KJC NEWS ENTRY

新入会員オリエンテーション開催

5月14日(土)13時30分から鹿児島市社会福祉協議会ボランティアセンター5階にて「2011年度新入会員オリエンテーション」が行われた。

 

 

 

DSC03252.JPG

このオリエンテーションは、新入会員へ鹿児島青年会議所の理念や活動内容を説明し、入会時から積極的に活動に参加できるように、また、同期入会者同士や理事役員をはじめとするメンバーとの親睦を深めるために開催された。

 

 

 

 

新入会員には初めての経験となるJCIクリードの唱和等、厳粛なセレモニーから始まった。

 

DSC03256.JPG

その後、鹿児島青年会議所 末永 考 理事長より「今回52名の新入会員を迎えることができ大変嬉しく思います。解らない点は現役のメンバーに積極的に質問をし、皆さんが一日でも早くJCマンとなれるように積極的な活動を期待しております。本日は長丁場となりますが同期の仲間、周りの先輩と積極的に名刺交換をし仲間を増やしてください。」と挨拶を述べた。

 

 DSC03269.JPG

続いて、鹿児島青年会議所 岩田 和大 副理事長よりDVDを用いたJCの理念、組織、JC用語、歴史等について説明があり、「JCの様々な活動に能動的に参加し、経験することで各企業が成長し、鹿児島が成長し、そして日本が成長することに繋がると思います。皆さん頑張って行きましょう!」と述べた。

その後、6室・12委員会の各室長、各委員長による委員会の役割・事業内容などの説明が行われた。

 

 

そして、新入会員スピーチが始まった。

DSC03295.JPG新入会員スピーチとは、新入会員や現役メンバーの前で2分間で自己紹介をする最初の修練である。今年も例年同様に、話が続かなく沈黙したり、時間内に納まらない人や、また2分間ちょうどで自分を表現出来る人もいたりと、新入会員には、とても刺激的なスピーチとなった。

 

 

 

 

 

最後に、鹿児島青年会議所 川原 肇 監事から「今後みなさんはJCを通じて様々な経験をしていくと思います。最後の学校と言われるJCで泣いたり、笑ったり、悔しがったりしながら、人づくり、まちづくり、自分づくりに励んで下さい。自分に正直に活動に取り組むことで意義あるJC活動を送って下さい。頑張りましょう!」とエールが送られた。 

 

 

その後、山形屋1号館7階にて懇親会が行われた。

緊張感を残しつつの開会だったが、会の進むにつれ新入会員も積極的に名刺交換や会話を交わしながら親睦を深めた。

 

本日のオリエンテーションを終えて新入会員の 林 あいさんは、 「スピーチが初めての経験ですごく緊張したけど早速いい経験をさせて頂きました。これから数少ない女性会員としてできることに取り組んでいきたいと思います。」と抱負を述べた。

 

また、今回のオリエンテーションの設えを担当した LOM活性化委員会の中嶋 紀典 委員長は、 「本年度は皆様のご協力のもと52名の新入会員を迎えることができました。新入会員がこれからJCに早く順応して頂けるよう最大の努力をしたいと思います。」と意気込みを語った。

 

(撮影・記事 土 俊二郎 森永 一郎)