カテゴリアーカイブ

生きる力醸成委員会の記事

 
画像 013.jpg
 10月26日(火)城山観光ホテルロイヤルガーデンにて、「ヨコミネ式教育法」で知られる、横峯吉史氏を講師に迎え、10月例会「子どもはすべて天才だ。子どもの秘めた可能性。」が開催された。

 

 

 

 

 

 

 

総会 105.jpg

 はじめに下田理事長が開会の挨拶として、「自分自身を見つめ直す良い機会であり楽しみにしております。」 続いて下田理事長は先日の奄美豪雨災害に触れ、「私も現地で救援活動に従事してきましたが、8・6水害に匹敵する状況で、非常に心が痛みました。奄美の方々は一生懸命復旧に向け取り組んでおられます。みなさんもぜひ、自分に何ができるか、考えてみて下さい。会場では奄美豪雨災害復旧支援募金も募っておりますので、ぜひご協力をお願いします。」と述べた。


 

続いて生きる力醸成委員会の渡委員長より主旨説明があり、「子ども達が大人として自立していく為には、自主的な学習によって、吸収力を十分に働かせ、自らの可能性を広げていく必要があると考えます。子ども達の自立は、ひいては未来の担い手を育成することに繋がり、明るい豊かな社会をつくる実践者となっていくと考えます。」と語った。

 

 総会 048.jpg

 横峯氏の講演では、まずプロゴルファーの横峯さくら選手を例にとり、「綺麗事、建前がなかった。だから子どもは育つ」 や「如何にモチベーションを上げるか = ムキになって練習をする気を起こすか、に腐心した」ことを説明した。
そして会場の母親の皆様に、「いい母にならなければならない、という社会のプレッシャーがあるが、子育てはムキにならずに『片手間』でやるもの」と呼びかけた。

続いて横峯氏が子どもの教育を行う上で実践しているポイントを3つ挙げて説明した。

 
総会 062.jpg

1.「人生経験、現場、そして先人の知恵に学ぶ」
⇒ 子どもは先が見えない。先が見える大人が、先を考えて導く。

2.「責任」
⇒ 現状、教育者は親に責任をかぶせて責任を取っていない。横峯氏の保育園では、全て自分の子・孫と同じく、卒園後も子どもの動向を気にかけているとのこと。

3.「目的」
⇒ 人間として自立できることを目指している。その上で、「知識を身につけるだけではなく、『考える力』を身につけることが必要」と述べ、その前提となる『学ぶ力』すなわち昔で言うところの『読み・書き・そろばん』であるとして、それらの重要性を述べた。

 

 

 

 

総会 071.jpg
 講演終了後は質疑応答が行われ、一般参加の市民の皆様から積極的な質疑が行われた。
子どもの教育に対する関心が非常に高いことが伺われる光景だった。

講演ならびに質疑応答が終了し、下田理事長より「毎日続けていくことが大事だと感じました。少しでも子どもと向き合う時間を作り、鹿児島の未来を担う子どもたちを育てていければと思います。」と謝辞が述べられ、記念品として掛時計が贈呈された。

 

 

 

 

総会 127.jpg

 渡邊監事による監事講評では、「一般市民の方々の教育に対する関心、意識が非常に高いことが伺われ、市民の皆様に興味を持って頂ける例会を開催できたことを、非常に嬉しく思います。さまざまな事業を開催している中で、これまで『教育』という問題は専門的ということもあり、なかなか触れることができていなかったが、今回貴重な機会となりました。」と述べた。

 

 

 

 

 

 

総会 001.jpg

会務報告では、地区出向者・ブロック出向者を代表して、宮田地区委員長、山元ブロック運営専務より、奄美豪雨災害への復旧支援ならびに募金への協力のお願いが行われた。

今回の10月例会での募金金額は、101,543円になりました。

皆様方のご協力誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

(記事:下鶴隆央/迫裕一郎)

(写真:奥 稔 /伊賀上健司)

 

 

 

 

 

 

 

 

