月別アーカイブ

九州地区協議会: 2010年8月

CIMG0515.JPG
 8月29日(日)熊本県営八代運動公園野球場において「九州地区野球大会」が開催され、鹿児島JC野球部が鹿児島ブロック代表として出場した。野球部ではこの大会へ向け数多くの練習を行い、また大会前日の28日に熊本入りするなど、準備万端、並々ならぬ気合で大会に臨んだ。

 

 

 

CIMG0506.JPG 初戦の対戦相手は、昨年度覇者・武雄JC(佐賀)。大変厳しい組み合わせとなったが、日ごろの練習そのままに、非常に高い士気で試合に挑んだ。

鹿児島JC先発メンバーは以下の通り。

 1番(左)辻、2番(中)脇田、3番(遊)伊賀上、4番(一)嶋、5番(捕)川畑直、6番(右)嶽釜、7番(二)福迫、8番(指)川畑真、9番(三)杉原 

 

 

CIMG0524.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 先発投手は久保副理事長。注目の立ち上がり、初回を無安打無失点と上々の滑り出しを見せる。2回は、不運な安打や失策もあり、武雄JCに先制点を許すも、コーナーを使い分け、打たせて取る熟練の投球術で、2イニングを投げ切り先発の役目を十分に果たした。

 

 

 

 

 

CIMG0555.JPG
 3回からマウンドに上がった伊賀上君は、多彩な変化球を駆使した、緩急あるピッチングで2イニングを投げ4奪三振の好投。リリーフとしての役目を果たして味方打線の反撃に期待を残した。

 

 

 

 

 

 

CIMG0550.JPG
 
 鹿児島JC自慢の強力打線は、3回まで相手投手の好投の前に沈黙していたが、投手が交代した4回、遂にその攻撃力が爆発する。 代打・上村君、伊賀上君の連打で一死一三塁のチャンスを作ると、打席には頼れる4番・嶋君。ショート深くへ痛烈な打球を放つと自慢の快足を飛ばし、反撃の狼煙となる打点を挙げる。川畑君も続き、一死満塁の大チャンス。ここで、ベンチは二塁走者・嶋君に代え、代走に丸山室長を起用。この一戦に懸ける執念を見せた。
画像 039.jpg

押せ押せのムードの中、大量得点が期待されたが、立ち直った相手投手の前に後続が倒れ、追加点にはならなかった。
 

 

 

 

CIMG0563.JPG
 残念ながら4回終了時点で、時間切れのため試合終了。惜しくも敗れ、全国大会出場はならなかった。
敗れはしたものの、昨年度覇者相手に堂々の熱戦を演じたことで、来年以降への大きな期待を残して、大会終了となった。

本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

(記事:下鶴隆央)

(写真:有村正輝 / 迫田章)

 

 

 

 

 

  • 1