::【鹿児島ブロック協議会】

 

 6月17日(金)および18日(土)、鹿児島青年会議所から末永 考理事長をはじめとする有志メンバーが宮城県亘理郡亘理町における復興支援ボランティア活動に参加した。

 

これは公益社団法人 日本青年会議所が推し進める東日本大震災に対する復興支援活動のうち、宮城県への支援を担当している九州地区協議会のもと、鹿児島ブロックが宮城県亘理郡亘理町にある亘理町災害ボランティアセンター(以下、亘理VC)での活動を担うにあたったものである。

 

01:亘理VC.JPG


04:亘理VC:システム:マッチング1.JPG

 朝8時30分、ボランティア新規登録を済ませ、マッチングを行う。マッチングとはその日に被災者から亘理VCに寄せられた依頼の内容をスタッフが説明し、その案件へのボランティア参加者を募ることである。

 

当日、亘理VCに寄せられていた依頼の内容のほとんどは、がれきや泥の撤去、家屋の内部解体や家具の運び出しなどであった。また場所は津波被害の大きい荒浜地区が主であった。

 

 マッチングにより活動先が決定したら、参加者でチームを組みオリエンテーションを受ける。そしてチームリーダーの指示の下、必要な道具を亘理VCから借り出し、チームメンバーの自家用車等に分乗して目的地へと向かう。

 

亘理VCにはおよそ平日100名から150名、土日は300名から400名のボランティアが集う。鹿児島から参じた青年会議所メンバー以外にも日本全国からボランティア希望者が集まっていた。また、亘理VCのスタッフ自体もボランティアである。

15:亘理VC:出発前.JPG

 

 スコップ・箒・ちりとりをはじめとする各種清掃道具や、手袋・マスク・長靴など、ボランティア活動に必要な物はほとんど貸し出しがあり、ボランティアに参加できる環境が整っていた。

17:亘理VC:貸出:スコップ.JPG 19:亘理VC:貸出:手袋.JPG

 

 

 

26:荒浜01.JPG

 鹿児島青年会議所メンバーが担当することになったのも荒浜地区。亘理VCから車で約20分。その道の途中、がらりと風景が変わる。

 

ほとんど無事に見える内陸部から、ある一線で明らかな「被災地」に変わる。津波の被害が及んだ範囲は家が流され、基礎だけが残り、がれきが散乱する衝撃的な状況であった。釣り船が庭先に転がり、木々は根ごと横になっている。現実感のないテレビの映像だけでは実感し得なかった被災地の惨状を、実際に見て感じた。

 

36:荒浜11.JPG 57:荒浜32.JPG

 

到着した現場では、依頼者の立会いの下、浸水した床や壁を剥がしたり、使えなくなった家具を運び出す作業を行った。依頼者は意外にも、とても明るい笑顔で「鹿児島に戻ったら、東北は元気です!と伝えてください」とおっしゃっていて、参加者一同「人間の強さ」というものに胸を打たれ、また自分たちの日ごろの生活および青年会議所の活動にも改めて気を引き締めて取り組まねばならないと感じた。

DSC00292.JPG

 

 DSC00298.JPG

今回のボランティア活動を通じて、参加者は被災地を実際に見て、その悲惨さを肌で感じた。また、ボランティア作業をする中で、人間の手作業で行える復旧のいかに微々たるものか、この地が元のように美しく笑顔あふれるまちに復興するまでにどれだけの努力が必要かと思うにあたり、東日本の復興なくして日本の復興はない、他人事ではない、今後とも日本全国から長期間にわたる継続的な物的・人的支援が絶対に必要であると痛感した。

 

戦後最大の国難と呼ばれる東日本大震災。戦後「新しい日本の再建は我々青年の仕事である」という覚悟のもとに創立された青年会議所であるならば、この国難に際してもその志をもって日本中の青年が持てる力を集結して乗り越えなければならない。必ずまたボランティアとしてこの地に戻ってくること、そしてこれからも鹿児島青年会議所から多くの人的支援を被災地に届けられるよう努力することを胸に誓い、亘理の地をあとにした。 

 

(撮影:鹿児島青年会議所 副理事長 野元 一臣、鹿児島青年会議所 JC運動発信委員会 高山 慎司)

(記事:鹿児島青年会議所 JC運動発信委員会高山 慎司)

 

DSC_0424.JPG

6月11日(土)12日(日)の2日間にわたり、徳之島の地において「第37回鹿児島ブロック大会 in 徳之島 Passionate energy ~情熱溢れる行動で創る地域の元気~」が開催された。

