KJC NEWS ENTRY

10月例会開催

IMG_0733.JPG10月25日(火)城山観光ホテル 飛鳥の間おいて10月例会が開催された。
今回の例会は、これまで鹿児島青年会議所が、2003年度から9年間にわたり青少年育成事業として行ってきた、鹿児島100km徒歩の旅の活動報告ならびに総括が行われた。

冒頭の理事長挨拶では、鹿児島青年会議所 末永考理事長が「今日は外部から講師をお呼びせず、メンバーによる手作り例会という形になっております。久々ということで、非常に期待しております。」と今例会への期待を述べた。また、例会の出席率について言及し「JCIミッションにもありますが、機会を提供するというのがJCの役割であります。例会という月1回の与えられた機会を、しっかりと考えてほしいと思います。」と参加メンバーに呼びかけた。

 

 

 

ひきつづき、鹿児島青年会議所 青少年育成委員会による例会が始った、鹿児島100km徒歩の旅についての活動報告が、寸劇や映像などを交えて行われた。2003年度から2011年度までの事業の様子について映像が流れ、その後、これまでの青少年育成事業は、青少年たちが大人になっていく成長過程で、大事な要素と思われる部分を育むことを目的とし、その中でも豊かな人間性、自ら学び考え問題を解決する能力、たくましく生きるための健康や体力といった「生きる力」を育むことがテーマとされてきたことが説明された。
また、鹿児島100km徒歩の旅について、事前説明の第1講座、実際に100km歩く第2講座、総括の第3講座といった各講座の内容、またボランティアスタッフの役割などが改めて紹介され、これらによって子どもたちの自立心や思いやりの心を育んできたことが説明された。

 

 

 

 IMG_0747.JPGIMG_0653 (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、保護者へのアンケートについて、多数の方々が来年以降参加させたいと思っていただいたこと、ボランティアスタッフに接して昨今の若者に対する印象が良くなったことなどが紹介された。
また、子どもの時に鹿児島100km徒歩の旅に参加したことのあるボランティアスタッフへのアンケートでは、参加したことによって好きなことには最後まであきらめずに取り組むことができるようになった、苦しいことに耐えることで強くなれた、楽しい鹿児島100km徒歩の旅の裏には、たくさんの人の思いや努力苦労があったのだと実感し子どものころには見れなかったものが見れてよかった、といった感想が紹介された。

 

 

 IMG_0649 (2).JPG

 

 

 

 

 

 

最後に、青少年育成事業のまとめとして2011年度鹿児島100km徒歩の旅団長の青少年育成委員会 澤真一委員長が、現在の青少年育成を行う上での問題点について、子どもたちの体験不足を解消するための事業は増えてきているが情報発信がうまくいっていない、家庭や社会を取り巻く環境が子どもたちの参加への障害となっている、という2点を挙げ、これらを解決するために「家庭・学校・地域の3つが三位一体となり、体験不足を解消し、環境を改善していくことが必要であると考えている。」と語った。また、「鹿児島青年会議所での100km徒歩の旅は今年で終わりますが、鹿児島青年会議所として今後も青少年育成を続けていっていただきたいと考えております。」と述べ、全員でチクサクコールをし活動報告を締めくくった。

(記事:奥稔  写真:古賀信明)IMG_0661 (2).JPG