月別アーカイブ

日本JC: 2010年10月

P1060646.JPG

 10月1日から3日にかけて、小田原・箱根の地にて、公益社団法人日本青年会議所第59回全国会員大会が開催された。第59回全国会員大会は、大会テーマを『輝け日本!~曇りなき「心の月」こそ明日を照らす~』スローガンを『襷で繋げ!報徳の精神(こころ)~天下の嶮しいから 708の陽はまた昇る~』とし真の民主主義国家の創造を目指し、地域の光明となるべく運動を展開してきたJAYCEEが、その成果を「天下の嶮(けん)」に持ちよった。

101001_110923.jpg
そしてこの地に集った地域を愛する一人ひとりに「報徳の精神(こころ)」を「襷」に込め、決して途切らせないで欲しいという願いを託し、光輝く明日へと送り出した。託された「襷」を胸に各地で運動を展開することで、それぞれの地域のデザインを描き、夢と希望に溢れる未来を創造すると誓う大会となった。

また、9月30日(木)「アワードジャパン2010」が開催され、全部で444本のエントリーがあった。その中で鹿児島JCは残

101001_110551.jpg
念ながら受賞は成らなかったが、4本のエントリーを行った。

 

 

 

 

 

 

 


 

IMG_2758.JPG
 4日目の10月2日(土)は「まちの笑顔デザインフォーラム」と「国家問題フォーラム」のセミナーが開会された。その中で、国家問題フォーラムでは田原総一郎氏をお招きし『日本人の“誇り”を取り戻せ』と題しディスカッション形式で討論会が行われた。討論内容は
1.日本国憲法について
2.領土領海 国防と安全保障について
3.自分達からできる民間外交について
4.地方分権・自立した地域にむけて
IMG_2769.JPG
と4つのカテゴリーでそれぞれ討議された。
その中で田原総一郎氏は「かつて、日本は90年代は全てに於いてトップだった。今、日本は駄目だと言う。だけどそんな事はない。今経済は駄目だけれでも、今でも日本は、技術や人材はトップクラス!なのになぜ駄目なんだ。日本の将来は明るいんです。しかし、日本という国の経営者がいない。日本人は調整力を磨いていけばいつでも未来は明るいんだ」と力強い言葉を残
IMG_2762.JPGのサムネール画像
しセミナーは終了した。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2787.JPG

 大会式典では、テーマを『襷で繋ぐ未来への誓い~「世界に輝く日本」に向けて~』とし盛大に開かれた。セレモニー、来賓祝辞に続いて、相沢会頭が挨拶をし、今年度の総括を行い、また支えてくれたメンバーに感謝の言葉を述べた。また、次年度会頭予定者である福井正興会頭予定者へのプレジデンシャルリースの受け渡し、そして来年の全国大会開催地である名古屋へ友情の鍵の伝達が行われた。

 今回のこの小田原・箱根大会では、こ

P1060630.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
の土地独特のおもてなしの精神があった。この峰に覚悟をもって挑む旅人をあたたかい心で迎え、癒し、次なる旅路での無事を祈り、笑顔で送りだすという特有の「おもてなしの精神(こころ)」が、人々に連綿と受け継がれておりそれを感じさせる大会式典となった。来年度の名古屋大会もこの思い

しっかりと受け継ぎ全力で全国大会の受け入れに挑む。

 

 

 

 

 

 

 

P1060640.JPGのサムネール画像

 そしてクライマックス。2010年度で卒会を予定しているメンバーの卒業式が行われた。卒業式テーマは『ありがとうJAYCEE ~この襷を胸に羽ばたく更なるステージへ~』 鹿児島JCの卒会生もそれぞれの表情で卒業式に臨んでいた。そして、いよいよスペシャルゲスト。みな一同に今年のゲストの登場を待ちわびた。

第59回大会のスペシャルゲストはの河村隆一さん。会場は一気にヒートアップした。持ち歌を披露し、卒会生を

IMG_2870.JPGのサムネール画像

始めとするJCメンバーも大いに盛り上がった。その後、メンバーの祝福の歓声の中、卒業生が全員壇上に上がり、会場は全国の会員で熱気に包まれた。

そして卒会生を代表し公益社団法人日本青年会議所副会頭の長谷川弘一郎君が代表スピーチをした。
最後に若い我らを大合唱し、第59回全国会員大会in小田原・箱根大会は閉幕した。

 

 

IMG_2861.JPG
 


 

  • 1