カテゴリアーカイブ

総務渉外委員会の記事

画像1 011.jpgのサムネール画像

 8月24日(火)城山観光ホテルにおいて、現役メンバー・シニアクラブのメンバーが参加する中 2010年度 社団法人鹿児島青年会議所 第2回通常総会が開催された。
 下田理事長の挨拶では、「2010年度も2/3が過ぎようとしております。私は本年「愛と変革」という、この2つをキーワードを胸に皆様方と共に走りつづけられる事を、本当にうれしく思っております。7月8月と言うのは、例年ならばJCの熱い夏と呼

総会2 010.jpgのサムネール画像のサムネール画像
ばれる時期です。今年は、3月頃から「口蹄疫」の問題で、いくつかの事業、又ブロック大会、地区大会が延期、中止となりました。理事長として事業、大会が延期、中止になる事は本当に残念でした。ですが、残された2010年度で出来るならば、いろんな形で、それぞれ思いでJC活動に取り組んでいただきたいと思っております。我々鹿児島JCとして、JCの暑い夏はまだ終わってないと言う事を是非、心に止めておいてほしい。ブロック大会、地区大会、鹿児島JCの事業も残っております。是非一つ一つを取りこぼしの無い様、委員会一丸・LOM一丸となって、「愛と変革」を武器に前向きに取り組んでほしい。」との挨拶があった。

 その後、2010年度の下記の案件についての決議が行われた。内容は下記のようだった。

第1号議案 2010年度(社)鹿児島青年会議所 議事録署名人に関する件
第2号議案 2010年度(社)鹿児島青年会議所 第1回通常総会議事録承認の件
第3号議案 2010年度(社)鹿児島青年会議所 一般会計補正予算(案)の件
第4号議案 2010年度(社)鹿児島青年会議所 登録料等分担金補正収支計画書(案)の件
第5号議案 2011年度(社)鹿児島青年会議所 理事長選任の件
第6号議案 2011年度(社)鹿児島青年会議所 理事選任の件
第7号議案 2011年度(社)鹿児島青年会議所 監事選任の件

そして、全ての案件について承認された。

 

 

総会2 013.jpgのサムネール画像

 また、2011年度(社)鹿児島青年会議所 理事長選任の件については、選挙管理委員長 迫田晃司君より、2011年度の理事長に末永考君の当選。2011年度(社)鹿児島青年会議所理事選任の件については、19名の立候補を受理。8月理事会において指名理事3名及び推薦理事3名、計25名が承認。又、下田勝利理事長より2011年度監事選任の件については、8月理事会において3名が承認された旨が報告された。
 

 

 

 

 

総会2 017.jpgのサムネール画像

 その後、2011年度(社)鹿児島青年会議所 理事長予定者の末永考君より「2010年度の事業にコミットし、2011年度の立上げをしっかりと出来る様に準備をして参ります。今後ともよろしくお願いします。」と挨拶があった。

 

 

 


 

総会2 019.jpgのサムネール画像

 監事講評では福永憲章監事より、「皆さんそれぞれの立場で、それぞれで役割を担って一つステップアップして下さい。是非皆さんも理事役員になれる様に思いをはせていただきたい。」との言葉を頂いた。

 

 

 

 

総会2 025.jpgのサムネール画像

 最後にシニアクラブ代表挨拶では、津曲貞利先輩より「リーダーとは、必ずしも成功者、有名人だけではありません。沈みかけた船にも、再起不能の会社にも、負け続けのチームにもリーダーという者は必要であります。リーダーは一人ではありません。皆様方一人一人が、リーダーとしてリーダーシップを発揮してください。リーダーは、リーダーとしての正しい心、正しいミッション、正しい目標を設定する力が必要となります。またリーダーは、スタッフからの信頼を得られる事が前提であります。皆様がリーダーとして、リーダーシップをとって豊かな社会を切り開けるよう祈っています。」との挨拶を頂き。2010年度の第2回通常総会は閉会となった。

 

総会2 032.jpgのサムネール画像
又、引き続き、新入会員の承認式が行われた。新入会員41名の仮会員が正会員として承認され、バッチ授与がなされた。
その後、新入会員代表として同期会会長下鶴隆央君から「新入会員同期が、仮会員として入会致しまして、3ヶ月がたとうとしております。この3ヶ月の中で各事業、各委員会でのJC活動を通じ我々一人一人の成長の機会を与えて頂いた事に心より感謝しております。新入会員一同、正会員として、ふさわしい責務、立ち振る舞いが出来る様に日々努力をして参ります。」との表明があった。
そして、懇親会へ移っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

(記事:迫裕一郎)

(写真:山之内隆夫/鵜木利成)

 

