::【青少年育成委員会】

10月例会開催

IMG_0733.JPG10月25日(火)城山観光ホテル 飛鳥の間おいて10月例会が開催された。
今回の例会は、これまで鹿児島青年会議所が、2003年度から9年間にわたり青少年育成事業として行ってきた、鹿児島100km徒歩の旅の活動報告ならびに総括が行われた。

冒頭の理事長挨拶では、鹿児島青年会議所 末永考理事長が「今日は外部から講師をお呼びせず、メンバーによる手作り例会という形になっております。久々ということで、非常に期待しております。」と今例会への期待を述べた。また、例会の出席率について言及し「JCIミッションにもありますが、機会を提供するというのがJCの役割であります。例会という月1回の与えられた機会を、しっかりと考えてほしいと思います。」と参加メンバーに呼びかけた。

 

 

 

ひきつづき、鹿児島青年会議所 青少年育成委員会による例会が始った、鹿児島100km徒歩の旅についての活動報告が、寸劇や映像などを交えて行われた。2003年度から2011年度までの事業の様子について映像が流れ、その後、これまでの青少年育成事業は、青少年たちが大人になっていく成長過程で、大事な要素と思われる部分を育むことを目的とし、その中でも豊かな人間性、自ら学び考え問題を解決する能力、たくましく生きるための健康や体力といった「生きる力」を育むことがテーマとされてきたことが説明された。
また、鹿児島100km徒歩の旅について、事前説明の第1講座、実際に100km歩く第2講座、総括の第3講座といった各講座の内容、またボランティアスタッフの役割などが改めて紹介され、これらによって子どもたちの自立心や思いやりの心を育んできたことが説明された。

 

 

 

 IMG_0747.JPGIMG_0653 (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、保護者へのアンケートについて、多数の方々が来年以降参加させたいと思っていただいたこと、ボランティアスタッフに接して昨今の若者に対する印象が良くなったことなどが紹介された。
また、子どもの時に鹿児島100km徒歩の旅に参加したことのあるボランティアスタッフへのアンケートでは、参加したことによって好きなことには最後まであきらめずに取り組むことができるようになった、苦しいことに耐えることで強くなれた、楽しい鹿児島100km徒歩の旅の裏には、たくさんの人の思いや努力苦労があったのだと実感し子どものころには見れなかったものが見れてよかった、といった感想が紹介された。

 

 

 IMG_0649 (2).JPG

 

 

 

 

 

 

最後に、青少年育成事業のまとめとして2011年度鹿児島100km徒歩の旅団長の青少年育成委員会 澤真一委員長が、現在の青少年育成を行う上での問題点について、子どもたちの体験不足を解消するための事業は増えてきているが情報発信がうまくいっていない、家庭や社会を取り巻く環境が子どもたちの参加への障害となっている、という2点を挙げ、これらを解決するために「家庭・学校・地域の3つが三位一体となり、体験不足を解消し、環境を改善していくことが必要であると考えている。」と語った。また、「鹿児島青年会議所での100km徒歩の旅は今年で終わりますが、鹿児島青年会議所として今後も青少年育成を続けていっていただきたいと考えております。」と述べ、全員でチクサクコールをし活動報告を締めくくった。

(記事:奥稔  写真:古賀信明)IMG_0661 (2).JPG

 

8月28日(日)鹿児島市社会福祉協議会ボランティアセンターにおいて、第9回鹿児島100km徒歩の旅 第3講座が開催された。

本講座は、去る8月3日から7日までの4泊5日で行われた子ども達100名、学生ボランティア、鹿児島青年会議所メンバーによる桜島~垂水市~霧島市~姶良市~鹿児島市までの約100kmの徒歩の旅である第2講座を検証・総括する目的で行われた。


 IMG_0085.JPGはじめに、鹿児島青年会議所 小牧 正英 副理事長より「きつい100kmを100人が誰ひとり欠けることなく全員でゴールした皆さんです。これからの人生における苦難にも『出きる、出きる、必ず出きる』の精神で乗り越えていけるはずです。」との挨拶があった。

 

 

 

 

 

IMG_0091.JPG続いて、本年度団長で青少年育成委員会 の澤 真一 委員長より挨拶があり、参加した子ども達に「100kmをみんなでゴール出来たことに自信を持ち、5日間で学んだ思いやりの心を忘れないでください。」と語りかけ、参加を承諾して下さった保護者への感謝、本事業を支えたボランティアへの労いの言葉があった。 

