室・委員会基本方針

心の交流委員会

委員長 堀之内文人

社会活動の中で、いろいろな物事を創造していくのは“人”です。そして人は、お互いに支え合い、助け合って成り立っているのです。また目まぐるしく変わる社会情勢の中で、人と人の関わる機会が薄れてきたと感じるのは私だけでしょうか。私達は、人と人との繋がりを再確認する事が、明るい豊かなまちづくりの始まりと考え、人と人が心と心を通わす事の出来る活動を展開して参ります。

鹿児島青年会議所は、百人百様の集合体でありながら、明るい豊かなまちづくりという共通の目的を持ち、運動を発信しています。私達の発信するJC運動によって、多くの市民の方々に、まちづくりへの関心を持って頂けます。そして関心を持って頂くことで、鹿児島のことをより良くしたいと共に考え、行動することができると考えます。まずは、メンバーや、身近な人から、JC運動の理解と協力を得る事が、すべての活動原点と考え、心と心の交流をはかる機会を創ります。また、私たちの故郷鹿児島には、人と人との繋がりを創造し、地域の方々に郷土への愛を再認識できる素晴らしい伝統文化があります。その伝統文化への関わりを通じて、更なる郷土鹿児島への愛を強くする機会にして、市民の心に潜在する郷土愛を引き出します。そして、Jayceeを含む市民との心の通い合いから、先人達への心を感じ、人と人との繋がりの大切さに気づくのではないでしょうか。鹿児島を築いていく根底には、そこに住む私達の郷土への強い思いと、心と心の繋がりがあります。そのことを強く意識して行動する事が、愛のある鹿児島の実現に繋がると確信します。

私達の身近な交流から始まる、心と心の繋がりが、家族、Jayceeとの絆をより強めます。更に、時間的、空間的な繋がりを持つ事により、地域の大きな環となり愛の溢れるまち鹿児島を創ると信じて邁進していきます。

国際交流委員会