 

県内12LOMおよび九州地区から多くのJCメンバーが集い、徳之島に根付く情熱溢れる文化を感じ、自立した元気な地域を作り出していく気運を高めた熱い大会になった。

 

本大会は、公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会が主催し、社団法人 奄美大島青年会議所が主管LOMを務めた。大会初日となる6月11日、会場となった徳之島町文化会館では結団式の後、分科会とメインフォーラムが行われた。

 

 

分科会のひとつは「地域における災害支援ネットワークの活用術」。講師としてNPO法人地域防災推進協議会 前原 徳雄 理事長をお招きした。

 

「災害においては、ほんの数分の判断の遅れが命取りになる。素早い情報共有と地域住民が自分たち独自の判断で避難ができる体制作りが必要」と語る前原理事長。

DSC_0115.JPG
DSC_0109.JPG

奄美の地は昨年豪雨災害に見舞われとこともあり、さらに2011年3月11日に発生した東日本大震災を受けて参加者たちは「他人事ではない」と非常に高い関心をもって熱心に講話に聴き入った。

 

続いて、次世代鹿児島創造委員会による「災害支援ネットワークの必要性について」というプレゼンテーションが行われ、災害時における迅速な被災状況・支援要請の取りまとめ、物資・人的支援活動の割り振りを行う支援ネットワークの確立が提唱された。

 

その後、鹿児島ブロック協議会災害支援ネットワーク結団式が行われた。県内12LOMの理事長たちがJC旗に署名し、一致協力して防災・減災にあたる支援ネットワークの立ち上げを宣言した。 結団式.jpg

 

 

 

細内さん01.jpg

メインフォーラムではまず第一部として「地域の自立に向けて 〜CBで地域の自己決定権を維持しよう〜」と題してコミュニティビジネス総合研究所 細内 伸孝 所長による基調講演が行われた。

 

CB=コミュニティ・ビジネスとは、地域住民が自らの手で立ち上げ、地域で必要とされているサービスを提供したり、地域の文化や特産物・観光資源等を活用して世界に向けてその価値を発信していく、地域住民主体のビジネスのことである。

 

「今や地方の小さな地域コミュニティは少子高齢化・後継者不足・仕事がない・空家空店舗の増加・医療福祉の不十分などの諸問題を抱え、人がとても生活しにくい限界集落と化しているところがある。従来型の、行政や公共事業に頼る姿勢では立ち行かなくなってきている。」と語る細内所長。

 

「コミュニティ・ビジネスを創出することで、女性や高齢者が働く場を作ったり、外部から働き手を呼び込むなど、それらの諸問題を解決できる可能性が見い出せる。」と、具体的な成功例・先進事例を挙げながら解説した。

DSC_0193.JPG

  

 

 

DSC_0200.JPG

第二部では「共生・協働による地域づくりについて」と題したプレゼンテーションが行われた。

 地域には様々な種類の小さなコミュニティ(商店街の組合や小学校区の父母会など)があり、それぞれに問題を抱えているが、孤立したままでは問題解決能力に限界がある。

そこでそれらの小さなコミュニティを繋ぎ、情報や問題点を共有しながら自助/互助を推進させる「コミュニティ・プラットホーム」が必要となる。各地の青年会議所がその「コミュニティ・プラットホーム」となることで、地域住民が共生・協働し、自立した明るい豊かな地域社会を創造していくことに期待が寄せられた。

 

 

コーディネーターを務めた2011年度 公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会 野元 一臣 副会長の進行のもと、引き続き パネルディスカッションが行われた細内 信孝所長にアドバイザーとして参加していただき、パネリストとして以下の3名を迎えた。

 

薩摩川内市峰山地区コミュニティ協議会 徳田 勝章 会長

NPO法人親子ネットワークがじゅまるの家 代表理事 野中 涼子 氏

2011年度 社団法人 奄美大島青年会議所 富 真也 理事長 

 

野中氏・徳田会長がそれぞれの取り組みをスライドを用いながら紹介し、細内所長がCBの観点から評価とアドバイスを加えていく。

 活動の中で難しい部分・問題点を聞かれ、資金面の運用に苦労しているという野中氏・徳田会長。そこにCBを導入し、関わる人たちがしっかりと生活をしながら取り組むことができるようにしていくことが重要と語る細内所長。

 富 理事長も「このように具体例を紹介し、地域にノウハウを伝えることでコミュニティ・プラットホームとしての役割を果たしていきたい」と語った。

 DSC_0203.JPG

  