 

 

 

 

その後、各班ボランティアによる事業報告が行われ、旅中で子ども達が成長していく姿を目の当たりにしたボランティアたちの生の声が報告された。 

IMG_0095.JPGDSC00223.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、5日間の様子を記録・編集したビデオ上映が行われ、子ども達は苦しくも楽しかった5日間を思い出して歓喜していた。
また、ひたむきに歩くわが子の姿に目を潤ませている保護者も見られた。 

IMG_0111.JPGIMG_0109.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオ観賞後、保護者による意見交換会が行われ、今回の100km徒歩の旅に参加したことによって子ども達がどのように成長したかを互いに述べ合い、今後の育成にどのように生かしていくかなど真剣に討議した。

その間、子ども達は別会場で今回の徒歩の旅に参加した動機や参加して感じたことを作文にし、また大きくなった自分への誓いを色紙にしたためた。 

IMG_0120.JPGIMG_0121.JPG

 

 

 

 

 

  

IMG_0123.JPGIMG_0125.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意見交換会前に書いた保護者がわが子に宛てた手紙、子ども達の書いた作文と色紙は、旅の記録DVDと共に後日郵送される。

 

 別会場の子ども達が合流した後、閉会式となった。 

IMG_0148.JPG

 

ボランティア代表の挨拶があり「私たちボランティアは子ども達に成長のきっかけを与えたにすぎません。今後ともお子さんを慈しみ、温かく見守っていただければ幸いです。」と述べた。 

 

 

 

 

 

 

続いて、子ども達の代表2名の挨拶では「今までの自分は親に甘え、自信が持てなかったが、これからは『かご100』で身に付けた強い精神力で頑張っていきます。」「今回の旅で学んだ事を忘れずに何事にもチャレンジしていこうと思います。」と力強く述べてくれた。 

IMG_0153.JPGIMG_0151.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC00259.JPGその後、本事業の実行委員長で鹿児島のたから創造室 志賀 啓一 室長より「鹿児島青年会議所が主催する鹿児島100km徒歩の旅は本年が最後となりますが、本事業の目的である自立と共助の精神が少しでも皆様方の今後にお役にたちますことを祈念致します。」との挨拶があった。
 

 

 

 

 

最後に参加者全員による「チクサクコール」が会場全体に響き渡り、第3講座は終了した。 

DSC00263.JPGIMG_0165.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(記事・撮影:奥 稔、濵脇 義次)

8月7日(日)、100km徒歩の旅は、いよいよ最終日となった。

 2011kjc100km5日目 (1).jpg2011kjc100km5日目 (2).jpg2011kjc100km5日目 (3).jpg

朝礼では澤 団長から「ひとつ約束してください。全員で元気よくゴールしましょう!」と挨拶した。

 2011kjc100km5日目 (4).jpg2011kjc100km5日目 (5).jpg2011kjc100km5日目 (6).jpg2011kjc100km5日目 (7).jpg

 

この5日間、生活をともにしてきた子ども達とボランティアメンバーは、大きく成長した。

 

初日は、不安と疲労を表情に浮かべていた子ども達も、この日は笑顔と気力に満ちた表情で出発していった。

 2011kjc100km5日目 (9).jpg2011kjc100km5日目 (11).jpg

この日は歩き出してすぐ、行程中最も急勾配の白銀坂を歩いた。夜中に降った雨で滑りやすい中だったが、子ども達は率先してかけ声をかけあい、励ましあって、わずか1時間足らずで白銀坂を登りきった。

 2011kjc100km5日目 (12).jpg

登りきったところの休憩地点でスタッフが出迎える中、達成感に満ちたさわやかな笑顔で次々と到着した。

 2011kjc100km5日目 (13).jpg2011kjc100km5日目 (14).jpg2011kjc100km5日目 (15).jpg2011kjc100km5日目 (17).jpg2011kjc100km5日目 (19).jpg2011kjc100km5日目 (21).jpg2011kjc100km5日目 (23).jpg2011kjc100km5日目 (24).jpg

