KJC NEWS ENTRY

9月公開例会 夜回り先生 水谷 修 氏
講演会講演テーマ「思いやりと行動力で」
~人、心、つながる絆~

9月27日(火)城山観光ホテル 飛鳥の間にて9月例会が開催された。今回の例会は、一般の方も聴講できる公開例会として株式会社 水谷青少年問題研究所 代表 水谷修氏をお招きし「思いやりと行動力で」 ~人、心、つながる絆~ と題し講演が行われた。

 

はじめに鹿児島青年会議所 末永 考理事長が挨拶の中で、聴講へ来られた一般参加者へ向け今回の講演参加へのお礼と青年会議所の理念、生い立ちを説明され、鹿児島青年会議所が行っている様々な活動(事業等)を報告した。その上で「明るい豊かな鹿児島の街づくりのために今後の鹿児島青年会議所の活動にご支援とご協力をお願いいたします。」と一般参加者へ呼びかけをした。 末永理事長.jpg

次に、鹿児島青年会議所 渉外委員会 有村勝友委員長が趣旨説明を行い、「今回の震災を受けて、ボランティアだけでなく、被災者同士が、助け合い、行動を起こしたことにより、私たちは、「利他の精神」の大切さを改めて実感することになりました。そして、このような有事に限らず日常において、思いやりの心あふれる社会を構築し、活力ある地域づくりが必要だと考えます。そのためには、自ら行動をおこす事の出来る気持ちで、あらゆる事に対して前向きに行動し、周囲の人々が共感、共助し、多くの絆を育んでいくような取り組みが必要です。鹿児島という地域で、それが実践されるためにはどうすればよいのだろうか、それらを今一度認識していただいて、もっとこの鹿児島をよくするためにみんなで考える時間としていただき、何か一つでもお土産を持って帰っていただければ幸いです。」と述べた。


DSC_0221.JPG
 
その後、水谷修氏による講演が始まった。「私たち大人が優しさに満ち溢れた社会を作らなければいけない。」と強く訴え、悩みや苦しみを抱えた多くの子どもたちの心に寄り添い共に生きようと述べた。大人の都合を子どもたちに押しつけるのではなく、大人として親として負うべき社会的責任を自覚し、「相手を思いやる心」の行動にて、自らが多くの人々に模範を示し、明るく導いていく意識を得ていただきたいと訴えた。また、今までの20年間行ってきた「夜の生活(=夜回り活動等)」を通じて得た様々な経験を赤裸々に語られた。
水谷氏.jpg DSC_0234.JPG
DSC_0263.JPG DSC_02700.JPG

 

そして最後に子供たちに向け「生きてる(=命)の大事さ」の重要性を説かれた。


監事講評では鹿児島青年会議所 川原肇監事が「今日の講演の中で、6つのキーワードがあった。①愛は語るもではない、見せるものだ。②人を幸せにする為に人は生きる。③「生んでくれてありがとう」と言われて始めて親になれる。④社会全体がイライラしている。それを子供たちにあたってはならない。⑤子供は9褒めて1叱れ。⑥命の尊さ、つなげる命の大事さ。我々はこのことについて考え、そして実践していかなければならない。」と述べた。

最後に新年度への心構えをとして「委員会を支えるのは委員ひとりひとりであることを再認識していただきたい」とメンバーへ呼びかけ、9月例会は閉会した。

 

記事作成:荒武貞夫

写真撮影:高山慎司/五反敏行