室・委員会基本方針

総務情報室

室長 志賀啓一

この55年間、鹿児島青年会議所は常に新たなことに挑戦し続け、ひとづくり・まちづくりに貢献してきました。56年目となった今年も、決して立ち止まることなく、勇気をもって一歩を踏み出さなくてはなりません。総務情報室は、鹿児島青年会議所メンバー一人ひとりが自ら行動し、さらに鹿児島青年会議所という組織が活き活きとJC運動を展開できるような環境を整えるとともに、JC運動を内外に発信し、市民運動へと昇華できるよう、礎となることを目指します。

薩摩の郷中教育がそうであったように、共通の理念と志を持ち、互いに助け合い、コミュニケーションが活性化されてこそ、人は自分のこと以外にも目を向けるようになり、それが地域を、さらには世界をも動かす原動力となります。組織としての理念や目的の共通理解を図るため、活発なコミュニケーションを行うことは、志をひとつにして進むJCという組織においては、最も必要とされていることなのではないでしょうか。

そこで総務情報室では、鹿児島青年会議所という組織全体が、活き活きと運動を展開できるようにするために、メンバー全員が情報と価値観を共有できるような適切な組織運営と、正確な情報伝達を目指します。また、各種大会や出向先の事業、さらには外部団体と協力して活動を進める中にあっては、LOMの窓口としてメンバーをサポートし、鹿児島青年会議所の運動が浸透していくための支えとなります。

そして、JC活動が市民へと伝わるJC運動となり、さらには市民運動へと昇華できるようにするために、鹿児島青年会議所の事業や活動の内容の楽しさやすばらしさのみならず、JC運動の理念や意義を内外伝えてまいります。さらに、地域社会の皆様とも相互理解を図り、地域がJCに求められていること、JCができることを検証してまいります。

メンバー間の結束を強め、また情報だけでなく価値観の共有を強固にすることによって、組織一丸となった鹿児島青年会議所の運動を発信し、愛のあるまちかごしまを形づくる支えとなれるよう、努めてまいります。

総務渉外委員会