KJC NEWS ENTRY

【復興支援プロジェクト】かごしまコスモアカデミー in 種子島(2日目)

8月27日朝6時、かごしまコスモアカデミーin種子島2日目を迎えた鹿児島と福島の子どもたち100名は、起床後しっかり身支度と寝具の片付けを行ってからラジオ体操を行う八坂神社境内へと向かった。 

DSC_0441.JPG   DSC_0456.JPG

八坂神社境内に児童100名が集合し、班ごとに整列してラジオ体操を行った。当たり前のことのように見えるが、福島では夏休みの朝のラジオ体操を行っていない所もあるという。この日の種子島は快晴、入道雲が沸く夏空のもと、緑の芝生の上で子どもたちはのびのびと腕を広げていた 。

 

  

DSC_0490.JPG

朝食を済ませ、子どもたちが乗り込んだバスが到着したのはJAXA(宇宙航空研究開発機構)種子島宇宙センターの宇宙科学技術館。海に面した広大な敷地に立ち、宇宙と人類のかかわり、人工衛星およびロケットの仕組み等がわかりやすく展示されている。 

 DSC_0505.JPG  DSC_0506.JPG

 

 DSC_0541.JPG  DSC_0526.JPG

  

 DSC_0544.JPG DSC_0537.JPG

 

宇宙科学技術館を見学した子どもたちは、施設内のバスツアーで大型ロケット発射場などを見て周った。宇宙科学技術館前の芝生で昼食をとり、しばしの休憩時間。子どもたちは鬼ごっこなど思い切り走り回り遊んでいた。 

 DSC_0625.JPG  DSC_0649.JPG

 

 DSC_0652.JPG  DSC_0667.JPG

  

 DSC_0682.JPG  DSC_0689.JPG

 

 

 午後からはJAXAの係員の指導の下、ペットボトルロケットの作成を行った。

 DSC_0701.JPG  DSC_0712.JPG

  

 DSC_0719.JPG  DSC_0728.JPG

 

 DSC_0756.JPG  DSC_0796.JPG

子どもたちは道具を渡したり、譲ったり、作り方が分からない部分を訊いたり、教えたり、工作が苦手な子が出来ない部分を、出来る子がやってあげたりと、コミュニケーションを取りながら楽しく作成に取り組んだ。 

 

 

 

 DSC_0830.JPG

  全員がペットボトルロケットを完成させてから、各自その作品を手にして集合写真を撮影した。この後、自作のペットボトルロケットを発射させ、種子島宇宙センターをあとにした。

 

再度バスに乗り込み、途中、河内温泉センターにて入浴し、種子島少年自然の家に到着。夕食はバーベキュー、その後天体観測を行った。

 

 

(写真・記事 : 高山 慎司)