KJC NEWS ENTRY

第9回鹿児島100㎞徒歩の旅 第一回現地調査

5月15日、第9回鹿児島100㎞徒歩の旅 第一回目の現地調査が行われ、鹿児島青年会議所のメンバーとともに、ボランティア48名resize0017.jpgが重富小学校から県民交流センターまで歩いた。

長距離を歩くのは初めての人もいましたが、経験者を中心にペース配分や、チックサックコールなど声をかけあい、ゴールである県民交流センターに到着した。
今後、現地調査などを繰り返し行い、子供たちが安全に安心して歩けるよう、コースや休憩場所等を調査する。
 resize0018.jpg
 

 

 

澤 真一 団長に、取材し「みんなよく歩きました。遅れた人もいましたが、本番まで3カ月ありますのでしっかりと歩けるように体力つくりをしましょう。またみんながこのコースを歩くことによって、小学生たちに何を伝えていくのか、また何を準備していかなければならないかを考えて下さい。まだ始まったばかりです。これから頑張りましょう。」そして、中村 信吾 委員は、『ボランティアたちが朝来た時には、まだみんな打ち解けあっていませんでしたが、歩いているうちに頑張っていこうと声を掛け合うようになり、自然と打ち解けあっていきました。これから何をしていかないといけないか、個人それぞれが感じ取っており、本番に向けて意識が高まっていきました。』と意気込みを語った。

 

 

100km徒歩の旅は、小学校4年生~6年生を対象に、4泊5日で子供たちが100km歩き集団で行動していく中で、生きる力を育んでもらおうという事業で、本年度で9回目を迎える。
この事業は、毎年学生を中心としたボランティアの人たちによって支えられている、今年も5月1日のボランティア説明会(http://www.kagoshimajc.org/2011/2011/05/cat23108.php)に始まり、翌週の5月7にはボランティア研(http://www.kagoshimajc.org/2011/2011/05/jc111.php)が行われ、8月 3日(水) ~8月7日(日)にかけて行われresize2011515.jpgる本番(第二講座)へむけて、合計8回の研修や7月 3日(日)第1講座では保護者説明会が予定されてる。

 

 

 

 

 

鹿児島青年会議所では、一緒に100km徒歩の旅に参加していただける、市内の小学生4年生から6年生までの募集をしております、詳しくは鹿児島青年会議所事務局までお問い合わせください。