ少しの不安を抱かせることなく、大過なく過ごすということであると思います。是非、笑顔溢れる鹿児島・日本・世界を目指して全力で走っていただきたいと思います」と言葉を贈った。最後に卒会するメンバーへ「JCで多くのことを学んだと思いますが、市民としての社会的責任こそ最大の学びだったのではないでしょうか。これは卒会してからこそ活かされるものだと思います。また、家族との時間など失ったものについても考えてみてください。その失ったものに対して、得たものを還元、活用してこそJCでの経験が宝となるのだと思います。これからも地域、日本のために邁進していただきたいと思います。」と言葉を送られ、2010年度の第3回通常総会は閉会となった。

 

 

その後 懇親会が行われ、吉村直前理事長の挨拶により乾杯が行われた。

IMG_5416.JPG

 

 

 

 

 

 

今年卒会される先輩方による、

「ワンワン会」による、クリスマスパーティーのお礼並びに謝恩会の案内

IMG_5419.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_5427.JPG
今年のJCを100%出席の表彰

 

 

 

 

 

 

IMG_5475.JPG
理事長バッジの引継ぎ式など 今年のJCを締めくくる内容が行われた。

 


 

 

 

 

 

IMG_5499.JPG
最後は、若い我らの合唱で今年の第3回通常総会懇親会は締めくくられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(記事:奥  稔)

(写真:下鶴隆央/山之内隆夫)

 

IMG_3642.JPG 12月13日(月)アクアガーデンホテル福丸にて、「第11回愛のあるまちビジョン策定会議」が行われた。
 今回は、1年の会議の発表の場としてJCメンバー約30名が集まり、3部構成にてビジョン策定ついて振り返り、それぞれのビジョンを発表し、鹿児島JCとして今後どうあるべきかの討議が行われた。

 

 

 

 

IMG_3643.JPGのサムネール画像

 今までの会議の振り返りシートを読み返し、1年通して培ったビジョンについての見解をそれぞれ振り返った後、第1部は、議長の久保副理事長による「愛のあるまちビジョン策定会議報告並びにKJC構想2010愛のあるまち鹿児島の創造」をもとに「ビジョン策定とは」など、もう1度振り返り話をしていただいた。

 

 

 

IMG_3641.JPG
 第2部は、自分のビジョンや個人的見解を皆に向けて発表していった。
まずは理事長、副理事長方々の自分の考えるビジョンについて、また会議を行なってきての心の変化について語っていただいた。
 下田理事長より、垣根を越えた話ができ情熱をもった分子が増えてきたのかなと思える会議であったとの感想の後「国際について」のビジョンを例にの意見交換が行なわれた。
IMG_3644.JPG

 続いて末永副理事より、各委員会の事業が各委員会のものになっている現状の中、この会議を行なうことでビジョンを共有し全体の事業になりつつあることが良い点であったとの感想の後
「委員会について」のビジョンを例にの意見交換が行なわれた。

 最後に野元副理事より、ビジョンの根幹として過去を学び、今を見つめ向き合い、その上で未来に対して責任を持つことが必要である。

IMG_3645.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 良い方向に変化させていくことがビジョンであり、目標の連続性をつくりJCの立ち位置を自分たちで作っていく気概を持つべきであると見解を語られた。

 

 

 

 

 

 

IMG_3646.JPG
 
 
その後、場所を変えて会食をしつつ、1人1人ビジョンについて発表が行なわれた。
●次年度のビジョンは委員会名に出ているのではないか、それを決めるのが理事長の役割ではないかと思い重要性を感じている。 

●ビジョンとは方向性を決めゴールを決めることではないか、より遠く高いゴールをIMG_3657.JPG

決め多くの選択肢から選び向っていくことで達成感が高まる。

●鹿児島JCは現状を分かっているのだろうか、明確にビジョンを打ち出していくべきではないか。
●鹿児島JC組織内のビジョンとして組織内の活性化が図っていけたらと思います。