現代社会は、以前にもまして急速な高度情報化、国際化が進み、ますます複雑な様相を見せ、先の見えづらい時代となってくることが考えられます。教育という分野においても、詰め込み教育からゆとり教育へと変化し、更なる変化を続けています。しかしながら、現在の子ども達には、社会の変化に対応し、強く柔軟に生きる為の自主性が薄れてきてはいないでしょうか。子ども達が大人として自立していく為には、幼少期から受け身の教育をしていくのではなく、子ども達が自主的な学習によって、吸収力を十分に働かせ、自らの可能性を広げていく必要があると考えます。可能性を自ら広げていくことは、自らの課題と目標を見出し、解決、実現へと向かう事へと繋がり、どんなに変動する時代においても柔軟に強く生きる人へと成長していく事が出来るのではないでしょうか。また、人と支え合うという事は、自己の自立なくして支え合うという事は出来ません。子ども達の自立は、ひいては未来の担い手を育成することに繋がり、明るい豊かな社会をつくる実践者となっていくと考え、本例会を計画いたします。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

image001.jpg
■開催日時
 平成22年10月26日(火)
 18:00~ 受付
 19:00~ 開始
 21:10まで

■場所
 鹿児島市 新照院町 41-1
城山観光ホテル
 ロイヤルガーデン

■講師
 横峯 吉史氏


1951年3月1日生まれ。A型(たまにB型)
女子プロゴルファー横峯さくらの父:良郎の実兄。
鹿児島県志布志市に社会福祉法人純真福祉会「通山保育園」を設立。
現在は3つの保育園と「太陽の子山学校演習場」「太陽の子児童館」の理事長。
卒園までに園児全員が逆立ちで歩いたり、5歳児で漢字が読み書きできたりと、そのユニークな『ヨコミネ式』子育ては全国で話題になっています。
その方式は、平成17年よりYYプロジェクトとして日本全国約200か所の幼稚園・保育園で採用されさらに急増中です。YYプロジェクト(ヨコミネ式教育法)導入園最新情報はこちらより
      コスモネット http://www.cosmo.bz/ 

chirashi10reikai.jpg
平成21年5月より6回、フジテレビ『エチカの鏡』にて、ヨコミネ式教育法として取り上げられ、保護者層を中心に大反響となり、その反響は社会全体にまで広がった。


著書
『天才は10歳までにつくられる』ゴルフダイジェスト社
『ヨコミネ式 子供が天才になる4つのスイッチ』日本文芸社
『「ヨコミネ式」天才づくりの教科書』講談社
『子どもに勉強を教えるな 「ヨコミネ式」自学自習の10カ条』宝島社新書
『ヨコミネ式夢をかなえる子育てアドバイス』日本文芸社
『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』小学館101新書




『すべての子どもが天才である』ことを信念とし、
今まで保育園経営をして参りました。
すべては一から、育て方次第ということも
身をもって実感しております。
これからの日本を担う子どもたちを、
強く、たくましく、賢く育てるために
『心の力・学ぶ力・体の力』が必要不可欠です。
すべての子どもたちを常識ある人間、良識ある人間、
世のため人のために尽くす人間に育てることが目標です。
そのほとんどを決定するのは幼児期。
そして、今取り組まれている学育・Yokomine式は、
今まで培ってきた園経営のノウハウと、
現場の先生方のアイディアから生まれた方法です。
これにより、どの子もすばらしい子どもたちに育っています。
子どもたちの才能は私たちの想像以上です。
本当に子どもってすばらしい!


■エントリー方法image013.jpg
以下のQR若しくは、URLからご登録ください。

 
URL
http://www.kagoshimajc.org/2010/entry10reikai/
QR
 

 

IMG_1287.JPG

5月30日(日)第8回鹿児島100㎞徒歩の旅の参加者への事前説明会が鹿児島県青少年会館にて開催された。今年で、8回目となる鹿児島100㎞徒歩の旅。今年は、ボランティア研修を全8回と、参加する子供たちの3講座を計画し、今年の鹿児島100㎞徒歩旅の事業に臨む。本日は、その事業開催にあたり、参加予定のご家族に対し事前説明会を行い、事業に対する意義と理解を深め頂き、多くの参加を呼び掛ける事前説明会を行った。
 

 

 

 

IMG_1280.JPG

まずはじめに、理事長挨拶で下田理事長は、「本日は、100km徒歩の旅の事前説明会にご参加くださいましてありがとうございました。まず、㈳鹿児島青年会議所というところは、創立56年目です。我々団体は、鹿児島のまちづくりのために活動をしております。この、100㎞徒歩の旅は8回開催されており、また、この事業は無限の可能性を秘めております。そして
子供たちも様々な可能性を秘めております。是非100㎞徒歩の旅にご参加頂き、子供たちに成長して頂きたい。是非、この素晴らしい事業にぜひご参加くださいます事心よりお待ち申し上げます」と述べた。
 

 

 