白銀坂を踏破した後も、少年自然の家・吉野公園で昼食・石橋記念公園と、高低差の激しい道路を長距離歩いた。

しかし、この日の子ども達にとってそれは苦難の道ではなく、共に歩いてきた最高の仲間と楽しみながら歩けるようになっていた。

 2011kjc100km5日目 (27).jpg2011kjc100km5日目 (28).jpg2011kjc100km5日目 (30).jpg2011kjc100km5日目 (32).jpg2011kjc100km5日目 (39).jpg2011kjc100km5日目 (41).jpg

石橋記念公園に到着するとおそろいのオレンジ色のTシャツが配られた。

子どもたちは、それぞれTシャツに寄せ書きをし、この4泊5日の旅の思い出や感謝の気持ちをつづっていた。

 2011kjc100km5日目 (42).jpg2011kjc100km5日目 (43).jpg2011kjc100km5日目 (44).jpg2011kjc100km5日目 (45).jpg2011kjc100km5日目 (50).jpg2011kjc100km5日目 (52).jpg

 中には途中で大幅に遅れた子どもも居たが、石橋記念公園では、先に到着した班の子ども達が、遅れていた子どもを温かく迎い入れるなど「絆」が見られた。

2011kjc100km5日目 (51).jpg2011kjc100km5日目 (47).jpg

その後、徒歩団はゴールの県民交流センターへと向かった。

 2011kjc100km5日目 (53).jpg2011kjc100km5日目 (54).jpg2011kjc100km5日目 (55).jpg2011kjc100km5日目 (61).jpg2011kjc100km5日目 (59).jpg2011kjc100km5日目 (60).jpg

最初のゴールは、5日間通して一番元気だった3班が選ばれ、次々に各班この5日間を振り返り、迎えに来た保護者や関係者の皆さんに見守られながら、ゴールした。

 2011kjc100kmゴール~.jpg2011kjc100kmゴール~ (1).jpg2011kjc100kmゴール~ (2).jpg2011kjc100kmゴール~ (3).jpg2011kjc100kmゴール~ (4).jpg2011kjc100kmゴール~ (5).jpg2011kjc100kmゴール~ (6).jpg2011kjc100kmゴール~ (7).jpg2011kjc100kmゴール~ (8).jpg2011kjc100kmゴール~ (9).jpg2011kjc100kmゴール~ (10).jpg2011kjc100kmゴール~ (11).jpg2011kjc100kmゴール~ (12).jpg2011kjc100kmゴール~ (13).jpg2011kjc100kmゴール~ (14).jpg2011kjc100kmゴール~ (15).jpg2011kjc100kmゴール~ (16).jpg2011kjc100kmゴール~ (17).jpg2011kjc100kmゴール~ (18).jpg2011kjc100kmゴール~ (20).jpg2011kjc100kmゴール~ (21).jpg2011kjc100kmゴール~ (22).jpg2011kjc100kmゴール~ (23).jpg2011kjc100kmゴール~ (24).jpg2011kjc100kmゴール~ (25).jpg2011kjc100kmゴール~ (26).jpg2011kjc100kmゴール~ (27).jpg2011kjc100kmゴール~ (28).jpg2011kjc100kmゴール~ (29).jpg2011kjc100kmゴール~ (30).jpg2011kjc100kmゴール~ (31).jpg2011kjc100kmゴール~ (35).jpg2011kjc100kmゴール~ (34).jpg2011kjc100kmゴール~ (19).jpg

ゴールの後、名山小学校に移動し、解団式が行われた。

 2011kjc100kmゴール~ (40).jpg2011kjc100kmゴール~ (41).jpg

鹿児島青年会議所の末永 考 理事長、100km徒歩の旅の澤 団長の挨拶の後、当初、理事長より完歩賞授与が行われる予定だったが、理事長の好意により、澤 団長による完歩賞授与が行われた。

 2011kjc100kmゴール~ (42).jpg2011kjc100kmゴール~ (43).jpg2011kjc100kmゴール~ (45).jpg2011kjc100kmゴール~ (52).jpg

 

最後は第三講座で再び会うことを約束して、全員のチクサクコールで解散となった。

 2011kjc100kmゴール~ (56).jpg2011kjc100kmゴール~ (57).jpg

 4泊5日間の旅で、子ども達だけでなく、関わった全員が大きく成長したと思う。

 2011kjc100kmゴール~ (58).jpg2011kjc100kmゴール~ (59).jpg2011kjc100kmゴール~ (60).jpg

保護者のインタビューで、「子どもが、ゴールの日がちょうど誕生日」と言う保護者で、その子は出発前夜に「一段と大人になって帰って来ます」と親に告げていたそうだ。

保護者は「本当に、大人になって帰って来てくれました」話し、次男も100kmに参加させたいと話す。

 2011kjc100kmゴール~ (61).jpg

(インタビューの親子)