●ビジョンの担い手である人間がビジョンの魅力、可能性を信じられなくなってしまったら絵に描いた餅になってしまうので、

IMG_3661.JPG
しっかりと伝えていきたい。
 
などビジョンの個人的見解を発表しあった。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3669.JPG
 最後に議長として久保副理事長のビジョンを「地域に根ざした活動をしなければ、地域の声を拾い上げられない。もう1度地域に立ち返りビジョンを描いていくべきである。」と語られた。

 

 

 

 


IMG_3680.JPG

 渡邊監事より監事講評が行なわれ「ビジョンとは期限とゴールを決めて行動を起こしていく事、具現化していく可能性があるので来年も積極的に発言して盛り上げていってほしいと思います。」と述べられた。

 

 

 

 

 

IMG_3682.JPG
 次年度も「ビジョン策定会議」を続けていくことを誓い本年度の会議を終了した。

 

 

 

 

 

 

 

(取材:記事 有村正輝)

 

 

 


 

総会 005.jpgのサムネール画像
 12月5日(日)城山観光ホテルにて、2010年度(社)鹿児島青年会議所クリスマス家族会&卒会式が開催された。このクリスマス家族会は、JCメンバーとその家族が一堂に会し、お世話になった家族に感謝の意を表し、パーティを楽しむと共に、2010年で卒会するメンバーの門出を祝うものである。

 はじめに下田勝利理事長から「日頃からメンバーを支えていただいたご家族の方々心から感謝申し上げます。本当に有難うございました。皆さん一人一人が、一生懸命明るい豊な鹿児島のまちづくりの為に走って頂いた事に、理事長として大変誇りに思っております。今日はそんな家族の為にこのクリスマス家族会を準備しております。また、今年ご卒会されます25名のメンバーの皆様、本当にJC活動お疲れ様でした。後ほど卒業式も準備されておりますが是非、ご家族、メンバーとの最後の杯を交わして頂きたいと思います。」との挨拶がありました。

 

 

総会 019.jpgのサムネール画像
 今年のサプライズとして「マジシャン一世氏」のマジックが披露され子供達が身を乗出してマジックを見ていた。また、子どもたち向けへのプレゼントでは、メンバーが扮装したサンタクロースや人気キャラクターによる寸劇の後に、お菓子のプレゼントを配った。その後、メンバーや、家族へのプレゼント抽選会があり、様々なプレゼントに皆当たるのをわくわくし待ちかまえていた。

 

 

総会 045.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3550.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 楽しいパーティの時間が終わると、プレジデンシャルリースの交換式が行われた。 第56代下田理事長の胸から第57代末永理事長の胸にプレジデンシャルリースが受け継がれ、末永理事長も2011年へ向けての決意を新たに表明した。

 

 

IMG_3562.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3591.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 最後に卒会式が行われ、2010年度をもって卒会するメンバー一人ひとりが名前を読み上げられ、壇上へ登壇した。壇上へ上がる花道では、メンバーと家族がクラッカーを鳴らし、卒会を祝福しました。

 全卒会生が壇上へ登壇し終えると、下田理事長より2010年度卒会生代表として明瀬会長に卒会証書が授与された。その後、挨拶に立った明瀬会長は、「私たち25名は、鹿児島青年会議所を卒会します。これ

IMG_3598.JPGのサムネール画像のサムネール画像
からは、仕事や、家族サービスの方に専念したいと思います。皆さん本当にありがとうございました。」と挨拶を述べた。

 

 

 

 

 

 

IMG_3600.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 また1993年ご入会でJC歴18年の福永純一郎君から「色々お世話になりました。我々はJCを卒会します。皆さんJCを楽しんで下さい。本当にありがとうございました。」と挨拶が述べられた。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3619.JPGのサムネール画像
 2010年度の鹿児島JCを締めくくる、素晴らしい『クリスマス家族会&卒会式』はお開きとなった。
皆様、1年間本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(記事:迫裕一郎)

(写真:奥 稔 / 鵜木利成 / 山崎貴臣)

 

  • 1