KJC NEWS ENTRY

鹿児島祇園大祭「おぎおんさあ」

7月24日(日)、鹿児島の夏を彩る風物詩、おぎおんさあ(祇園祭)が今年も開催された。

(社)鹿児島青年会議所は毎年一番神輿を担ぐ大役を担っており、本年度は青年会議所現役メンバーと一般参加者、そして一番神輿を担ぐ会の会員、また本年度はこども神輿を1基増やして2基での参加となり、大人子ども併せて総勢270名近くの参加者が集まった。
 
当日は好天に恵まれ、早朝から担ぎ手たちが吹上荘に集合し、到着した人から続々と締込姿に着替えていった。
9時から行われた出発式では、(社)鹿児島青年会議所 第57代 末永 考 理事長から「今年は、3月に東日本大震災が起こりました。鹿児島から元気を発信したいです。そもそもおぎおんさぁは、悪疫退散・商売繁盛・無病息災の願いを掛けて行われます。皆さんの気合いの入った神輿を期待します」と挨拶があり、故郷づくり委員会メンバーの自己紹介、そして本年度、一番神輿頭を務める 世界と鹿児島室 渡 康嘉 室長から「神輿は九基出るが、御神体が入るのはこの一番神輿だけ。どの神輿よりも声をだして気合の入った神輿を担ぎましょう!」と、熱い気合いのこもった挨拶が行われ、担ぎ手一同からも気合いの入った返事があった。
IMG_0508.JPGのサムネール画像 IMG_0509.JPGのサムネール画像
IMG_0522.JPGのサムネール画像 IMG_0523.JPGのサムネール画像
 
その後、八坂神社へ移動し、一番・弐番・参番・七番・八番の担ぎ手たちはお祓いを受けた後、神輿宮出しが行われた。
IMG_0674.JPGのサムネール画像 IMG_0677.JPGのサムネール画像
IMG_0553.JPGのサムネール画像 IMG_0576.JPGのサムネール画像
八坂神社から中央公園までの道中では沿道の方々から力水をかけられ、担ぎ手たちの気合いも一層高まり、中央公園で出迎える四番・五番・六番、そして今年から新しく加わった九番神輿の担ぎ手達からの拍手に包まれながら、無事に神輿宮出しが行われた。
IMG_0687.JPGのサムネール画像 IMG_0642.JPGのサムネール画像
IMG_0656.JPGのサムネール画像 CIMG0196.JPG
出迎えには子ども神輿の参加者も整列し、自分の父親が神輿を担ぐ姿を熱いまなざしで見守る子ども達もいた。
 
休憩の後、昨年に引き続き発幸祭が行われるいづろ通り交差点へ向けて神輿連は出発した。沿道の観客が大勢見守る天文館のアーケード内では担ぎ手たちの「ソイヤ!」の掛け声がこだまし、観客からは何度も歓声が挙がった。
IMG_0691.JPGのサムネール画像 IMG_0697.JPGのサムネール画像
IMG_0709.JPGのサムネール画像 IMG_0701.JPGのサムネール画像
 
いづろ交差点に全神輿が到着後、発幸祭が行われた。ここで一番神輿に御神体が入れられ、ご神幸行列が始まった。ここからが本番である。
IMG_0720.JPGのサムネール画像 IMG_0721.JPGのサムネール画像
IMG_0726.JPGのサムネール画像
 
露払・傘・鉾・牛車等の行列の後、総勢九基の神輿連が歩行者天国となった天文館の電車通りを練り歩き、道中行われる差し上げの演技や稚児上げの際には沿道から拍手と歓声が上がり、担ぎ手たちの気合いも一層高まる。
IMG_0731.JPG IMG_0727.JPG
IMG_0728.JPG IMG_0730.JPG
 
その後には12基の子どもみこしも続く。12基の内の2基は鹿児島青年会議所が担当する子どもみこしで、他の子どもみこしに負けない元気な声で「ソイヤ!ソイヤ!」と掛け声をあげていた。参加している子ども達の内、5年生と6年生の男の子たちは締込姿に着替えて参加し、大人顔負けの威勢の良さで沿道の観客を大いに沸かせていたが、沿道からの力水(散水)を浴びると、大声を上げてはしゃぎ、担いでいる時とはうってかわって子どもらしい一面も覗かせていた。
CIMG0214.JPG CIMG0223.JPG
CIMG0248.JPG CIMG0246.JPG
 
本年度は発幸祭以降「一番神輿は、神輿には乗らない」と決め、ご神幸行列の間は渡頭も末永理事長も担ぎ手たちと一緒に練り歩き、みんなの心が一体となった一番神輿は更に気勢を上げて突き進んでいった。
そして、着幸祭が行われるアイムビルの前に到着した際には、担ぎ手一同精根尽き果てながらも、やり遂げた満足感と自信に満ち溢れた顔であった。
IMG_0734.JPG IMG_0737.JPG
IMG_0735.JPG
 
九基の神輿がすべて到着し、着幸祭がしめやかに執り行われ、平成23年度のおぎおんさあ(祇園祭)は幕を下ろした。
本祭終了後、吹上荘に戻って懇親会が行われた。
故郷づくり委員会をはじめとする運営メンバー一同から参加者への感謝の言葉が延べられ、無事に担ぎ終えた参加者一同、お互いの労をねぎらっていた。
CIMG0310.JPG CIMG0312.JPG
CIMG0299.JPG CIMG0305.JPG
 
(撮影・記事: JC運動発信委員会 )