室・委員会基本方針

会員室

室長 丸山勲

鹿児島青年会議所は55年間という長い歴史の中、「まちづくり」「ひとづくり」において、会員一人ひとりが、高い志を持ち活動してまいりました。近年、鹿児島青年会議所は会員の増加を続けていますが、社会情勢の悪化により、社会におけるJCの存在意義は高まる中、会員自体のJC活動は多くが青年経済人であるが故に、多くの諸問題が発生してきています。

本年度会員室では、会員に特化したひとづくりについて、鹿児島青年会議所の活性化と捉え「愛のあるまち鹿児島」の実現に向けて、会員が共に成長し、同じ想いの中で責任を持ち行動し、鹿児島青年会議所の誇りを胸に、鹿児島青年会議所の新たな魅力となり、地域に信頼されるひとづくりを目的とします。

そこで、会員室は次の取り組みを行います。ひとつは、会員一人ひとりが多くの人々に鹿児島JCを広く伝え、JCへの理解者を拡大することです。JCを伝え共有することは、共に活き活きと行動すること、お互いが助け合い、各々を取り巻く環境を考慮し思いやる行動を一人ひとりが取ること、などの効果をもたらし、鹿児島青年会議所をより発展させるものと考えます。

もうひとつは、会員研修を通して会員一人ひとりがお互いを刺激し合い、磨きをかけることです。素直な心で、強い想いを持ち、地域のリーダーとして率先して行動できるひとを増やすことで、地域において強い組織である鹿児島青年会議所になると考えます。

会員室は、新たな時代を迎える鹿児島青年会議所が活性化するには、内部からJC運動を伝え、Jaycee自体が成長し、信念を持ち行動できるJayceeを一人でも多く増やし、一人ひとりが魅力溢れるJayceeとなることで、愛のあるまち鹿児島の活性化に繋がると考えます。

会員全員がJCの理念の基に繋がり、愛という言葉のもと、広くJC運動に挑戦していくことが、愛の溢れるまち鹿児島の創造となり、新たな鹿児島青年会議所の強い活動に、そして鹿児島のまちの元気に繋がると確信します。

LOM活性化委員会