 

 

DSC_0236.JPG

 会場を伊藤観光ドームに移し、エクスカーション(体験型見学)として闘牛観戦が行われた。闘牛は徳之島の勇壮な伝統文化であり、見学者はその迫力に息を呑みながら、地域が培った文化の力強さとその価値を十分に感じ取った。

 

DSC_0288.JPG

 その後さらに諸田浜 徳之島リゾートに会場を移し、大懇親会が行われた。徳之島の家庭料理や地酒の振る舞いで鹿児島県内12LOMのメンバーが歓談し絆を深めた。島歌ライブで全員が輪になって踊り一体感や心の繋がりを感じ、鹿児島ブロックが今後も団結していくことを熱く約束しあう一夜となった。

 

  

大会2日目となる6月12日は徳之島町文化会館にて大会式典が行われた。鹿児島ブロック内12LOMの理事長が登壇する際に、それぞれのLOMについて徳之島の子どもたちが調べ、その取り組みや特徴を紹介する手作りの発表を行った。

DSC_0324.JPG

 

DSC_0342.JPG

DSC_0381.JPG

 

 

DSC_0345.JPG

今回の主管LOMを務めた社団法人 奄美大島青年会議所の第50代富 真也 理事長から「みなさんようこそ徳之島の地までお越しくださいました。情熱の島・徳之島を感じていただけたかと思う。奄美は昨年九州地区大会の開催が予定されていたものの、豪雨災害によってやむなく断念せざるを得なかった経緯がある。今年ブロック大会という形ではありますが、こうして皆様をおもてなしし、豪雨災害へのご支援に対する感謝を表せたことを非常に嬉しく思う。」と挨拶した。

 

2011年度 公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会 山口 就太郎 会長は「このように特色ある素晴らしいブロック大会を行うことができて誇りに思う。しかし大切なのはこのブロック大会で学んだこと、感じたこと、気づきを得たことを、それぞれが各LOMに持ち帰り、参加できなかったメンバーに伝えていくということ。」と挨拶した。

DSC_0349.JPG

DSC_0352.JPG

 2011年度 公益社団法人 日本青年会議所 九州地区協議会 時 忠之 会長からは「昨年実現することがかなわなかった九州地区大会の分の想いも込められた、素晴らしい大会になったと思う。九州地区からも悪天候の中、来年度九州地区大会主管LOMの社団法人 大分青年会議所から平倉 啓貴 理事長や小間貴 広通 実行委員長をはじめとする多くのメンバーが駆けつけた。9月の九州地区大会2011in大分にも、是非多くの皆様のご参加をお願いしたい。」と挨拶した。

 

 最後に、次年度の鹿児島ブロック大会の主管LOMが選出され、社団法人 鹿屋青年会議所に決定した。友情の鍵が社団法人 鹿屋青年会議所 第48代 足立 浩一 理事長に手渡された。

「今回の、徳之島という地域の特色を活かした素晴らしいブロック大会に負けないような、個性のあるブロック大会を鹿屋でも行うつもりなので、みなさま是非ご期待頂きたい。」と挨拶する足立理事長。

DSC_0363.JPG

DSC_0366.JPG

 

 

式典終了後には、ブロック大会記念事業として「島魂伝承 ~限界への挑戦~」と題し、徳之島出身で現在アメリカを中心に日本食レストラン「新撰組」を展開経営する重田 光康 氏の講演が行われた。会場には多くの地元住民が押し寄せ、大ホールの席が埋まる程の盛況であった。

開演に先立ち、重田氏本人による空手の基本動作・型・実戦型の乱取り・試割りなどが披露され、観客の度肝を抜いた。

DSC_0401.JPG DSC_0420.JPG

自らの生い立ち・起業に至るまでの道程や、「新撰組」の経営理念および自身の人生哲学を熱く語る重田氏。徳之島で生まれ、島の魂を受け継ぐことに誇りを持っていると語るその言葉に、観客の中には目に涙を浮かべて聞き入る姿も見受けられた。

 

会場の外では、徳之島町文化会館前広場では「徳之島フェスタ」と銘打って徳之島の地域色溢れる名産品の紹介と販売が行われていた。

 

6月11日、九州本土全域が記録的な豪雨に見舞われる中、汗ばむほどの晴天に恵まれた徳之島。昨年の奄美JAYCEEたちの無念も晴れる輝かしい大会となった。鹿児島JCのメンバーもその情熱と想いを自LOMメンバーに伝える使命感を胸に、2日間の第37回 鹿児島ブロック大会in 徳之島の日程を終えた。

