月別アーカイブ

鹿児島JC: 2010年7月

 
 7月25日(日)鹿児島祇園祭おぎおんさぁが開催された。当日は晴天に恵まれ今年は、1000人を超す担ぎ手達が集結した。一番神輿の担ぎ手達は、朝7時から吹上荘に続々と集合し、9時から出発式が行われた。
 はじめに下田理事長から「神輿は八基出るが、御神体が入るのはこの一番神輿だけ。鹿児島中が盛り上がる夏のお祭りこのおぎおんさぁで無事、神輿を着幸祭まで運び届けて欲しい!」と気合の入った熱い言葉を語った。

 また今年の頭である堀之内頭も、緊張と気合が滲みだしていた。

 

 

IMG_1165.JPGのサムネール画像

IMG_1170.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 八坂神社にて宮出しの儀が行われた。一番・弐番・参番・七番・八番の神輿の担ぎ手が一斉に集まり、お祓いを受けた。
 その中で諏訪会頭の挨拶で「今年は、特別な年です。口蹄疫が起こり、おぎおんさぁの開催自体が危ぶまれましたが、担ぎ手達の熱い思いにより本日を迎える事が出来ました。そもそもおぎおんさぁは、悪疫退散・商売繁盛・無病息災の願いを掛けて行われます。皆さんの気合いの入った祭りを期待します」と述べられた。

 

 


IMG_1205.JPG

IMG_1184.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ 出発です。

一番神輿(JC)は1トン神輿。重い神輿が腰を上げた!!!!!

 

 

IMG_1275.JPG

IMG_1242.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ソイヤッ!

 

 

IMG_1742.JPGのサムネール画像

IMG_1396.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1716.JPG

IMG_1469.JPG

 
 

 

 堀之内頭を筆頭に、下田理事長もメンバーに気合を入れます。

纏頭の村山君も気合を入れて纏を振ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年から発幸祭の場所がいづろ通り交差点に変更になり、午後2時30分から発幸祭がとり行なわれた。

 そしてここで、一番神輿に御神体が入られた。 御神体は目隠しをし一番神輿に入られ、おぎおんさぁを見守られます。

 

IMG_1635.JPG

IMG_1543.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1496.JPG

 

 

 

理事長の稚児上げ!!

元気に健やかに育ちますように!  

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、全ての神輿が鹿児島商工会議所ビル前に到着し、着幸祭が行われた。
 最後に「おどま薩洲」を、担ぎ手達全員で大合唱。今年の熱い夏のおぎおんさぁに終止符がうたれた。

 

IMG_1788.JPG

IMG_1797.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ黒に日焼けした素肌に、今年の猛暑ぶりが伺える。

そして、このおぎおんさぁを通して熱い夏を乗り越え

鹿児島のまちがより元気になったようだった。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0504.JPG

ソイヤ!ソイヤ!ソイヤ!
 7月10日(土)分家無邪気にて、7月24日・25日のおぎおんさぁに向けての『一番神輿総決起集会』が開催された。シニアクラブから30名・現役から約80名が集結し、会場は熱気に沸き返った。JCの熱い夏を、誰もが待ちわびているようだった。

 

 

 

 

DSCF0410.JPG

 開会にあたり下田理事長より「本日はこんなに多数お集まりいただきまして、本当にありがとうございます。本日はJCの一番神輿の決起集会です。唯一、ご神体を乗せた一番神輿です。おぎおんさぁはこの一番神輿が一番気合を入れなくてはいけない。今、口蹄疫や災害が起こっておりますが、こんな時だから、悪疫退散・無病息災・商売繁盛をしっかり祈願し全てを吹き飛ばす時だと思います。シニアを含め、JCが一丸となって、本年度もおぎおんさぁを盛りたてていかなくてならないと思います。一番神輿JCの神輿を本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます」と気合の入った挨拶があった。
 

 

 

 

