月別アーカイブ

鹿児島JC: 2010年3月

ハイチ写真.jpgのサムネール画像

去る1月12日に発生した、ハイチ地震に対し私たち(社)鹿児島青年会議所は、災害支援募金活動を2月14日(日)実施しました。場所は山形屋1号館入り口付近とドルフィンポートのなぎさタワー付近の2ヶ所にて街頭募金を行い、市民の皆さまより170,136円の義捐金を募ることが出来ました。
 また、2月23日に開催された2月例会についてはブロック会長公式訪問例会であったこともあり、鹿児島JCメンバーのみならず、鹿児島ブロック協議会11LOMのメンバーの皆さま、對喜ブロック会長を始めとするブロック役員の皆さま、さらには謝恩会の御礼にお越しいただいた平成21年御卒会の「ヨンヨン会」の皆さまにもご協力いただき、22,913円の義捐金を募ることが出来ました。
 

IMGP0427.JPG

これら合計193,049円の義捐金について、事務職員や医療チームを派遣するなど直接的な支援活動を行っている日本赤十字社に3月8日(月)、義捐金を寄付いたしました。

日本赤十字社鹿児島県支部を訪問した際、同支部の奥園義則事務局長、組織振興課の大山大宏課長、春園浩和係長に応対いただきました。
 また鹿児島JCからは下田理事長を始め、吉丸副理事長、冨川専務、上之園室長と愛のあるまち鹿児島創造委員長の宮内が、訪問しました。

 

 

IMGP0431.JPGのサムネール画像
冒頭、下田理事長より「我々、青年会議所は明るい豊かな社会を目指す国際的な団体であり、特に本年度鹿児島JCは『愛のあるまち鹿児島』をスローガンに掲げ活動していることからも、今回のハイチ地震の災害支援に取り組むことが求められるものと考え、今回の募金活動を行なった」とお伝えすると、奥園事務局長より今回の募金活動に加え、日頃の日本赤十字社の活動への青年会議所としての協力についてもお礼をいただきました。

また、ハイチ地震の募金状況についても触れられ、そのなかで個人からの振込みを含めた募金額が、九州においては鹿児島が群を抜いて多いという情報を得ました。

IMGP0432.JPG
最後に義捐金と目録を贈呈。193,049円という貴重な義捐金に対し、日本赤十字社鹿児島県支部の皆様と共に、改めて、市民の皆さまへの感謝の念を強くした次第です。
同時に今回の募金活動を通じて体感し、前述の九州で群を抜いて多い募金額という情報に裏づけを得た、鹿児島市民の皆さまの温かさを、我々が目指す「愛のあるまち鹿児島」創造に繋げたいという思いを新たに致しました。

 

 

 

 

(記事/写真 愛のあるまち鹿児島委員長 宮内尚起)

 


 

P1000934.JPG

3月4日(木)ジェイドガーデンパレスにて、「第3回愛あるまちづくりビジョン策定会議」が行われた。今回は参加したメディア関係者(MBC南日本放送局、KTS鹿児島テレビ、NHK鹿児島放送局、南日本リビング新聞社、FMさつまの5社11名)を招き、メンバー約30名とメディア座談会が行われた。

 

 

 

 

 

P1000931.JPG

下田理事長の挨拶では、「例年行われているメディア懇談会は今年は行いませんが、まちづくりをしていく上で、是非メディアの方からご意見をいただき、また今後連携していくために、こういった形での懇話会開催となりました。この会議は、鹿児島JCのビジョンを考える会議であり、メディアとしての市民目線でJCに対して、忌憚のないご意見をお願いします」と述べた。

 

 

 

 

 

 

P1000939.JPG

コーディネーターの久保副理事長により前回の振り返りに始まり、各メディアの方から自己紹介を兼ねてメディアとしての視点を述べた。今回は「鹿児島を発展させるには」をテーマにして「教育」「政治」「経済」についてディスカッションが始まった。

教育では「コミュニケーション不足を解消するには?」政治では「市民意識を改善して、行政に頼らずに自分で出来る事はする」経済では「観光客をどれだけ呼べるか?」「地域性のある情報発信を行えばいいのでは?」またJCに対しての意見では「JCは、もっと勉強をして欲しい。そうなれば同じ視点でメディアも情報発信できると思う」などメディアの視点で、JCに対しての意見も頂き、また更にJCとしての視点での様々な意見が取り交わされた。その中で誰もが、「鹿児島をより発展させていきたい」という熱い想いが伝わってきた。これは、市民参画の協働運動を推進するJCにとってはとても力強く、有意義な会議となった。

 

 

P1000956.JPG

最後にメディア、JC相互の近況報告やPRが行われた。その中でJC運動発信委員会の石原委員長から、現在鹿児島JCでは参議院選挙に対してのマニフェスト討論会を開催することを検討していることが説明され、これから始まる様々な事業についても、メディアの方々とコミットしていきたい旨を伝えた。
 

 

 

 

 

 

来月の4月は「愛のあるまち鹿児島の将来像」として行われる予定です。

 

 

(記事/写真:山崎貴臣)

  • 1