DSC_0375.JPG

 

(撮影・記事: 高山 慎司)

5月8日(日)鹿児島市中央公民館において、「みんなで考えよう 日本の未来」と題し、憲法タウンミーティングin鹿児島が開催された。

この事業は、2011年度 公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会の主催により行われた。

 まず、3月11日に発生した東日本大震災で被災しお亡くなりになられた方へ哀悼の意を表し、参加者全員で黙祷を捧げてからの開会となった。

 

 

山口ブロ長.jpgはじめに、主催者の挨拶として、2011年度 公益社団法人 日本青年会議所九州地区鹿児島ブロック協議会会長の山口 就太郎君が登壇し、白洲次郎氏の著書「プリンシプルのない日本」の一節をとりあげ、「いまの憲法はマッカーサー草案を押し付けられた形で出来たものです。そして現在まで改正されたことは一度もありません。本日は市民の皆様が憲法というものについて知り、日本の未来について考える機会となれば幸いです。」と述べた。

  

参加者.jpg子どもから大人まで参加できる!憲法タウンミーティングin鹿児島「みんなで考えよう 日本の未来」と銘打った今回、会場となった鹿児島市中央公民館には多くの市民と青年会議所メンバーが集い、なかには小さな子供をつれた家族で参加している姿も見受けられた。ホールに子どもの声と母親の声も響く、アットホームな雰囲気での開催となった。

 

 

中道委員長.jpg引き続き壇上では、この事業の担当委員会である、鹿児島ブロック協議会 地域色溢れる鹿児島創造委員会 委員長の中道 彰吾君より趣旨説明が行われた。「みなさまが憲法を身近な問題として意識する機会を提供することが目的です。憲法はこれからの私たち、そして子どもたちの未来にとっても重大な問題であると捉える必要があります。みなさまが今日ご家庭に戻られて団欒の中で憲法について語る時間をもっていただければ幸いです。」

  

 

 ■第一部:憲法しゃべり場

 

子供アップ.jpg第一部は鹿児島の子どもたち3名と、先生役として元法務大臣の保岡 興治氏をお招きして行った、憲法しゃべり場。 「憲法ってなぁに?何のためにあるの?」投げかけられた根本的な問い・テーマに対して、子どもたちがそれぞれの考え・答えを発表する。それに対し保岡氏がわかりやすく憲法の内容を説明しながら応答していき、その話を聞くことで、子どもから大人まで憲法について基本的な理解と親近感が得られる内容となった。

 

保岡先生と松崎さん.jpg「あなたの夢は何ですか?」という問いに対し、それぞれ「体育の先生になりたい」「薬剤師になりたい」「イギリスやフランスに住みたい」などと答える子どもたち。職業選択の自由、外国に移住する自由などが憲法で保障されていることを解説する保岡氏。進行役は、地域色溢れる鹿児島創造委員会の松崎 和秀君が務めた。

 

 

三原則.jpg最後に「私が望むこれからの日本」というタイトルで子どもたちが書いてきた作文を発表し、戦争や犯罪のない笑顔が溢れる日本がいい、と訴えると保岡氏は「今は自由や権利を履き違えて自分勝手が横行していますね。他人にも自分と同じ権利があるということをみんなが知れば、みんなが他人を尊重できるようになる、それが憲法の精神なのですよ」と答え、 日本の将来・子どもたちの幸せのために憲法は大切なものと締めくくった。

   

 

 ■第二部:パネルディスカッション

 

パネルディスカッション.jpg

 第二部は「みんなで考えよう 日本の未来」と題して、一般市民の3名をパネリストに迎えたパネルディスカッションが行われた。

 

パネリスト3名.jpgパネリスト
市来 良史さん(いかのっち防犯教室
市来 エナさん(法学部生)
枦川 貞義さん(一般市民)

アドバイザー
保岡 興治氏

コーディネーター
福永 憲章氏(弁護士)

 

 

保岡先生.jpg「憲法と聞いて感じることは?またあなたにとってどういうものですか?」「自衛隊は必要ですか?」「憲法前文はそのままでいいか?修正するべきか?」 などの設問に対して、パネリスト3名が各々の立場から意見を述べ、保岡氏がその考えに憲法の観点から説明を加えていく。福永氏のユーモアを交えた司会進行で、パネリストの3名も聴衆も終始リラックスした良い状態で取り組むことができ、それぞれ自分の中で気付きを得る部分、共感を覚える部分のある、実り多いパネルディスカッションだった。

