月別アーカイブ

生きる力醸成委員会: 2010年5月

 

IMG_1287.JPG

5月30日(日)第8回鹿児島100㎞徒歩の旅の参加者への事前説明会が鹿児島県青少年会館にて開催された。今年で、8回目となる鹿児島100㎞徒歩の旅。今年は、ボランティア研修を全8回と、参加する子供たちの3講座を計画し、今年の鹿児島100㎞徒歩旅の事業に臨む。本日は、その事業開催にあたり、参加予定のご家族に対し事前説明会を行い、事業に対する意義と理解を深め頂き、多くの参加を呼び掛ける事前説明会を行った。
 

 

 

 

IMG_1280.JPG

まずはじめに、理事長挨拶で下田理事長は、「本日は、100km徒歩の旅の事前説明会にご参加くださいましてありがとうございました。まず、㈳鹿児島青年会議所というところは、創立56年目です。我々団体は、鹿児島のまちづくりのために活動をしております。この、100㎞徒歩の旅は8回開催されており、また、この事業は無限の可能性を秘めております。そして
子供たちも様々な可能性を秘めております。是非100㎞徒歩の旅にご参加頂き、子供たちに成長して頂きたい。是非、この素晴らしい事業にぜひご参加くださいます事心よりお待ち申し上げます」と述べた。
 

 

 

IMG_1282.JPG

また、次に今回の団長でもある渡委員長からは、趣旨説明と事業説明が行われた。「この、鹿児島100㎞徒歩の旅は、子供たちの”生きる力”を醸成する事を目的とし小学校4年生~6年生の100人の子供たちと一緒に4泊5日完歩する事業です。今回は8回目。1993年にゆとり教育が始まりました。しかしその結果、様々な体験の減少の問題が囁かれるようになり、それは生きる力の低迷と考えられ、『地域の子供たちは地域で育てようと!』という経緯から、この100㎞徒歩の旅という事業がはじまりました。この生きる力とは【自らの課題や問題を見つけ出し解決していく力】という意味でこの事業を通じて、是非皆さん、共に成長し熱い夏を一緒にしましょう」と語った。
 その後、事業のシステム的な事業予算や、保険の内容等の説明があった。また、前にこの100km徒歩の旅に参加した、小学6年生の原之園真也君の作文が発表された。

 

IMG_1293.JPG

次に子供の時に参加した、高校2年生の松元優さんが、ボランティアとして参加。この事業に対しての学んだ事や、感じている事が発表された。その中で「この事業に参加し、思いやりの心・積極的に周りに声をかけ物事にチャレンジする大切さ・身のまりの事を自分でする大切さなど色々体験した。また、普段の便利な暮らし慣れているが、この事業ではクーラーや車はない。しかし、そのような環境に接し、自然の風が涼しいさや自然の素晴らしさに改めて気付かされた。そして、前回はボランティアとして参加した。私が子供の時に体験したような事を、今の子供たちが体験し、それをサポートする事で違う立場でまた成長させられた。子供たちのヒーローのようなお姉さんになり、今年も頑張りたい」と熱い思いを語った。

 

 

IMG_1299.JPG
また、次に今回参加するボランティアの学生より、上坊麻友さんと川俣祐次君から決意表明が述べられた。
最後に、質疑応答と野元副理事長の挨拶があり事前説明会が終了した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

IMG_1151.JPGのサムネール画像
 5月9日(日)第8回鹿児島100㎞徒歩の旅のボランティア説明会がボランティアセンターにて開催された。今年で、8回目となる鹿児島100㎞徒歩の旅。今年は、ボランティア研修を全8回と、参加する子供たちの3講座を計画し、今年の鹿児島100㎞徒歩旅の事業に臨む。本日は、その事業開催にあたりボランティア募集にてお集まりいただいた方々へ、事業に対する意義と理解を深め頂き、各々の役割についての事前説明会を行った。

 

 

 

IMG_1129.JPGのサムネール画像

 まずはじめに、理事長挨拶で下田理事長は、「本日は、100km徒歩の旅のボランティア説明会にご参加くださいましてありがとうございました。まず、㈳鹿児島青年会議所というところは、創立56年目です。我々団体は、鹿児島のまちづくりのために活動をしております。この、100㎞徒歩の旅は8回開催されており、また、この事業は無限の可能性を秘めております。自分の人生観、価値観が変わってしまうぐらい、大変素晴らしい事業です。「出きる、出きる、必ず出きる」よくこのフレーズはこの事業では何回も出てきます。くじけそうな時・苦しい時にでも人間の持つ力を信じて、自分の知らない自分に出会ってください。是非、この素晴らしい事業にぜひご参加くださいます事心よりお待ち申し上げます」と述べた。


 

IMG_1130.JPG

 また、次に実行委員長でもある六反室長からは「この、鹿児島100㎞徒歩の旅は、子供たちの”生きる力”を醸成する事を目的とし小学校4年生~6年生の100人の子供たちと一緒に4泊5日完歩する事業です。今回は8日目。この生きる力とは【自ら問題を解決する力】でこの事業を通じて、社会観・就職観等に大きく影響を受け社会人としての第1歩を踏み出された方も多くいます。是非皆さん、共に成長し熱い夏を一緒にしましょう」と語った。

 

 

 

IMG_1132.JPG

 その後、今回団長の渡委員長が事業の概要説明を行った。その中で、「現在、水が飲めない子供が増えている。それは、汗をかかない為に、水を飲む習慣がなくなっているそうでうす。だから、まずそこから訓練する必要があるのです。」と述べ、ボランティアの方々の位置づけについて説明した。その後、

1、班付 2、安全誘導班 3、救護班 4、給水班 5、生活班 6、記録広報班 7、輸送班 8、団長補佐
と各班の役割の説明が、各担当の委員会メンバーより、プレゼンテーションされた。

 

 

IMG_1177.JPGのサムネール画像

 最後に、ボランティアの方との面接会開かれ、今回の説明会は終了した。

 継続事業の重責を担う、第8回団長の生きる力醸成委員会の渡委員長は「今回、この説明会に89人ものボランティアの方々に集まっていただき、心から感謝している。今日は無事、最初の説明会を終える事が出来た事にホッとしている。これからが本番。気を引き締めて頑張っていきます。」と意気込みを見せた。

 

 

 

 

 

(写真/記事:迫田晃司)

 


 

  • 1