室・委員会基本方針

総務渉外委員会

委員長 脇黒丸一磨

私たち鹿児島青年会議所は、55年の歳月を通し、ひとづくり、まちづくりを行ってまいりました。そして新たな時代へと踏み出していきます。これも、諸先輩方からJC愛を引き継ぎ、代々の鹿児島青年会議所メンバーが積極的に取り組んできたためと考えます。これらの歴史を踏まえつつ、今年度も鹿児島青年会議所が活き活きと積極的に活動し、愛のあるまちづくり運動を推進していくためには、時代にあった組織運営をする必要があります。

そこで、総務渉外委員会は、手帳・基本資料作成を通じて、正確な情報を共有化することで、鹿児島青年会議所メンバー相互が円滑に変革の能動者として活動していく環境を作ってまいります。また、総会・理事会運営についても、通年で行っている業務をそのまま続けていくだけではなく、再度検証し、意味と目的をしっかり理解し、次に繋げるベストな形あるものを作り上げます。

また、渉外活動においては、外部との窓口となる委員会であることを意識し、鹿児島青年会議所メンバーがスムーズに外部とのコミュニケーションができるような設えを整え、志をひとつにする友との交流を深めます。また、来訪される方に対して、魅力ある鹿児島をひとつでも多く感じていただけるような設えをいたします。さらに、各種大会やセミナーに参加することの大切さを伝え、大会参加や渉外活動を通じて、個々のスキル向上の一助としてもらいます。そのために、相手を思いやることを忘れず、何が今必要かを考えながら、各委員会と連携して、渉外活動を推し進めてまいります。そして、渉外される側だけでなくする側も感謝の気持ちを持てるように活動してまいります。

総務渉外委員会が潤滑油となり、組織としての方向性の共有化や全体の事業が円滑に動ける手助けとなります。その結果、鹿児島青年会議所メンバーお互いの結束を強めて、大きな輪となって愛のあるまちづくり運動を推進してまいります。

JC運動発信委員会