KJC NEWS ENTRY

第二回 通常総会

8月23日(火)城山観光ホテル 飛鳥の間において、 2011年度 社団法人鹿児島青年会議所 第2回通常第二回通常総会(1).jpg総会が開催された。

末長 考理事長の挨拶では、「例年ですと、次年度の承認を頂く大事な総会となります。私もちょうど一年前に、この第2回通常総会で承認を頂いて早1年が経とうとしております。私の掲げている「みんなのために」と言うスローガン」のもと、皆様のご協力もあって順調に事業も進んでいる。2008年度から鹿児島青年会議所では、公益社団法人の取得に向けて活動をして来ていて、本日の第2回通常総会では通常の議案に加えまして公益取得に向けての定款変更・諸規定の変更・予算の変更など重要な議案がたくさんあります。毎年この様に大きく変わると言う事は無いので、皆さんに参加頂きしっかりと審議を頂いた上で申請を致します。
申請後認定が下りますと、来年からは「公益社団法人 鹿児島青年会議所」となれるように、皆さんの審議を頂きたく思います。そして総会の始まる前に臨時理事会を開催し、まだ全員ではありませんが、本日の臨時理事会をもって正会員となりました。新たに仲間が増えました、先輩になるメンバーはしっかりと新入会員に指導して頂きたいですし、新入会員の皆さんも先輩の話をしっかり聞き、より良い鹿児島青年会議所となるように引き続きご協力をお願いしたいと思います。」との挨拶があった。


 その後、2011年度の下記の案件についての決議が行われた。内容は下記のようだった。


第 1号議案 議事録署名人に関する件
第 2号議案 2011年度(社)鹿児島青年会議所 第1回通常総会議事録承認の件
第 3号議案 2012年度(社)鹿児島青年会議所 理事長選任の件
第 4号議案 2012年度(社)鹿児島青年会議所 理事選任の件
第 5号議案 2012年度(社)鹿児島青年会議所 監事選任の件
第 6号議運 2011年度 一般会計補正予算(案)の件
第 7号議案 2011年度 登録料分担金補正収支予算(案)の件
第 8号議案 JC基金並びにまちづくり事業特別会計の制度移行の件
第 9号議案 公益認定に伴う定款変更(案)の件
第 10号議案 公益認定に伴う平成23年度収支補正予算(案)の件
第 11号議案 公益認定に伴う諸規定変更(案)の件

、2012年度(社)鹿児島青年会議所 理事長選任の件については、選挙管理委員長 馬場 純一君より、2012年度の理事長に野元 一臣君が当選。

2012年度(社)鹿児島青年会議所理事選任の件については、24名の立候補を受理。
8月理事会において指名理事5名、計30名が承認。

又、末長 考理事長より2012年度監事選任の件については、8月理事会において3名が承認された旨が報告された。
 
第 6号議運 2011年度 一般会計補正予算(案)の件
第 7号議案 2011年度 登録料分担金補正収支予算(案)の件
第 8号議案 JC基金並びにまちづくり事業特別会計の制度移行の件
第 9号議案 公益認定に伴う定款変更(案)の件
第 10号議案 公益認定に伴う平成23年度収支補正予算(案)の件
第 11号議案 公益認定に伴う諸規定変更(案)の件第二回通常総会 (2).jpg

 

上記の6議案は、有川専務より説明があり、第 9号議案公益認定に伴う定款変更(案)の件及び、第 10号議案 公益認定に伴う平成23年度収支補正予算(案)の件及び、第 11号議案 公益認定に伴う諸規定変更(案)の件では「今後の修正箇所等に関しまして、重大な内容の修正に関しまして、行政庁から再度総会の承認を得るように指示があった場合は、臨時総会を開催致します。これも合わせて承認を頂きたく思います」と話す、

なお第 9号議案 公益認定に伴う定款変更(案)の件では、定款の変更と言う重要な変更と言う事で定款38条を満たす必要があり、総務委員会の松山真輔委員長より定足数の報告があり「正会員数217名に対して出席者数121、委任状59通 合計180 となり、総正会員数の3分の2以上となります」と報告があり、異議無しで承認を得た。

 

*鹿児島青年会議所定款
第8章 定款の変更及び解散
第38条
この定款は、総会において総正会員数の3分の2以上の同意を得て鹿児島知事の許可を得なければ変更する事が出来ない

 

全ての議案は承認された。

 

第二回通常総会 (3).jpg
その後、第 3号議案 2012年度(社)鹿児島青年会議所 理事長選任の件にて、承認を頂いた、2012年度(社)鹿児島青年会議所 理事長予定者の野元 一臣君より「先程の、2012年度(社)鹿児島青年会議所理事選任で、24名、指名理事5名、幹事3名の承認を頂き、その重責と言う物が肩に圧し掛かっております。この歴史ある鹿児島青年会議所の理事長を担うにあたり、また2012年度公益社団法人鹿児島青年会議所の元年を迎えようとしている年に、理事長を務めるにあたり、2003年に入会しまして、今思えば沢山の方々との出会いがあり、そして鹿児島青年会議所から様々な機会を頂き少しずつであるが自分なりに成長させてもらったのではないかと思います。改めて入会当初の初々しい気持ちを改めて抱きながら本日集まった鹿児島青年会議所のメンバーと、2012年1月1日に素晴らしいスタートが切れますように、33名年内精一杯準備してまいります。」と挨拶があった。

 


 第二回通常総会 (4).jpg
最後にシニアクラブ代表挨拶では、第40代理事長 津曲貞利先輩より「組織としては、10数年ぶりの組織変更のと言う重要な議案が通った記念すべき総会であったと思います。それには数年に渡ります努力があったからではないかと思います。公益社団法人 鹿児島青年会議所となる事が社会的にどの様な影響や、皆様方にどの様な影響が出るかは、もう少し議論をした方がよかったのでは無いかと思います。過去の延長線上に未来がある訳では無いのですが、過去と未来を結ぶ理事長しては、将来の色々な姿を考え2012年度何をすればいいのかを考えJCライフを送って行って欲しいと思います。」との挨拶を頂き。2011年度の第2回通常総会は無事に閉会となった。