室・委員会基本方針

愛のあるまち鹿児島創造委員会

委員長 宮内尚起

鹿児島の将来を占う、環境都市、観光振興、安心・快適なまち、教育といった課題への取り組みには、市民の「心」が鍵を握っています。そこで私たちは、鹿児島がお互いを認め合い、大切に思う気持ちを持って、能動的に関わりあおうとする「愛のある」市民で溢れるまちにしたいと考えました。本年度、鹿児島青年会議所は「愛のあるまち鹿児島」の創造を目指します。私たちは、鹿児島のために、その旗振り役となります。

旗振り役の担いとして、私たちは本年度、鹿児島青年会議所が行なう活動の、集大成となる事業に取り組みます。そのためにまず私たちは、各委員会の取り組みを「愛」という観点から検証し、各委員会が「愛のあるまち」創造に向けて果たした役割を明確にします。そうすることで、それぞれが専門分野で企画・実施した取り組みが「愛のあるまち」創造という理想で結ばれ、その実現に向けた一つの大きな力となるでしょう。そしてそのうえで、各委員会が担った役割を、Jayceeを含めた市民に伝える場を、当委員会が中心となって設けます。また、この場には行政・企業を含めた地域が取り組む活動を「愛」という観点から検証し、その活動に、より多くの市民が、より能動的に関わりあえるように、私たちとの協働という形で参加して頂きます。さらに、その場に集った全ての市民が、相互にコミュニケーションを図り、また様々な経験や感情を共有し得る時間を設えることで、それぞれが持つ「愛」をより深めることを目指します。「愛のあるまち鹿児島」の理想像が体現されるこの場を作る事。それこそが、集大成となる事業に相応しいと考えます。

お互いを認め合い、大切に思う気持ちを持った「愛のある」市民が、身近な問題から将来のまちの課題にまで能動的に関わりあうことで、さらに誰からも愛されるまちに発展していくと確信します。そこに私たちの目指す「愛のあるまち鹿児島」の理想像もあります。

INDEX