 

 

100km徒歩の旅は、子ども達の「生きる力」を醸成することを目的としていますが、同時に学生を中心とするボランティアたちにとってもまた、多くの学びや気づきを得る場となっています。それぞれがよきお兄さん、お姉さんとなるべく、強い責任感をもって背中をみせてくれています。

 

この100km徒歩の旅は、ボランティア76人・セーフティ13人・鹿児島青年会議所メンバー約150人(青年会議所メンバー・青少年育成委員会メンバー・シニア)の、スタッフによって運営された。

 

ボランティアは、5月から約3ヶ月間にわたって研修を行い、準備をしてきた。それぞれが役割を担い、子ども達の健康と安全を確保し、なおかつ子ども達がこの徒歩の旅を通じて「生きる力」を身につけられるようにするためにはどうすればいいか、考えて行動している。

 

なお、100km徒歩の旅は、内外から多くの支援・協力をいただいて運営されている。

スイカ、アイス等の差し入れや、給水のための飲料、備品の一部、運搬用の輸送車などは、地元の企業や個人の方からの協力・協賛によるものです。

また、教育委員会を通じて道中の各小学校の協力も得ており、休憩・宿泊等で施設利用させていただいています。

子ども達も、多くの人に見守られながら成長していきます。

 

本当に、5日間お疲れ様でした。

 2011kjc100kmゴール~ (37).jpg

鹿児島青年会議所 JC運動発信委員会                                                                                                    

8月6日(土)、100km徒歩の旅は4日目を迎えた

 2011kjc100km4日目.jpg2011kjc100km4日目 (1).jpg

4日目は、陸上自衛隊国分駐屯地出発し、小野小学校・龍門滝で昼食・帖佐小学校・宿泊地の重富小学校到着の、歩行距離22.7kmを歩いた。

 2011kjc100km4日目 (2).jpg2011kjc100km4日目 (3).jpg2011kjc100km4日目 (4).jpg

この日からは、市内へと近づいて来ている為、車の交通量も多く班付班や、セーフティーなどのボランティアメンバーは、より一層の注意を払い子ども達、そして自分達も安心して歩けるよう、各休憩所では綿密なミーティングをしていた。

 2011kjc100km4日目 (10).jpg

 

また4日目で疲労がピークに達している中で、天候は、雨。

過酷な環境で、子ども達もボランティアメンバーもさすがに疲労の色を隠せない様子だった。

 2011kjc100km4日目 (11).jpg2011kjc100km4日目 (12).jpg2011kjc100km4日目 (15).jpg2011kjc100km4日目 (16).jpg2011kjc100km4日目 (17).jpg2011kjc100km4日目 (18).jpg2011kjc100km4日目 (19).jpg2011kjc100km4日目 (21).jpg

徒歩中は、班の中で順番で、一人が「チクサクコール」と大きな声で言い始めると、それに全員が答え、かけ声を繰り返す。

また、この日はみんなで宿泊する最後の日ということもあり「旅立ちの会」が開かれた。

「旅立ちの会」では、ボランティアメンバーのそれぞれの班からの出し物が披露された、子ども達は手拍子をしたり、一緒になってゲームに参加し、このメンバーでの最後の夜を楽しんだ。

2011kjc100km4日目 (23).jpg2011kjc100km4日目 (24).jpg2011kjc100km4日目 (25).jpg2011kjc100km4日目 (26).jpg2011kjc100km4日目 (27).jpg2011kjc100km4日目 (28).jpg2011kjc100km4日目 (29).jpg2011kjc100km4日目 (30).jpg2011kjc100km4日目 (31).jpg2011kjc100km4日目 (32).jpg2011kjc100km4日目 (33).jpg2011kjc100km4日目 (34).jpg2011kjc100km4日目 (35).jpg2011kjc100km4日目 (36).jpg2011kjc100km4日目 (37).jpg2011kjc100km4日目 (38).jpg2011kjc100km4日目 (43).jpg2011kjc100km4日目 (44).jpg2011kjc100km4日目 (45).jpg

