入会のご案内

諸先輩方からのメッセージ

諸先輩方からのメッセージ1

諸先輩方からのメッセージ1

私が鹿児島青年会議所に入会したのはまだ29歳、東京から鹿児島の会社にUターンして2年足らずの頃。当時の社長からの勧めで厭々ながらの入会でした。

しかしながら変化の少ない鹿児島での生活に飽きと諦めを感じつつあった私にとって、青年会議所での様々な活動は全てが新鮮で、魅力的でした。「まち」に対する愛着、日本の将来を担う子供たちの育成、地球規模でものを考えることの大切さを学び、真剣に議論し、そのことによって鹿児島のみならず全国、あるいは海外にまで、明るい未来についてともに語り合える友人を沢山得ることが出来ました。これらの宝は私のその後の人生において大きな支えとなり、今でも励みとなっています。

先の見えない時代だからこそ、是非青年会議所に入会して未来を洞察し、行動できる力を磨いて欲しいと思います。

諸先輩方からのメッセージ2

諸先輩方からのメッセージ2

私が(社)鹿児島青年会議所に入会したきっかけは、小学校の同級生からの誘いでした。東京から帰ったばかりで、まだ鹿児島にも慣れずにJCも知らず「鹿児島のために一緒に活動して仲間を作ろうよ」という言葉でした。

入会当初は訳もわからないままJC活動の渦の中に巻き込まれましたが、いつのまにか自ら走っている自分に気付きました。社会人になってこんなに楽しい学生生活・部活動のような思いができるとは思っていなかったので、本当に感謝しています。

私には仕事もあります。母として家庭もあり、子供も二人育てています。でも、がんばります。JC!!! そこにはJCでしかあじわうことのできない楽しみと喜びがあるから。。。
みんなでJC活動を通じて仲間の輪を作っていきましょう。

諸先輩方からのメッセージ3

諸先輩方からのメッセージ3

皆様は「鹿児島青年会議所」と聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

私は入会にあたり、「鹿児島のまちづくりへの寄与」「自分自身の成長の場」「仲間作り」の三点に非常に魅力を感じたのですが、決め手になったのは、先輩会員の方々が本気になってJC活動に取り組んでいる姿、そして心の底から「成長の場になる」と勧めて下さったことです。

実際に入会してみて、期待は確信に変わりました。温かく、時には厳しく接してくれる先輩会員の方々、同期の仲間に囲まれ、日々成長の場を与えて頂けることに感謝しながら、活動を思い切り楽しんでいます。
ぜひ皆様と一緒にJCで活動できるのを、心より楽しみにしております!

諸先輩方からのメッセージ4

諸先輩方からのメッセージ4

今年初めて、桜島・錦江湾横断遠泳大会の事を知りとても驚き、是非参加したいと思いボランティアの「アテンダントリーダー」として参加しました。

大会を通じ、他の大学の人や普段関わることのない幅広い世代の人と喜びを味わったり、打ち解けたりすることができ、楽しく参加することが出来ました。
そして、ボランティアとはいえ、人の命を少なからず預かっているという大きな責任感が持つことができ、人と人とのコミュニケーションは、本当に大切だということ、知らない人が集まって一つの大会に向けて作り上げることの難しさと楽しさを知ることが出来ました。

このような素晴らしい体験を出来て本当に幸せでした。ありがとうございました。