IMG_1282.JPG

また、次に今回の団長でもある渡委員長からは、趣旨説明と事業説明が行われた。「この、鹿児島100㎞徒歩の旅は、子供たちの”生きる力”を醸成する事を目的とし小学校4年生~6年生の100人の子供たちと一緒に4泊5日完歩する事業です。今回は8回目。1993年にゆとり教育が始まりました。しかしその結果、様々な体験の減少の問題が囁かれるようになり、それは生きる力の低迷と考えられ、『地域の子供たちは地域で育てようと!』という経緯から、この100㎞徒歩の旅という事業がはじまりました。この生きる力とは【自らの課題や問題を見つけ出し解決していく力】という意味でこの事業を通じて、是非皆さん、共に成長し熱い夏を一緒にしましょう」と語った。
 その後、事業のシステム的な事業予算や、保険の内容等の説明があった。また、前にこの100km徒歩の旅に参加した、小学6年生の原之園真也君の作文が発表された。

 

IMG_1293.JPG

次に子供の時に参加した、高校2年生の松元優さんが、ボランティアとして参加。この事業に対しての学んだ事や、感じている事が発表された。その中で「この事業に参加し、思いやりの心・積極的に周りに声をかけ物事にチャレンジする大切さ・身のまりの事を自分でする大切さなど色々体験した。また、普段の便利な暮らし慣れているが、この事業ではクーラーや車はない。しかし、そのような環境に接し、自然の風が涼しいさや自然の素晴らしさに改めて気付かされた。そして、前回はボランティアとして参加した。私が子供の時に体験したような事を、今の子供たちが体験し、それをサポートする事で違う立場でまた成長させられた。子供たちのヒーローのようなお姉さんになり、今年も頑張りたい」と熱い思いを語った。

 

 

IMG_1299.JPG
また、次に今回参加するボランティアの学生より、上坊麻友さんと川俣祐次君から決意表明が述べられた。
最後に、質疑応答と野元副理事長の挨拶があり事前説明会が終了した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

IMG_1151.JPGのサムネール画像
 5月9日(日)第8回鹿児島100㎞徒歩の旅のボランティア説明会がボランティアセンターにて開催された。今年で、8回目となる鹿児島100㎞徒歩の旅。今年は、ボランティア研修を全8回と、参加する子供たちの3講座を計画し、今年の鹿児島100㎞徒歩旅の事業に臨む。本日は、その事業開催にあたりボランティア募集にてお集まりいただいた方々へ、事業に対する意義と理解を深め頂き、各々の役割についての事前説明会を行った。

 

 

 

IMG_1129.JPGのサムネール画像

 まずはじめに、理事長挨拶で下田理事長は、「本日は、100km徒歩の旅のボランティア説明会にご参加くださいましてありがとうございました。まず、㈳鹿児島青年会議所というところは、創立56年目です。我々団体は、鹿児島のまちづくりのために活動をしております。この、100㎞徒歩の旅は8回開催されており、また、この事業は無限の可能性を秘めております。自分の人生観、価値観が変わってしまうぐらい、大変素晴らしい事業です。「出きる、出きる、必ず出きる」よくこのフレーズはこの事業では何回も出てきます。くじけそうな時・苦しい時にでも人間の持つ力を信じて、自分の知らない自分に出会ってください。是非、この素晴らしい事業にぜひご参加くださいます事心よりお待ち申し上げます」と述べた。


 

IMG_1130.JPG

 また、次に実行委員長でもある六反室長からは「この、鹿児島100㎞徒歩の旅は、子供たちの”生きる力”を醸成する事を目的とし小学校4年生~6年生の100人の子供たちと一緒に4泊5日完歩する事業です。今回は8日目。この生きる力とは【自ら問題を解決する力】でこの事業を通じて、社会観・就職観等に大きく影響を受け社会人としての第1歩を踏み出された方も多くいます。是非皆さん、共に成長し熱い夏を一緒にしましょう」と語った。

 

 

 

IMG_1132.JPG

 その後、今回団長の渡委員長が事業の概要説明を行った。その中で、「現在、水が飲めない子供が増えている。それは、汗をかかない為に、水を飲む習慣がなくなっているそうでうす。だから、まずそこから訓練する必要があるのです。」と述べ、ボランティアの方々の位置づけについて説明した。その後、

1、班付 2、安全誘導班 3、救護班 4、給水班 5、生活班 6、記録広報班 7、輸送班 8、団長補佐
と各班の役割の説明が、各担当の委員会メンバーより、プレゼンテーションされた。

 

 

IMG_1177.JPGのサムネール画像

 最後に、ボランティアの方との面接会開かれ、今回の説明会は終了した。

 継続事業の重責を担う、第8回団長の生きる力醸成委員会の渡委員長は「今回、この説明会に89人ものボランティアの方々に集まっていただき、心から感謝している。今日は無事、最初の説明会を終える事が出来た事にホッとしている。これからが本番。気を引き締めて頑張っていきます。」と意気込みを見せた。

 

 

 

 

 

(写真/記事:迫田晃司)

 


 

  • 1