KJC NEWS ENTRY

11月例会 JCI会頭訪問例会~Go impact the world!~

11月22日(火) 城山観光ホテル ロイヤルガーデンに於いて、10月例会が開催された。

今回の例会は 第66代 国際青年会議所(以下JCI)会頭 原田憲太郎君をお招きし、260日間にわたって52か国を訪問してきた経験を基に、~Go impact the wor理事長挨拶.jpgld!~と題して講演が行われた。

はじめに、(社)鹿児島青年会議所 末永 考 理事長より「2011年度最後の例会ですが、JCI会頭の原田会頭をお招きしての例会となりました。原田会頭の講演を聞いて、ブロック・地区・日本そしてJCIとの関連性を身近に感じて欲しい、JCを通して、自分の可能性や、活躍する場は無限大に広がって行くと感じ取って欲しいと思う」と挨拶した。                                

 

山田委員長挨拶.jpg

                                     

続いて薩摩の心育成委員会 山田 拓也 委員長が「本日は我々のトップであるJCI会頭による講師例会です。JCI会頭の講演を日本語で聴けるというのは非常に貴重な機会です。皆様のこれからの日々の活動の糧としてもらいたいと思います」と趣旨説明を述べた。

 

 

 

講演は映像上映を会頭の体験談織り交ぜた内容で、時には会場の日本青年会議所やJCIに出向してい原田会等1.jpgるメンバーにもマイクを渡し、出向という与えられたチャンスに積極的に挑んだメンバーの体験談や感じたことを語ってもらう事もあった。

また、国連と協力して行っている「グローバルコンパクト」「ミレニアム開発目標」についての説明があり、特に「ミレニアム開発目標」については映像を用いてわかりやすく説明された。JCIは世界中のネットワークを用いてミレニアム開発目標の促進に焦点を当てるように奨励しており、鹿児島JCで行う事業でもミレニアム開発目標の促進に役立てることがあるので意識して活動してほしい、と述べた。

一年間、世界というステージで活動されていた原田会頭だけあって、ゆったりとした口調で我々JCの活動の一つ一つが世界中に繋がっていることをわかりやすく語りかける講演内容に、出席し原田会等2.jpgていたメンバーは真剣に耳を傾けていた。

最後に「皆様一人ひとりには大きな可能性があります。私たちが一つのチームとして活動すれば世界を変えることができます。共に頑張っていきましょう!」と力強い言葉で講演を終えた。

監事講評では、江口 まさよ 監事が例会の内容に併せて「出向の機会に積極的にチャレンジしましょう」と呼びかけて、本年度最後の例会である11月例会は閉会した。