KJC NEWS!エントリー

第11回愛のあるまちビジョン策定会議

IMG_3642.JPG 12月13日(月)アクアガーデンホテル福丸にて、「第11回愛のあるまちビジョン策定会議」が行われた。
 今回は、1年の会議の発表の場としてJCメンバー約30名が集まり、3部構成にてビジョン策定ついて振り返り、それぞれのビジョンを発表し、鹿児島JCとして今後どうあるべきかの討議が行われた。

 

 

 

 

IMG_3643.JPGのサムネール画像

 今までの会議の振り返りシートを読み返し、1年通して培ったビジョンについての見解をそれぞれ振り返った後、第1部は、議長の久保副理事長による「愛のあるまちビジョン策定会議報告並びにKJC構想2010愛のあるまち鹿児島の創造」をもとに「ビジョン策定とは」など、もう1度振り返り話をしていただいた。

 

 

 

IMG_3641.JPG
 第2部は、自分のビジョンや個人的見解を皆に向けて発表していった。
まずは理事長、副理事長方々の自分の考えるビジョンについて、また会議を行なってきての心の変化について語っていただいた。
 下田理事長より、垣根を越えた話ができ情熱をもった分子が増えてきたのかなと思える会議であったとの感想の後「国際について」のビジョンを例にの意見交換が行なわれた。
IMG_3644.JPG

 続いて末永副理事より、各委員会の事業が各委員会のものになっている現状の中、この会議を行なうことでビジョンを共有し全体の事業になりつつあることが良い点であったとの感想の後
「委員会について」のビジョンを例にの意見交換が行なわれた。

 最後に野元副理事より、ビジョンの根幹として過去を学び、今を見つめ向き合い、その上で未来に対して責任を持つことが必要である。

IMG_3645.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 良い方向に変化させていくことがビジョンであり、目標の連続性をつくりJCの立ち位置を自分たちで作っていく気概を持つべきであると見解を語られた。

 

 

 

 

 

 

IMG_3646.JPG
 
 
その後、場所を変えて会食をしつつ、1人1人ビジョンについて発表が行なわれた。
●次年度のビジョンは委員会名に出ているのではないか、それを決めるのが理事長の役割ではないかと思い重要性を感じている。 

●ビジョンとは方向性を決めゴールを決めることではないか、より遠く高いゴールをIMG_3657.JPG

決め多くの選択肢から選び向っていくことで達成感が高まる。

●鹿児島JCは現状を分かっているのだろうか、明確にビジョンを打ち出していくべきではないか。
●鹿児島JC組織内のビジョンとして組織内の活性化が図っていけたらと思います。

●ビジョンの担い手である人間がビジョンの魅力、可能性を信じられなくなってしまったら絵に描いた餅になってしまうので、

IMG_3661.JPG
しっかりと伝えていきたい。
 
などビジョンの個人的見解を発表しあった。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3669.JPG
 最後に議長として久保副理事長のビジョンを「地域に根ざした活動をしなければ、地域の声を拾い上げられない。もう1度地域に立ち返りビジョンを描いていくべきである。」と語られた。

 

 

 

 


IMG_3680.JPG

 渡邊監事より監事講評が行なわれ「ビジョンとは期限とゴールを決めて行動を起こしていく事、具現化していく可能性があるので来年も積極的に発言して盛り上げていってほしいと思います。」と述べられた。

 

 

 

 

 

IMG_3682.JPG
 次年度も「ビジョン策定会議」を続けていくことを誓い本年度の会議を終了した。

 

 

 

 

 

 

 

(取材:記事 有村正輝)

 

 

 


 

前の記事 :
クリスマス家族会&卒会式が開催!!
次の記事 :
第3回 通常総会が開催されました!!