DSCF0417.JPG
 次に、一番神輿を担ぐ会会長の有薗米也先輩より「岩崎産業さんの倉庫に眠っていた、この1トン神輿を担ぎ出そうとJCが立ち上がった時から27年目。祭りごとが人と人を繋ぐ。これが日本の文化だという事を教えて頂き本当に心から感謝しています。私も神輿に携わって26年目。市民の方がこの神輿を見て、さすがだと言われように、皆一丸となって全員で怪我なく着工祭までいきましょう。そして、下田理事長と堀之内頭を”男”にして頂きたいと思います」とシニアからの本当に心強いご挨拶も頂いた

 


 

DSCF0475.JPG
 その後、シニアの野崎先輩の乾杯の音頭のもと、歓談に入った。ギシギシの会場は熱い熱い夏を目前に、本当に熱い熱気に包まれた。2階だけでは入りきらないため1階会場をも埋め尽くした。

 その後、本年度の理事役員の紹介があり、JCへの熱い思いと、LOM一丸となってこの1トン神輿を担ぎきる!という決意表明が、会場が割れんばかりの大きな声で述べられた。
 

 

 

DSCF0523.JPG

 最後に、本年度の心の交流委員会のメンバー紹介がされ、堀之内頭より「先輩より、脈々と受け継がれてきたこの一番神輿を精一杯、担がさせて頂きます。そして、JCを精一杯サポートしていきます。シニアの皆様、現役の皆様どうぞ一丸となってこの一番神輿にご協力ください。」と今の心意気を熱く語った。
 そして、最後に本年度の助頭の谷君の音頭のもと締めの「肩入れ」が行われ、会場が今にも揺れ動き出しそうなくらいの全員の「ソイヤ!」で、決起集会がお開きとなった。

 

 

 

 

IMG_1517.JPG
 7月4日(日)ジェイドガーデンパレスにて2010年度鹿児島祗園睦会総決起集会が開かれた。場外から「ソイヤ!」の掛け声と共に、各神輿の”纏”が元気よく登場し、今回当番神輿である、八番神輿と六番神輿の司会により総決起集会が開会した。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0784.JPGのサムネール画像
 まず始めに物故者黙祷後、祇園睦会の大脇総代による挨拶が行われ「口蹄疫問題は予断を許さない状況にあるが、身体で感じて奮起を促し、次の世代へ継承できるのがおぎおんさぁであり、気合がこもり、腹の据わったおぎおんさぁを実施したい。」と述べられた。その後来賓による挨拶があり、鹿児島青年会議所シニアクラブの柴立鉄彦先輩の乾杯により、和やかな雰囲気の中、懇親会になり参加者同士の意見交換・歓談が行われた。

 

 

 

 

IMG_1554.JPGのサムネール画像

 また、最後には上町・下町の笠鉾の方々や捌き方からそれぞれ挨拶と、一番神輿から八番神輿までの決意表明があり、一番神輿である鹿児島青年会議所は下田勝利理事長は「一番神輿を必ずや八坂神社まで届けることを約束します。」と力強く決意表明し、続いて堀之内頭からは、「鹿児島青年会議所272名、心をひとつにして愛のある思いのしみこんだ神輿を担ぎ、熱い夏を盛り上げます。先人・先輩へ感謝の気持ちを忘れずに先輩達がやってきたとおりにやれば、必ず無形文化財になると信じています。」と意気込みを語った。

 

 

 


 

IMG_1575.JPGのサムネール画像
 最後に宮城先輩より「口蹄疫問題などありますが、みなさんの決意を聞いていますと、必ずや立派なおぎおんさぁができると思います。終了後うまい酒が飲めるようみんなでおぎおんさぁを成功させましょう」と締めくくり、全員で「おどま薩州」を大合唱し2010年度鹿児島祗園睦会総決起集会は閉会した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0924.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 

 

 

 

<写真:迫田 章>

<記事:増田浩章・伊賀上健司>

 

  • 1