月別アーカイブ

LOM活性化委員会: 2010年5月

IMG_0303.JPG

5月15日(土) ジェイドガーデンパレスにて新入会員オリエンテーションが行われた。この事業は、新入会員へJC運動の理念や活動内容を十分に理解させ、入会時から積極的に活動に参加できるように実施し、また、同期入会者同士や理事役員をはじめとするメンバーとの親睦を深めるため開催されたものである。 

 

 

 


IMG_0300.JPG
はじめに、下田理事長が挨拶で「現在メンバーは、221名で、新入会員の皆さんを合わせて272名になります。JCは必ず始まるときに、国歌斉唱やJCソング斉唱・また綱領唱和などのセレモニーを行います。これは、このJCという組織が掲げている理念です。また、JCは世界各国ににあります。その中の日本JCは『明るい豊かなまちづくり』の実現に向けて運動を行っている団体です。また、皆さんはこれから活動していく中でたくさんの仲間をつくり、友情を深めながら鹿児島のまちに貢献しましょう」と述べられた。

 その後、鹿児島JCの歴史ビデオが流されこれまで鹿児島JCが行ってきた事業紹介が放映された。

 

 

 

 

IMG_0335.JPG

続いて、室・委員会説明が行われ、7室・10委員会で各委員長から委員会の役割・活動内容など説明が行われた。
そして、毎年恒例の新入会員スピーチがはじまった。新入会員スピーチとは、約100名の前で3分間で自己紹介をする最初の修練である。今年も例年同様に、話が続かなくただ立っている人や、時間どおりに納まらない人や、また3分間ちょうど自分を表現出来る人もいたりと、新入会員には、刺激的なスピーチだったようだ。


 

 

IMG_0344.JPG
最後に、監事講評で渡辺監事から「本日の3分間スピーチはいかがだったでしょうか?JC活動では、普段得られない活動から知識ではなく、知恵を学ぶ機会があります。今までの皆さんの生活よりも半歩踏み出すことで、素晴らしくいい意味を得られるでしょう。ぜひJCを楽しんで下さい」
と述べた。

 

 

 

 

 

IMG_0353.JPG
その後、懇親会が行われ、現役メンバーと新入会員が親睦を深めた。オリエンテーションとは違い、和やかな雰囲気の中進み、名刺交換を皆積極的に交わしていた。

 

 

 

 

 

 

(記事:伊賀上健司)

(写真:迫田晃司)

 

 

 

IMG_0201.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
5月7日(金)18:30より、ジェイドガーデンパレスにおいて、2010年度新入会員面接が開催された。新入会メンバーにとってJCメンバーとの正式な初顔合わせという事で、皆かなり緊張した面持ちで、面接に望んでいたが、先輩メンバーの気さくさで和やかな雰囲気で進んでいった。

 

 

 

 

 

新入会員の一人の池田篤志さんは、「想像してたよりも堅い感じがし、少し緊張しました。まだ、具体的な目標とかは無いですが、回数を重ねる事により自分の意見を出していけれるように頑張りたいです。」と本日の感想を述べられ、JCに対する期待感に胸を躍らせていた。

面接会場を8ブースに分け、今回の2010年度新入会員予定者とその推薦人2人の組み合わせ49組を、ひと組約10分間の面接を3時間に渡り行なった。

 

 

 

IMG_0214.JPGのサムネール画像
無事面接が終了し、LOM活性化委員会の白男川委員長は、『今年は最初、拡大に苦労しましたが、各委員会の会員拡大推進担当者・メンバーの皆様に助けられ、49名(5/7現在)の新入会員を迎える事が出来ました。ご協力頂きました、現役メンバー・シニアの先輩方に、LOM活性化委員会を代表しまして、御礼申し上げます。ご協力ありがとうございました。本日は、JCメンバーと最初の交流の場でしたが、新入会員・推薦者共に遅れる事もなく、スムーズに進行出来まして大変感謝致します。青年会議所は、人との繋がりが醍醐味ですので、一緒にまちづくり・人づくりが出来る事をうれしく思います。』と感想を述べられ、本年度、初めから拡大活動を通し、JCを伝えて来た一つの目的が、無事終了した事に少し安堵したようであった。次は、新入会員オリエンテーションが5月15日(土)に開催される。
 

 

                                 

(写真:奥  稔 )

(記事:伊賀上健司)

  • 1