IMG_04600.JPG

 5月25日(火)ジェイドガーデンパレスにて5月例会ならびに2010年度鹿児島JCシニアクラブ会員と現役会員との懇談会が開催された。
 まず、シニアクラブ世話人会が開かれ、その後、別室でシニアクラブ総会と、現役会員のみによる5月例会が、同時進行で行われた。現役会員による5月例会では、はじめに久保副理事長から挨拶があり「九州地区協議会会長公式訪問例会、憲法タウンミーティングへの多数のご参加ありがとうございました。また、今年度の会員拡大活動も終わり、51名の新入会員を迎えることができました。丸山室長のリーダーシップのもと各委員長、委員会メンバーの頑張りに感謝します。」と事業参加についてメンバーへ感謝の意を伝えた。また、先日行われた新入会員研修へ参加した感想として「新入会員の皆さんの研修後の姿を見て、やはり多くの人々にJC運動を伝えていくことが大切であると感じました。」と述べた。最後に、シニアクラブ会員との懇談会に先立ち「今回の例会の目的は、シニアクラブメンバーの先輩方と深く親交を行うことにより、鹿児島JCの歴史と先輩方の熱い想いを理解し、より一層「愛のあるまち鹿児島」へ躍進する一助とすることです。また、これから本格的に始まる様々な事業、新しい事業を先輩方に知っていただくことで、鹿児島JCへのご理解とご協力を頂くために実施します。今日は、皆さんとこの目的のもと楽しんでいこうと思いますのでよろしくお願いします。」と呼びかけた。
 続いて会務報告が行われ、生きる力醸成委員会より鹿児島100km徒歩の旅の事前説明会について、選挙管理委員会より2011年度理事長選挙について、また鹿児島ブロック協議会より6月のブロック大会についてそれぞれ報告があった。

例会に引き続き、シニアクラブ会員の先輩方をお迎えし、現役会員との懇談会が行われた。
はじめに、昨年度ならびに本年度お亡くなりになられた、物故会員に対し哀悼の意を表し全員で黙祷を捧げた。


IMG_04630.JPG

 続いてシニアクラブの代表世話人である津曲貞利先輩より「今回、117名のシニアクラブメンバーと170名の現役メンバーという多くの方に参加いただいたことに感謝いたします。JCは1年という期限を決め一生懸命活動し、それを後輩に繋いでいくことの繰り返しで歴史を積み重ねてきております。本日はシニアクラブのメンバーから現役当時の多くのことを現役メンバーに伝えてほしいと思います。若い力と若かった力でともに明るい鹿児島を築きあげましょう。」とご挨拶をいただいた。

 


 

IMG_04670.JPG

 さらに下田理事長が挨拶に立ち「シニアの先輩方におかれては事業等において多くのお力添えをいただきありがとうございます。本日は是非先輩方のJC時代の熱い想いを現役会員に伝えていただき、本日参加している今年度の新入会員も含め多くの交流をしていただきたいと思います。」と述べた。

 

 

 


 

IMG_04810.JPG
 その後、2010年度シニアクラブ当番幹事の重久先輩の乾杯の音頭により懇談会が始まり、約1時間半の間、随所で名刺交換や歓談が行われ会場内は熱気に包まれた。また、現役会員が新入会員をシニアクラブ会員ならびに現役会員に紹介する姿も数多く見られ、はじめは緊張の面持ちであった新入会員も会が進むにつれ打ち解けていく様子が見られた。
 最後に全員が互いに肩を組み「若い我ら」を斉唱し、シニアクラブ会員を代表して仙田先輩が「今日は久しぶりに熱くなりました。JCはいいですね。ますます頑張っていきましょう。」と感想を述べ一本締めで閉会となった。

 
 
 

 

IMG_04860.JPG

 

 

IMG_00476.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 (記事:奥 稔)

(写真:伊賀上健司)

 

 

DSCF0926.JPGのサムネール画像2月23日、城山観光ホテルにて、ブロック会長公式訪問例会が開催された。奄美JCの對喜 勉ブロック会長をはじめ、ブロック役員、鹿児島の12LOMの理事長が一堂に集まり開会した。そこで、本年のブロックの方向性を示し、各委員会の事業説明が行われた。

まず鹿児島JCの下田理事長より「ブロックにも様々な各種大会やセミナーがある。是非参加してください。そうすることで必ず成長できます。さて、今回はある一つの記事をご紹介したいと思います。今大震災で苦しんでいるハイチで、ある22歳のハイチの大学生の記事が目に留まりました。この大学生は、今回の震災でご家族をなくされました。きっと途方に暮れた事でしょう。しかし、その大学生は被災したのはハイチ全ての人だという事で、気丈にもこのハイチを立て直すのは僕たちの使命だと立ち上がり、ハイチ復興の為一生懸命いろいろとボランティア活動を行っているそうです。この想いはJCにも通じる。我々の地域はそこに住む者が立ち上がらなければならない。全員で様々な事にコミットしていこう」と鹿児島ブロックのキャピタルとして鹿児島JCの責任の自覚を促す挨拶があった。

 

 

DSCF1043.JPGのサムネール画像

続いて、對喜ブロック会長から今年のスローガンである

”曇りなき志による真の鹿児島の創造

~若き世代の光明たれ~”

に込めた想いを解説頂き「現在の鹿児島ブロックの生い立ちに返り、原点帰化することでのLOM間の結束を確認し、またそれらの発展を今以上に努力していきたい」と本年度にかける意気込みを語って頂き、ブロックの方針と鹿児島LOMへの協力を含めた挨拶があった。

 

 

 

