月別アーカイブ

鹿児島JC: 2010年11月

CIMG0759.JPGのサムネール画像

 11月21日(日)17:00より城山観光ホテルのロイヤルガーデンにて11月例会「東国原英夫奮闘記~私が走り続ける理由~」が開催された。今回は、宮崎県知事である東国原英夫氏を招き、公開例会形式で行われた。

 

 

 

 

 

CIMG0721.JPGのサムネール画像
 開会にあたり、主催者を代表して社団法人鹿児島青年会議所の下田勝利理事長より「前回の例会の際にも、奄美豪雨災害の募金活動にもご協力頂きましてありがとうございます。本日は先日の口蹄疫被害の宮崎県のトップリーダーとして多大なるお力を発揮させれました、東国原知事をお招きしましてご講演頂きます。お笑い芸人から県知事まで数々の経験をお話して頂けると楽しみにしております。本日は楽しんでお過ごしください」と挨拶された。

 

 

 

IMG_3420.JPGのサムネール画像
 東国原知事の講演では、はじめに「先日見舞われました口蹄疫被害の際には、鹿児島県を初め、隣県の皆様にご迷惑・ご心配をお掛けしまして、申し訳ありませんでした。その間、多大なるご支援・ご尽力を頂きましてありがとうございました。宮崎県も再生復興に向け頑張っておりますので、これからも変わらぬご支援ご協力お願い申し上げます」とご挨拶された。その後は、知事・芸人時代の体験談を面白おかしく、わかりやすい言葉で笑いを交えながら語られた。小学校卒業の際、”その当時の先生に政治家とお笑い芸人になりたいと夢を語り、なぜかと問われると、”二つとも人を幸せにする仕事だから”と回答し、その夢を実現された。知事となり行政を取り仕切るにあたり、師匠でもあります、ビートたけし氏の人の動かし方が今も生きていることや、山本五十六氏の「やってみせ言って聞かせてさせてみて ほめてやらねば 人は動かじ」IMG_3456.JPGのサムネール画像「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」という言葉が今の自分に生かされていることが語られた。終始会場は笑いに包まれて、市民の方々も満足な表情だった。
 
 


 

 

 

 

 

 

IMG_3490.JPGのサムネール画像 最後に 主催者を代表して社団法人鹿児島青年会議所の下田勝利理事長より「本日は、御公務のお忙しい中、我々鹿児島県民の為に、お越し下さいまして本当にありがとうございます。東国原知事のバイタリティー溢れる、元気・やる気が知事が走り続けてる源なのかと感じました。我々も伊藤知事と協力の基、鹿児島県の為に頑張っていきたいと思います。」と、謝辞を述べた。

 

IMG_3495.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3496.JPGのサムネール画像
 講演後の例会では、久保副理事長が「本日の例会はいかがでしたでしょうか?私が走り続けるわけと題し、東国原知事のエネルギッシュなお話を頂戴し、我々JCももっと頑張らなければと感じました。」と挨拶を述べて締め括った。

 

 

 

 

 

 

 

<写真:迫田 晃司・奥 稔・迫 裕一郎> 

<記事:伊賀上 健司>

 

 

 

 

 

 

 

WP立候補演説.jpg
 11月2日~6日の5日間かけて大阪の地にて世界会議大阪大会=<WORLD CONGRESS 2010 OSAKA/JAPAN>が開催された。
大会テーマ=Active Citizen(行動する市民)・大会スローガン=RESPECT ALL(共尊共栄)~As Citizens of One World~(一つ屋根の下に暮らす世界市民として)を掲げ、世界各国からJCIメンバーが集った。この世界会議とはJCI世界会議は、JCIの主催によって1年に1度行われ
IMG_6444.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
る国際的な会議であり、JCIの組織運営に関する諸会議や、フォーラム、セミナー、開催地の主管青年会議所による記念事業、郷土色に溢れたトレードショーや、国際交流を深める様々なレセプションなどが複合的に実施される日本でも最大規模の国際会議。開催地は毎年世界中の国々。地域の中から選ばれ、その地域の青年会議所が主管LOMとして、また国の青年会議所が主管NOMとして、大会の構築にあたる。今年の大阪大会は世界中からJCIメンバー約1万人が集まった。鹿児島JCからも約40名が参加した。

