KJC NEWS ENTRY

【復興支援プロジェクト】かごしまコスモアカデミー in 種子島(3日目・4日目)

IMG_0398.JPG8月28日、子供たちが一番楽しみにしていたH-ⅡAロケット19号機は搭載機器に不適合が確認されたため、打ち上げを延期することになった。しかし早起きの子供たちは眠たい目をこすりながら元気いっぱいにラジオ体操をし、朝食をすませると足早にバスに乗り込みGPS宝さがしに出かけて行った。IMG_0342.JPG

バスに揺られながら着いた先は南種子島の浜田海水浴場にある「千座の岩屋」。太平洋の波が造った海食洞窟で1000人もの人が座れる広さがあるという意味でこの名前がついた。干潮時にはその全容が姿を現し、いくつにも枝分かれした洞窟の中に入ることができる。海に向かって大きな口を開けたような形はまさに自然の驚異だった。「よーいドン!」前日青年会議所メンバーがこっそり砂浜に埋めた宝(ペットボトル)を子供たちが我先に見つけようと駆け出していく。GPS機器を頼りに手さぐり、足さぐりで砂浜を掘り起し南国の日差しを背に受け汗びっしょりになりながら、そしてみんなで力を合わせて宝を探し出した。昼食を取り子供たちが大好きな冷たいかき氷を食べた後、再び種子島宇宙センターを目指した。IMG_0353.JPGIMG_0391.JPG

IMG_0341.JPGIMG_0349.JPGIMG_0347.JPGJAXAのご厚意によりHⅡAロケット打ち上げ延期となった代案としてセンター内の芝生ですいか割り大会と火薬式ミニミニロケット発射体験をさせて頂いた。総面積約970平方メートルにもおよぶ種子島東南の海岸線に面した世界一美しい宇宙センターで食べるすいかは格別に甘くてとても瑞々しく子供たちの火照った体を一気に冷ました。十分な休憩をした後、場所を宇宙科学技術館に移しオーディオルームにてHⅡAロケットとスペースシャトルの発射音を大型スピーカーシステムにて体験した。その発射音は実際のロケット発射場より3km離れた場所からの音でその音は体がビリビリと震える程のものであった。すさまじい爆音を体感した後、宇宙センターの紹介VTRを鑑賞した。子供たちは真剣な面持ちで画面に釘付けになり、質疑応答の時には時間が足りないほどであった。IMG_0388.JPGIMG_0371.JPG

楽しい時間はあっという間に過ぎていき、そろそろホテルへと向かう時間になった。2日間お世話になった地に別れを告げ我々は宇宙センターを後にした。ホテル到着後、各自部屋に入り今日一生懸命にかいた汗を仲間たちと共にお風呂で流し合った。さっぱりした後は待ちに待った夕食の時間である。こんなに大勢で食べる夕食は今日で最後、みんな過ぎゆく時間を惜しむかのようにカレーを食べた。

おなかもいっぱいになったところでお別れ会の時間がきた。社団法人福島青年会議所 宮崎 秀剛理事長より挨拶があり「今回みんなが出会IMG_0401.JPGえたご縁を大切にしてほしい、この3日間だけではなくこれかも末永く続けていってもらいたい」と述べた。今回の3日間を振り返るスライドショーをみんな笑いあいながらまた、恥ずかしがりながら少し淋しげに眺めていた。就寝時間もかなり迫り時間をおしてのGPS宝さがしの表彰式を行い。1斑から12班までの子供たちに修了証書が手渡され福島、鹿児島の代表の子供たちがこの3日間の感想を述べた。福島代表の子供は原発の影響で外で思い切り遊べなかったけどここでは何も気にせず遊べてとても楽しかったと語った。最後に社団法人鹿児島青年会議所 末永 考理事長より「今回覚えてもらいたい事は人は明るく前を向いて歩いて行かなければならない、そしてあなたたちが20歳ぐらいになった時、この日本の社会の中心になるのはきっとあなたたちであるのでしっかりと勉強して下さい」と挨拶した。3日間おもいっきり走り回り汗をかいてあごが疲れるくらいおしゃべりをし、友情を深めた仲間たちと部屋に戻り深い眠りについた。

IMG_0410.JPGIMG_0440.JPGIMG_0424.JPGIMG_0446.JPG8月29日、朝から元気な子供たちはホテルのロビーに徐々に集まってきた。各班点呼を取り歩いて港に向かった。いよいよ別れの時である。台風の影響もなく、スムーズに船は西之表港を出港した。9時38分鹿児島北埠頭に到着。閉会式では、福島の子供たちと鹿児島の子供たちがお互いに向かい合い最後の別れの挨拶をした後、福島の子供たちがバスに乗り込むと子供たちは大きな声で「またね。」「元気でね。」「メールしてね。」と本当に別れを惜しみながら手を振って別れを告げた。子供たちの夏休み最後の週末のに、最高の思い出作りが出来た。

IMG_0449.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_0458.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_0419.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_0462.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真・記事 : 小田 公久)