 

憲法経緯.jpg最後にパネリストが本日の感想を述べた。
市来 良史さん:「この事業を通して憲法をより身近に感じることが出来るようになりました。」
市来 エナさん:「ひとり一人が憲法に対する意識を高めることが大切だと思います。」
枦川 貞義さん:「子どもたちが日本人に生まれてきてよかったと思える日本にしたい。」

 

保岡氏も「これまで何回も憲法タウンミーティングにお招き頂き、出させていただいているが、今日がこれまでの中で一番、参加者の皆さんのお顔が輝いているように拝見します。私自身も憲法の大切さを再認識する良い機会になりました。みなさんの力で、新しい日本を作っていきましょう。」と感想を述べられ、第二部の終了となった。

 

 

野元一臣.jpg総評として、鹿児島ブロック協議会 副会長の野元 一臣君が「憲法タウンミーティングは青年会議所が毎年5月3日から18日までの間に日本全国で同時に開催している事業です。この事業はみなさまに護憲・改憲といった主義主張を押し付けるものではありません。我々JCの求めていることはただ、国民ひとり一人が憲法についての意識を高めるということ。それがひいては笑顔あふれる明るい豊かな社会の実現に繋がると信じております。本日はご参加いただき誠にありがとうございました。」と述べた。

 

 

  薄雲立ち込める曇天のもと、家路につく参加者たちの顔には、憲法というテーマを通して明るい未来を想う晴れやかな表情が浮かぶ、有意義な事業となった。 

 

(撮影:小田 公久、高山 慎司)

(記事:高山 慎司)

 

IMG_6279.JPG2月22日、城山観光ホテル 飛鳥の間にて、ブロック会長公式訪問例会が開催された。

公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会の、山口就太郎会長をはじめ、ブロック協議会役員、鹿児島の12LOMの理事長が一堂に集まり、本年のブロックの方向性を示し、各委員会の事業説明が行われた。

 

 

 

 

初めに、鹿児島青年会議所の末永 考理事長より「今、鹿児島青年会議所が取り組まないといけないのは会員拡大です。青年会議所の活動で、一番重要な活動です。自分なりの思いを持ち、その思いを伝えて仲間を増やして青年会議所の会員拡大へと繋げて行って欲しいと思います。また22日、霧島で行われた九州地区協議会で新燃岳の視察が行われました。同じ青年会議所の仲間が心配をしていただき本当にありがたいことだ」と鹿児島ブロックのキャピタルとして鹿児島青年会議所の奉仕・修練・友情の自覚を促す挨拶があった。

 

 

 

 

 

IMG_6307.JPG

続いて、公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会の、山口就太郎 会長から「今年のブロックは、人材育成に力を入れる。尊敬される日本をつくるには鹿児島から一歩一歩、明るい元気な鹿児島12LOMが頑張り尊敬される鹿児島にしよう。」に力強く込めた想いと本年度にかける意気込みを語って頂き、ブロックの方針と鹿児島LOMへの協力を含めた挨拶があった。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6321.JPG

この後、2011年度の鹿児島ブロック協議会の各委員会の紹介と目的や意義の説明が行われた。

 

  1. 鹿児島を背負う人材育創造委員会
  2. 地域色溢れる鹿児島創造委員会
  3. 組織連携推進委員会
  4. 次世代鹿児島創造委員会
  5. ブロック大会運営委員会

これらの委員会は我々の故郷「鹿児島」の未来と発展を強く望む各LOMからの同志の集結であり、鹿児島青年会議所からも多くのメンバーを輩出している。

 

鹿児島青年会議所からは、副会長に副理事長の野元一臣君、次世代鹿児島創造委員会委員長に伊賀上健司君、事務局次長に堤康祐君、有馬達郎君、嶋竜一君が役員として出向しており、役員としての責任と展望を力強く伝えていた。

 

 

 

 

IMG_5655.JPG

また、最後の監事講評では鹿児島青年会議所の川原肇監事より、「2011年のブロックメンバーが、鹿児島青年会議所という枠を超えて自分を成長させている同士がいる。つまり出向はチャンスであり自分を成長させまちづくり、友人を作る身近なところがブロックです。ぜひみなさんも入り活動をしチャンスをつかみとってください。」と述べ、メンバーに熱く語り会議は無事終了しました。

 

 

 

                           (写真:高山 慎司)

                           (記事:古賀 信明)