::【2011年4月】

4月26日(火)、鹿児島市立科学館において「大人のための宇宙学校」と題し4月公開例会が開催されました。

 

 IMG_6598.JPG

開会にあたり、主催者を代表して社団法人鹿児島青年会議所の末永 考理事長より

「私たちのまち鹿児島は、県内にロケット発射基地2箇所を擁する、宇宙に近いまち。鹿児島青年会議所は10数年前から宇宙というテーマを用いて地域活性・ひとづくり・まちづくりに取り組んできました。本日は約160名の一般参加者の皆様にご参加頂き、本当にありがとうございます。今後もこのような市民参加型の事業を行ってまいります。これからも市民の皆様の積極的なご参加をお待ちしております」と挨拶がありました。

 

また、本来火曜日を休館日としている鹿児島市立科学館の、本例会への特別なご協力に対し、深い感謝の意を述べました。

 

 

 

IMG_6602.JPG次に、本例会を設えた、宇宙を活かしたまちづくり委員会の益満 秀光委員長より趣旨説明がありました。

 「私たちのまち鹿児島は多くの魅力を持った素晴らしい郷土であり、また、その中でも宇宙の魅力に触れられる恵まれた環境にあります。本例会を通して、市民の皆様が日常生活の中で少しでも、宇宙を身近に感じ意識して頂けるようになればと思います。」

 

 

 

■第一部:プラネタリウム鑑賞

 

会場の照明が暗転し、ドームに(4月26日)の鹿児島の夜空が映し出されました。

時間の経過とともにうつろいゆく星空の様子と、しし座・おおくま座・うしかい座・乙女座・からす座・かに座…神話や言い伝えを交えながら春の星座の見つけ方の解説が行われました。興味深く聞き入った参加者は、忘れていた星空の魅力を思い出している様子でした。

 IMG_5709.JPG

続いて、鹿児島市立科学館の宇宙劇場プログラム「HAYABUSA 〜BACK TO THE EARTH〜」の上映が行われました。CGを用いて小惑星探査機「はやぶさ」の7年間の軌跡を感動的に描いた約60分の映画で、「はやぶさ」が本当に多くの危機を乗り越え、大気圏で燃え尽きながらも小惑星イトカワの微粒子を含んだ回収カプセルを地上に届けるラストシーンでは、多くの参加者が感涙する姿が見受けられました。

 

 

 

■第二部:講演

 

プラネタリウム鑑賞終了後、はやぶさ打ち上げ当時の内之浦宇宙空間観測所 所長であり、現JAXA技術参与、そしてNPO法人「子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)」の会長である的川 泰宣(まとがわ やすのり)氏に講演を行っていただきました。

 

 ※講師プロフィールはこちら))) 

 

IMG_6607.JPG

小惑星イトカワの名の由来ともなった、ペンシルロケットの開発者であり「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」糸川 英夫氏がロケット発射基地の建設地を内之浦に決定したときのエピソードから、現地調査チームが地元婦人会からの差し入れで励まされた話や、打ち上げ成功を願う地元住民たちが神社にお参りする姿を見た話などを挙げ、「世界中に数々のロケット発射基地があり、私はその多くに足を運んでいるが、鹿児島・内之浦ほど地域の人たちと深く暖かい心の交流がある打ち上げ施設は他にありません。」と語られました。

 

 

そして「数々の困難を乗り越えて計画の成功を手にしたはやぶさプロジェクトチームの強みは、ミッション(使命)を高いレベルで共有し、がっちり固いチームワークで結ばれていたことでした。人生で最も大切なものは、逆境とよき友である。東日本大震災を受け、まさに日本は逆境に立たされている。いまこそ一億の心をひとつにして、再び光り輝く日本を!」という氏の言葉に、多くの参加者が胸を打たれ、宇宙というものが我々にもたらしてくれる感動や未来への希望がいかに大きなものであるか、いかに大切なものであるかを噛み締めるとても有意義な講演となりました。

 

 

 

 

IMG_6621.JPG最後に、末永 考理事長より、的川 泰宣氏へ「私も母方の実家が種子島だったので、幼いころロケット打ち上げの振動で家が揺れた思い出があります。やはり鹿児島はとても宇宙とつながりの深い地域であり、その魅力を伝えていくことが大切です。この例会を通して、参加者の皆さんが宇宙への興味を改めて感じ、宇宙に近いまち鹿児島の魅力を再認識していただけたなら幸いです。宇宙というものを通して学べるものは数多くあります。的川さんが講演でおっしゃっていたように、日本が逆境に立たされている今こそ、我々鹿児島青年会議所が先頭に立って日本を引っ張っていく気持ちで頑張りたいと思います。今日は本当に貴重な講演ありがとうございました。」と謝辞を述べられました。

 

 