 

 

 

 

 IMG_6374.jpg

 10月5日には日本青年会議所の会員拡大委員会の主催する会員拡大セミナーが行われた。鹿児島青年会議所は毎年40名から50名、コンスタントに会員拡大をしており、そのやり方と考え方について紹介してほしいということで、下田理事長がパネリストとして参加した。下田理事長は、鹿児島JCで掲げている一人一名拡大運動と拡大リストの紹介をする中で、システムを構築するだけではなく、メンバー一人ひと

IMG_6380.jpgのサムネール画像
りがJCと拡大運動の意義を知ってもらうことが重要であると述べた。

下田理事長は、2011年度、日本青年会議所の拡大委員長になる予定であり、セミナー後も全国の多くのメンバーと交流し、来年へ向けての動きを情熱的に語っていた。

 
 

 

 

  奄美募金9.jpg

 そして夜にはジャパンナイトが開催された。今年鹿児島は奄美大島が豪雨災害にみまわれ、今も復旧作業が続いている。そこで、ジャパンナイトの会場である京セラドームの入口において、鹿児島ブロック協議会の山元運営専務を筆頭に「奄美大島豪雨災害支援募金活動」を行った。会場では、奄美大島JCの安永理事長も駆けつけ、鹿児島ブロック協議会のメンバーが一丸となって参加者へ呼びかけを行い、国内外たくさ

奄美募金6.jpgのサムネール画像
んの方々からご支援をいただいた。その結果、約30万円と台湾ドル40元(約120円)、ボリビアーノ20Bs(約278円)が集まった。また同時期に鹿児島においても、街頭募金を行った。11月6日(土)、タカプラ前と天文館ビル前(共にアーケード内)にて、鹿児島のJCメンバーで募金を呼びかけ、鹿児島市民の皆様の善意108,070円が集まった。世界中の愛が奄美にむけられた。

 
 

   

IMG_2928.JPG

 一方、ジャパンナイト会場内では日本中の各LOMがブース出展をしそれぞれの特産品を持ち寄り会場を沸かせた。鹿児島JCは焼酎の振る舞いと、お茶パックを振る舞い、鹿児島PR冊子・チラシの配布を行った。国内はもとより多くの海外JCメンバーも集い世界中のJCメンバーが交流を深めていた。

 そしてJCI Nothing But Nets キャンペーンに協力した各LOM理事長は舞台に登壇し相澤会頭の挨拶と御礼のあと100万円

ジャパンナイト2.jpgのサムネール画像のサムネール画像
以上を集めた西尾幡豆JCの理事長より挨拶があった。さらに、相澤会頭の配慮で奄美大島JCの安永理事長にマイクが渡され、全国各地のメンバーへ支援の御礼と協力のお願い、そして復興への決意を表明された。

 

 

 

 

 

 IMG_6457.jpgのサムネール画像

 10月6日に行われたアワードセレモニーでは、全世界全部門から多くのエントリーがあり、事業、組織、人の各部門に対する褒章が行われた。鹿児島青年会議所からは、会員拡大運動、変革の能動者育成事業、おぎおんさあの3つをエントリーしていた。残念ながら表彰はならなかったものの、参加したメンバーは、世界に広がるJCの様々な取り組みを知ることができ、それぞれに今年度の事業を見つめなおし、来年度への期待を胸に抱いていたようだった。

 

IMG_6465.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
本当にスケール感の大きい大会だけに全てお伝えできないが、是非多のメンバーにご参加頂き世界を感じて頂きたいと思った。

 
 ちなみに、日本の国花である『桜』は個人、地域、国家、近隣諸国、国際社会、この5つの力が相まって、「美しい精神」を花言葉にもつ。そのような平和な地球になる事を心よりご祈念致します。

IMG_3008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • 1