明日はいよいよ最終日!明日のゴールのを思いながら就寝する。

 

8月5日(金)、100km徒歩の旅は3日目を迎えた。

 2011kjc100km3日目.jpg2011kjc100km3日目 (1).jpg

国分南小学校出発を出発し、敷根地区コミュニティ-広場・国分ハイテク展望台・上野原縄文の森・国分畜産センター公園で昼食・宿泊地の陸上自衛隊国分駐屯地到着の、歩行距離15.8kmを歩いた。

2011kjc100km3日目 (2).jpg2011kjc100km3日目 (5).jpg

 

この日の天候は、雨時々曇り、子ども達にとっては、肌寒く感じられた。

敷根地区コミュニティ-広場で、雨具を装着、国分ハイテクセンターを目指した。

       2011kjc100km3日目 (8).jpg

子ども達は国分ハイテクセンターへの道を登りきった。

       2011kjc100km3日目 (9).jpg

国分ハイテクセンターでは、霧島青年会議所からの差し入れでスイカが出された。

 2011kjc100km3日目 (10).jpg2011kjc100km3日目 (12).jpg

霧島青年会議所の石野田 洋昭 理事長より「すばらしい事だと思うので、最後まで諦めずに頑張って欲しい」と励ましの言葉を頂いた。

        2011kjc100km3日目 (11).jpg

 子ども達は、まず班ごとに写真撮影をしてから、スイカを食べた。

 2011kjc100km3日目 (13).jpg2011kjc100km3日目 (14).jpg2011kjc100km3日目 (15).jpg2011kjc100km3日目 (16).jpg2011kjc100km3日目 (18).jpg2011kjc100km3日目 (19).jpg2011kjc100km3日目 (20).jpg2011kjc100km3日目 (21).jpg2011kjc100km3日目 (22).jpg2011kjc100km3日目 (23).jpg2011kjc100km3日目 (24).jpg2011kjc100km3日目 (25).jpg2011kjc100km3日目 (28).jpg2011kjc100km3日目 (29).jpg2011kjc100km3日目 (30).jpg2011kjc100km3日目 (31).jpg2011kjc100km3日目 (32).jpgP8070602.jpg

スイカも食べ終わり、恒例となっている、全員での100km徒歩の旅綱領昭和が行われた。

 2011kjc100km3日目 (17).jpg2011kjc100km3日目 (33).jpg2011kjc100km3日目 (35).jpg2011kjc100km3日目 (36).jpg

晴天時には、鹿児島市が一望できるこの展望台、あいにくの曇りで鹿児島市内は一望出来なかったが、帰りを待つ家族に届けとばかりに「私には素晴らしい力があります。はてしない可能性があります。

何事もくじけず、弱音を吐かず『出きる、出きる、 必ず出きる』の精神で、一歩一歩、前進すれば、必ずゴールに到達する事を知っています。」と声をはりあげていた。

 2011kjc100km3日目 (38).jpg

(全体集合写真)

 

その後、上野原縄文の森を通り、旧国分畜産センターでの昼食。

 2011kjc100km3日目 (39).jpg2011kjc100km3日目 (40).jpg2011kjc100km3日目 (42).jpg2011kjc100km3日目 (43).jpg

 あと約4kmで、本日の宿泊地の陸上自衛隊国分駐屯地を目指し、再び元気よく出発して行った。

        2011kjc100km3日目 (45).jpg

陸上自衛隊国分駐屯地到着後は、自衛隊のブラスバンド隊による歓迎セレモニー、「マルモのおきて」の主題歌「マル・マル・モリ・モリ」など、子ども達に人気の3曲が、演奏され子ども達は一緒に踊るなどして楽しんでいた。

2011kjc100km3日目 (49).jpg2011kjc100km3日目 (51).jpg2011kjc100km3日目 (50).jpg2011kjc100km3日目 (54).jpg

 

 

その後は、施設見学など、毎年貴重な体験をさせて頂いているが、天候の関係上で展示物見学だけとなってしまったが、

子ども達はヘリコプターや、戦車などを陸上自衛隊国分駐屯地の隊員から説明を受けていた。

 2011kjc100km3日目 (55).jpg2011kjc100km3日目 (56).jpg

夜ご飯は、おいしいと評判の陸上自衛隊国分駐屯地のカレーライスをごちそうになった。