月別アーカイブ

愛のあるまちビジョン策定会議: 2010年1月

2010年度1月8日(金)ジェイドガーデンパレスにおいて「第1回愛のあるまちビジョン策定会議」が開催された。

IMG_0302.JPG

この会議体は、鹿児島JCの、中・長期的な方向性を見出す為に設けられた。


特に、鹿児島青年会議所の定款には
「本会議所は地域社会の産業、経済及び文化に関する諸問題について調査、研究を行い、その成果の実践を図ることにより、地域社会の正しい発展に資するとともに、日本青年会議所(NOM)及び国際青年会議所(JCI)と協調して、国際的理解を深め、その親善を助長し世界の繁栄と平和に寄与することを目的とする。」
と謳われており、このことを念頭に鹿児島の現状と地域におけるJCの立ち位置をしっかり把握し、これからの鹿児島JCの在るべき姿を協議していく会議である。



これまでも、予定者段階である2009年に副理事長の久保浩司君を中心に2回の会議が開催されている。
第1回予定者会議の中では、KJ法を用いた今現在の鹿児島JCの問題点の把握を行った。
また第2回予定者会議は、シニアやメンバーの中で市議会議員を務める山口健先輩・川越桂路君・杉尾巨樹君を招き、市議会議員としての立場から鹿児島JCと市行政との相互関係や期待されることについて意見を聞く勉強会として開催された。

IMG_0316.JPG

今回の会議にも山口健先輩・川越桂路君を招き、更に「ひとづくり室川原室長、土屋委員長」 「教育室六反室長、渡委員長」 「鹿児島創造室上之園室長、宮内委員長」をパネラリストとして、鹿児島市のマニフェストに関したディスカッションが行われ、それぞれの意見を活発にやりとりしていた。
また最後に、会場のメンバーもグループに分かれてもらい、これまでの経験を踏まえたグループディスカッションをしてもらった。参加者それぞれに意見を忌憚なく発言してもらうことで、能動的な姿勢とJCに対する再認識や新たな発見、そして組織としての目的意識を醸成できたと思われる。



IMG_0326.JPG
本会議の議長を務める副理事長の久保浩司君は「鹿児島をより良くしていくためには、まず県や市といった行政が何をしているのか、また何をしようとしているのか、勉強する事が大事。その上で鹿児島JCの立ち位置を明確にし、そして鹿児島JCに求められている事、やるべき事を見出していかなくてはならない。若い我々だからできる事が必ずある。」と述べており、この会議体で中長期における今後の鹿児島JCの運動・活動の方向性を導き出すことを期待しているようだ。

尚、この会議体は鹿児島JCのメンバーであれば、オブザーバー出席も大歓迎との事。興味のある方は是非ご参加を!
鹿児島のまちを明るい豊かな社会へ導くために鹿児島JCの使命が見出していければ、必ず「愛のあるまち鹿児島」が実現されるであろう。




(写真:山崎貴臣)

(記事:山崎貴臣)

  • 1