室・委員会基本方針

教育室

室長 六反俊一

鹿児島青年会議所教育室は、地域に住み、暮らし、働く大人と共に、次世代の主人公たる子供たちが明るい未来を描き、その実現に向け、問題を解決し切り開いていく力、つまり「生きる力」が必要であると考えます。また、私たちJCメンバーは先に生きる者の責任として、子供たちへ深い関心を注ぎ、現状把握に努め、教育に対してよりよいと考えられるものへ積極果敢に挑戦することを使命とします。

現在、様々な要因が重なった社会環境の劇的な変化を目の当たりにしています。それに伴い、家族、地域をはじめとするコミュニティーを形成し、その大切さを子ども達に伝えていかなければならない多くの大人が、先の見えにくい時代に心奪われてしまっているのではないでしょうか。未来ある子供たちは、コミュニティーの中において、思いやり、道徳心、躾などを大人から学び、また、多種多様な価値観を認め合い、共生、共存の大切さを考える機会が少なくなり、成長していくために必要な環境に身をおくことが困難になっているように思えます。それ故、現状を打開するために、責任世代であるJCメンバーは、私たちが住む鹿児島に通じる教育文化、教育風土の下、青少年育成をはじめとした教育というキーワードに取り組み、その中でも、子供たちの「生きる力」の醸成に注力してまいります。また、継続的に行ってきた「生きる力」醸成の機会を創出する青少年育成事業を、市民をはじめとした様々な方々と共に協力し、さらなる情熱をもって能動的に実行、検証します。

JC運動の一環である青少年育成を通して醸成された「生きる力」により、自立した子供たちが、自らの未来に向かって行動し、その歩みを続けていくことで、鹿児島、日本、さらには世界の将来を担っていくものと確信します。

生きる力醸成委員会