DSCF1075.JPGのサムネール画像
この後、2010年度のブロック協議会の各委員会の紹介と目的や意義の説明が行われた。

ここで本日事業紹介をした本年度の鹿児島ブロックの委員会を紹介したい。

  1. 輝くJAYCEE創造委員会
  2. 曇りなき鹿児島創造委員会
  3. 真の鹿児島男児育成委員会
  4. ブロック大会運営委員会

これらの委員会は我々の故郷「鹿児島」の未来と発展を強く望む各LOMからの同志の集結であり、鹿児島JCからも多くのメンバーを輩出している。

 

鹿児島JCから、運営専務に山元知君、 監査担当役員として渡邊剛之君、真の鹿児島男児育成委員会委員長に岡部高之資君、地区大会支援委員会委員長に西田能康君、財政局長として黒川晋太郎君、事務局次長に福村貴之君・山畑考生君が役員として出向しており、役員としての豊富と展望を熱く語っていた。

同じ鹿児島のために頑張ろうという方向が一致している分、LOMのメンバーにもその熱い思いが伝わった。鹿児島の為一致団結して、鹿児島を盛り上げていこうと若きJCメンバーのパワーを感じた。

 

 

DSCF1124.JPGのサムネール画像
また、最後に鹿児島JCの福永憲章監事より監事講評があり、「本日多くのメンバーが参加頂きましたが、鹿児島JC はキャピタルJCとしての責任がある。その自覚を鹿児島JCメンバーは全員もってほしい。また、本日行なわれた例会の内容をきっちり反芻(はんすう)してほしい。必ずどの会議でも学びがある」と述べ、学びは自分で見つけるものと、メンバーに檄を飛ばし会議は終了し、各メンバーが情報交換と交流を深める為の懇親会が行われた。

 

 

 

 

                           (写真:迫 裕一郎)

                           (記事:鵜木 利成)

 

 

 

 

 

 

 

平成22年1月26日(火)城山観光ホテルにおいて、
IMG_9826.JPGのサムネール画像
2010年度 社団法人鹿児島青年会議所 第1回通常総会が盛大に開催された。
現役メンバー・シニアクラブのメンバーが参加する中、ピリッとした緊張感が漂っていた。まさに新しい年度の始まりを期待させる通常総会となった。

第56代理事長下田勝利理事長の挨拶では、先週開催された、新春交歓会における御礼と京都会議に多数感参加したメンバーへの御礼から始まり、また本年度よりJCI綱領をセレモニーの中で読み上げる旨の趣旨説明があった。また、理事長挨拶では
「本年度はすでに様々な事業が展開されている。今年の、新たな取り組みでは新春交歓会を開催させて頂き多くの方にご参加頂き、心より御礼申し上げます。また、参加者の方より、『今年はJCは何かしそうだね』と期待を覗かせる言葉もたくさん頂きました。2011年の新幹線全線開通、2012年の金冠日食を控える鹿児島として2010年度はそれを控えた大事な年です。原点回帰でしっかりJC活動・JC運動に取り組んで頂きたい。また、先日開催された京都会議では、相沢会頭より会頭所信が発表され『地域を照らす光明たれ』という言葉に非常に感銘を受けた。この混沌とした時代は中々目指す方向性が定まらない。だから、我々JCが変革の能動者として、行動を起こさなくてはならないと思います。今年は“愛”をテーマに『愛のあるまち鹿児島』の実現のためにも今以上、皆さんと一緒に邁進していきたい」
との心強い言葉があり、2010年度の初頭にふさわしい挨拶だった。

IMG_0523.JPG

 

その後、議長の選出、定足数確認の後、
2009年度案件については、2009年度の事業報告は吉村直前理事長が行い、その決算報告は2009年度福永憲章専務が行い、満場一致で承認を得た。

尚、2010年度の予算については、冨川正博専務より説明があり、こちらも満場一意で承認を得た。

 

 

 

第1号議案 議事録署名人に関する件
第2号議案 2009年度(社)鹿児島青年会議所第3回通常総会議事録承認の件

第3号議案 2009年度年度事業報告承認の件
第3号議案 2009年度収支決算報告承認の件(収支決算及び監査報告)
第4号議案 2010年度一般会計補正予算(案)の件
第5号議案 その他


IMG_9856.JPGのサムネール画像

事業報告承認の件については、吉村直前理事長から昨年度の事業についてメンバーに対し、感謝の言葉があり、全ての議案は満場一致で承認された。 

また、監事講評では渡邊監事より、今年1年間、数々の事業に積極的に参加して欲しいとのお言葉があった。

 

 

IMG_9838.JPGのサムネール画像のサムネール画像
最後にシニアクラブ代表挨拶では津曲貞利先輩より「JCには、奉仕・修練・友情とJC三信条がある。これは奉仕する中に、修練があり、またそれを乗り越え友情が芽生える。それがJCである。また、物事は、やるかやらないかしかない。オール・オア・ナッシング是非皆さんの活躍に期待します。」とJCの原点を語って頂き、同時に現役メンバーにエールを頂いた。そして、2010年度の第一回通常総会は閉会となった。

 

 


 

  • 1