 我々鹿児島青年会議所メンバーにとっても、鹿児島のもつ魅力のひとつとして宇宙との繋がりというものがとても大切なものであることを再認識する機会となり、また、未来の鹿児島を担うことになる子供たちにも、宇宙のロマン・感動を伝えていく必要があると感じました。

そして、将来を見据えながら、やるべきことを確実にやっていく、的川氏が講演の中で引用されていた碁の言葉、「着眼大局 着手小局」を行っていこうと決心した例会になりました。

 

 

(記事: 高山 慎司)

(撮影: 仙田 匡拡、奥 稔、溜 伸康)

4月13日(水)、ジェイドガーデンパレスにて「第5回会員拡大推進会議」が開催された。

 

 

DSC00119_1.JPG

 

初めに、末永考理事長が挨拶にて「当初の予定では今日が最終の締切という状況ではありましたけれども、締切を面接前日まで延長し、目標に向けて最後まであきらめずに引き続きやっていく必要がありますのでご協力をお願いします」と参加メンバーへ訴えた。

 

 

 


DSC00121_1.JPG

 

 続いて、下田勝利直前理事長が「拡大は目的ではなくて手法の一つです。LOM、地域の活性化、日本、世界の笑顔のためにやっていくそれが会員拡大運動、つまりJC運動そのものです。拡大を大成功させて自分たちの委員会の事業へステップアップしてほしいと思います。」と述べた。

 

 

 

 

DSC00126_1.JPG 

会議では、各委員会より最新の拡大活動状況について報告が行われ、30%拡大の目標を達成するために、それぞれの案件に関しての今後の取り組みについて多くの意見が交わされた。
 

 また、LOM活性化委員会より、入会希望者面接、新入会員オリエンテーションといった今後のスケジュールについて説明があった。

 

 

 

最後の監事講評では、川原肇監事が「これからますます拡大活動を活性化し、目標の66名をなんとか達成しましょう。」とメンバーへ呼びかけ、会議を終了した。

 

(写真:濱脇 義次 

(記事:奥 稔)

 

東北地方太平洋沖地震義捐金口座」開設のお知らせ

社団法人鹿児島青年会議所では、東北地方太平洋沖地震に対する義捐金口座を開設しましたのでお知らせ致します。

お預かりした義捐金は、公益社団法人 日本青年会議所を通じて被災地復興のための費用及び支援金として役立たせて戴きます。

なにとぞ本支援金に関してご理解、ご協力を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具

 

 

【東北地方太平洋沖地震 義捐金口座】

 

銀行名:  鹿児島銀行  本店

 

口座番号: 普通預金 2387077

 

口座名義: 鹿児島JC 東北地方太平洋沖地震義捐金口座

カゴシマジエーシー トウホクチホウタイヘイヨウオキジシンギエンキンコウザ

 

 

【振込に関する注意事項】

①  振込手数料は無料です。 

※但し、「鹿児島銀行 窓口」にてお振込の場合に限ります。

     (ATMからの振込は手数料がかかります。)

②  振込の際は、「企業名」もしくは「個人名」をかならず表示ください。

③  社団法人鹿児島青年会議所への義捐金は、すべて公益社団法人日本青年会議所へ一括して振り込み致します。

  

【法人税の優遇措置について】

今回の義捐金につきまして、「鹿児島JCの義捐金は、すべて日本JCに振込まれる」ため、鹿児島JC義捐金も法人税の優遇措置がうけることができるという事です。(詳細は各税務署等にお尋ね下さい。)

 

※ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

 

(社)鹿児島青年会議所 事務局 TEL:099-222-1342 

 

大人のための宇宙学校

~夢やロマン・魅力あふれる宇宙~

18歳以上参加者募集中!!

 

私たちのまち鹿児島は、歴史、伝統、食文化、そして、鹿児島を代表する

火山や錦江湾、世界遺産という多くの魅力があり、その中でも鹿児島は

ロケット発射基地という他県では見られない地域特性を持ち、宇宙を身近に

感じられる環境が存在しています。

この恵まれた環境に住む私たちは、その素晴らしい地域特性を鹿児島の

まちづくりに活かし、その魅力を日常当り前のように意識する事が必要だと

考えます。そのためには、宇宙の魅力を学び知る事から始めたいと考えました。

そこで本例会では、地球を飛び立ち幻想的な宇宙空間から美しい星空、また

臨場感あふれる映像からは宇宙の魅力、宇宙開発技術の素晴らしさを

体感しながら学んで頂きたいと考え、下記の通り「大人のための宇宙学校」

を計画致しました。

興味のある方は、是非ご参加ください。

 

 

日 時 4月26日(火)19時開演

 

場 所 鹿児島市立科学館5階

 

第1部 プラネタリウム観賞

・鹿児島と宇宙を学ぶ

・「はやぶさの軌跡」

 

第2部 講 演

テーマ「宇宙を身近に感じる」

講 師NPO法人「子ども・宇宙・未来の会」会長 

的川 泰宣 氏

 resize0001.jpgmousikomi.jpg