月別アーカイブ

LOM活性化委員会: 2010年4月

画像 011.jpgのサムネール画像

4月27日(火)、城山観光ホテルにて4月例会が開催された。
 今回は、2002年度 第51代日本青年会議所会頭の松本秀作先輩を招いての、講師例会といことで、多数の現役メンバーの出席のもと開催された。
まず、下田理事長より開会の挨拶として

「九州ビジネス部会やサッカー大会、また3年ぶりとなった家族レクレーション等への多数のご参加、本当にありがとうございます。とりわけ家族レクレーションにおいては、抜群の天候に恵まれ会員の家族からは次回をまた楽しみにしてますという、うれしい声も多数届いています。また、拡大活動に関しても、すばらしい結果が残せそうです。221名のメンバーに感謝しています。また、本日は日本JCの第51位代会頭の松本秀作先輩のご講演です。大変貴重なお話です。本日の気付きや学びを、是非持ち帰ってもらいたい」と述べられた。
 

IMG_1042.JPG

 さて、今回の4月例会は、日本青年会議所第51代会頭 松本秀作先輩を招いて「今こそ、輝けJAYCEE!!~原点をみつめ、変革の能動者として~」と題した講演が開催された。

  松本秀作氏

(ダイコロ株式会社代表取締役)

1991年 枚方青年会議所入会

1993年 日本青年会議所出向

1999年 枚方青年会議所 理事長

2002年 日本青年会議所 第51代会頭

 

 

 

画像 024.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
いよいよ松本秀作先輩の講演が始まった。

 

「私は13年間JCをやってきました。JCがこんなところだとはいいません。ただ、私が13年間悩みながらやってきた事をお話し致します。その中で、JCをやってって、良かった悪かったかというと、私はやっぱり良かったと思います。
私が会頭をした、2002年は”JCしかなかった時代から、JCもある時代”になった。その時JCという組織とは何なんだろうととことん考えた。 
 

 
画像 038.jpgのサムネール画像のサムネール画像
そして、色々な経験から青年会議所とは「まちづくり・国づくりが出来る 
【人】を作る団体」だと思った。」と、様々なご経験やユーモアを交えながらJCを熱く語って頂いた。

「13年間情熱を持ってやってきたJCを僕はやってて良かったと思うし、今の自分があるのもJCのおかげ」と熱く語った。

日本青年会議所の会頭職を歴任された松本先輩の言葉に、幾つもの思いと重さを我々会員は痛感した。      
また、現役時代、松本先輩と切磋琢磨しJC活動を共にされた、同志でご友人の他界された話に会員全員が心を打たれた。

そのご友人に、松本先輩は手紙を送ったそうだ。もちろん、その時はご友人が目が覚めた時に渡してもらおうと、ご友人の奥様にその手紙を託したそうだ。
その内容は「夢や希望が敗れた時こそふたたび立ち上がる勇気さえあれば、人はいつでも何度でも立ち上がれる」という言葉だったそうだ。しかし、その手紙を目にすることなくその後友人はお亡くなりになった。それから数年が経ち、今、松本先輩は、逆にその言葉を、亡くなったご友人から自分へのメッセージなんではないかと感じているそうだ。

盛大な拍手で講演を終了し、記念品として「黒じょか」が贈られ、会場を後にされた。

 

 今回の例会を通し、松本先輩の最後の手紙は、今回鹿児島JCメンバーへ向けられたメッセージでもあったんではないかとも感じた。JC活動を行っていると必ず何かしらの感情が湧くものだ。それは今回松本先輩による講演の内容で再認識した。事業を通して芽生えた友情や気づきは無数である。立場は様々であれ同じ時を過ごした仲間がお互い真剣に、鹿児島のまちづくりに向き合っていく中で、おのずと人は成長するのだと改めて痛感した一日であった。

 

画像 115.jpgのサムネール画像

最後、渡辺監事による監事講評では
「このような歴代会頭による講演は貴重な機会である。我々が今、何を、成すべきなのか?再確認することができた。
原点をみつめなおすことがきっとできるであろう。また様々な場面に於いて礼儀礼節を忘れてはなりません。」
と述べ4月例会は閉幕した。

 

 

 

松本秀作先輩  今回は沢山の気付きと貴重なご講演、誠にありがとうございました。

 

(記事:鵜木利成)

(写真:迫裕一郎)

 

 

 

 

4月23(金)ジェイドガーデンパレスにおいて画像1 031.jpg第6回会員拡大推進会議が開催された。
 今回の会議では、本日が入会申込最終日。各委員会毎の報告と、面接・オリエンテーション等、今後の日程についての報告が中心となり、会議が開催された。 

 

 

 

 

画像1 002.jpg
下田理事長の挨拶では、「全員1名拡大と掲げ、メンバー一丸となりJCを広めてこられた事に感謝します。また入会申込者43名(04/23時点)までに拡大できた事に、本当にメンバーの皆様に大変感謝します。しかし、目標は50名必達としております。そこで会員室・LOM活性化委員会にお願しまして、入会申込最終日を27日まで延長してもらいましたので、もう少しお力を皆様お貸し下さい」と述べ、拡大会議が始まった。

 

 

 

 

 会議では、全委員会が順番に最新情報を発表し、画像1 024.jpg全体で意見交換をし、JCを正しく知ってもらう為の対策を話しあった。

その後、入会頂いた方の為のこれからの面接・オリエンテーション等の話しあいをした。

最後に、丸山室長・白男川委員長より、「目標の50名拡大を、面接日まで延長し皆様のお力をお貸し頂きまして、50名必達の為に頑張りましょう。」と締めくくった。

 

 

 

 

 

(記事:伊賀上健司)

(写真:迫 裕一郎)

  • 1