室・委員会基本方針

変革の能動者育成委員会

委員長 土屋妥九

中央集権による国のシステムは過渡期にさしかかり、地域主権へ移行しつつあります。 今まで以上に能動的な考えや行動で、自らの地域を創っていかねばなりません。地域の未来を思い描き話し合い、地域づくりに主体的に挑戦する一人ひとりの情熱と行動が必要になってきています。当委員会は、今までの自分の殻を突き破るような情熱をもち、自分の身近な社会から積極的に関わり行動する変革の能動者を一人でも多く育成します。

変革の能動者とは「社会」に対して「やる気をもって挑戦する人」です。具体的には、家族、学校・会社、地域などの身近な「社会」へ向けて積極的に関わりあい、行動していく人です。最近は自分のこと以外には無関心でかつ、利己的な行動をする人を見ることがあります。また、社会へ関わりあい、行動することは大切なことだと気づいている人でも、なかなか行動が伴いません。当委員会では、さまざまな考えや背景をもつ人や組織の中に「自ら」を置き、共通の目標を定め、共に行動する機会を創ります。そこは、自分と社会とのつながりを感じることができる場となり、意識が変わり積極的な行動を生むための一助となるような場とします。共に学び、目標に向かって活動していく過程でそれぞれの役割と責任を感じ、担い、社会と深くつながっていくことで、「自分が、やらねばならない!」という意識をもつ能動的な人を育成します。よりよい社会を築いていくためにはより多くの能動的な人材が必要です。当委員会では集団活動を伴う人材育成事業を企画・実施することで、鹿児島のひとづくりまちづくりに貢献致します。

変革の能動者による「関わりあい(愛)」の勇気ある挑戦が、身近な社会へ波及し、より多くの人へ「今何ができるか、何をすべきか」を訴えかけていきます。それは、活き活きとした家族、学校・会社、鹿児島の原動力となり、愛のあるまち鹿児島を創造します。

鹿児島創造室